FC2ブログ

【小説】エヴェレットの世界 第38話

何年かぶりに、眼鏡を作り替えました。
最近どうも目が疲れると思ったら、やはりずいぶん度が合わなくなっていたようです。
おかげで視界はすっきりしましたが、遠近感が微妙に違うようで、足元がいささか危うい感じです。
駅の階段、気をつけよう。

さて、今回の『エヴェレットの世界』です。
前回は、新年早々に縁起でもないサブタイトルのお話を投稿して、めでたい雰囲気をぶちこわしてしまいましたが、今回はその後編です。
身内ともいうべきマスコミの裏切りで、ぼっこぼこのされた綾乃に、さらに厳しい追い打ちが待っていました。
大丈夫かな、あの子。

次回、第39話は3週間後の2/12(水)に投稿予定です。


 wien02 bn
 
 いったい何人の人生を、あたしは狂わせてしまったのだろう。
 そんなことを望んでいたわけじゃないのに。そんなことのために、頑張ったんじゃないのに。
 あたしがもたらす不幸の総量は、どれほどあるというのか。


   Article 38 : closed system - 閉ざされる未来(後)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
TOM-F
Posted byTOM-F

Comments 6

There are no comments yet.

八少女 夕  

あわわわわ。
追い打ちを掛けに来たのは、あの方でしたか。

恋人だと思っていたのが、奥さんだとさらなる誤解をしたところまでいいとして、いやあ、さすがお姉様、容赦ないですね。

綾乃に「そんなことはないよ、あなたは絶対に悪くない」と言ってあげたいけれど、うーん、タブロイド紙の件はやはり正義だけじゃなかったし、起こったことが「てへぺろ」では済まない大ごとになってしまったので、なんといって慰めたらいいか。

そして、そうか引き抜こうとした人が、お姉ちゃんに連れ返されちゃったら、綾乃のCERN行きとかいう問題じゃなくなりましたね。

綾乃の部屋にやってくるような男(かな?)といったら二人しか思い浮かばないけれど、一名はあんなことはしないだろうから、あちらかしら。でも、そっちだとしたら、これまで以上にあの方の逆鱗に触れるのでは……。

あれこれドキドキしつつ、続きをお待ちしています。

2020/01/24 (Fri) 07:04
TOM-F

TOM-F@管理人  

>八少女夕さん ありがとうございます!

>八少女夕さん

はい、こわ~いお姉さんが、とどめを刺しに来ました。
この人、本家の長女の自分が一族を背負ってるという意識があるので、ハンパないです。もはや善悪じゃないんですよね、判断基準が。一族にとって利があるかどうかで、そのためには実の弟ですら、駒として使うことも厭わない。えげつない人ですわ(笑)

綾乃っちは、もう完全に誤解しきっているので、兄弟姉妹という可能性を自分で排除してしまっています。もっとも、そのおかげで決定的な破局は免れているんですけどね。
で、綾乃のやったことは、ジャーナリズムとはちょっと違うけど、おっしゃる通り「悪いこと」ではない。だからジョセフも指導めいたことは言うけど、叱責はしないんですよね。ただ、それなのに不幸の連鎖みたいになってしまったことは、綾乃にとってはむしろ深刻です。今はまだ、そこまで考える余裕が、彼女にはありませんけど。

綾乃っちの初体験のお相手が誰なのか、八少女夕さんにはバレてるかもなぁ。次話早々に正体を明かしますので、しばしお待ちを。

コメント、ありがとうございました。

2020/01/24 (Fri) 19:42

山西 サキ  

こんばんは~。

サキのイメージとして、TOM-Fさんは素敵なおじさまグループに含まれていたのに、あちゃー!今回話でそれは取り消しですね。
綾乃のことをここまでにすることもないでように。
でも、ハラハラ・ドキドキで面白くなってきたので、まぁ良いか。

綾乃はマルガレーテの立ち位置を誤解したままなのですが、ここまでぺしゃんこにやられたらもう同でもいいか。
ベルナルドも当てになりそうもないし。
でも綾乃、自分のことをそこまで責めるほど悪い事をしているわけではないと思うんだけど。
まだまだ若いなぁ。
というか・・・綾乃らしいということなのでしょうか?
早く誰かがカバーをしてあげればいいのに・・・
失意の綾乃に襲いかかる人物は誰?あの人?あの人?それともあの人?
なのにここで続いてしまうとは。
TOM-Fさん、楽しんで書いてらっしゃるみたいだし。やっぱりグループ降格です。(失礼しました)

2020/01/24 (Fri) 22:51
TOM-F

TOM-F@格下げ作者w  

>山西サキさん ありがとうございます!

>山西サキさん

がが~ん、格下げですか。
キャラにはドSな私ですが、現実にもドSなんですよ、わはは(冗談です)
綾乃っちはですね、いままで自分の能力でどうにでもなることばかりしか経験していなくて、なのであのままではレベルアップしないんですよ。なので、彼女の力が及ばないような、強烈な経験と挫折をさせる必要があったんですね。まああの子は、あれくらいでへこたれる子じゃないので……って、なにキャラ語りしてるんだか(笑)

マルガレーテとベルナルドの関係を誤解していたおかげで、綾乃っちはベルナルドに頼り切りにならずにきました。もしベタベタになってたら、もっとひどい状態になっていたでしょうね。
あ、ベルナルドがアテにならないのは、お察しのとおり(残念)

そうですね、綾乃、じつは「悪い」ことはしていない。なので、ジョセフもそこまで叱らないのですが、であるにも関わらずこの悲劇。そこがむしろきついんですよね。間違ったことをしていないのに、人を不幸にしてしまう。マスコミ人として、これは強烈な教訓になるはずです。
で、綾乃は落ちるとこまで落ちましたので、あとは……です。彼女の初体験を奪った相手は、次話であきらかになります。お楽しみに。……とか言うから、格下げになるんですよね(爆)

コメント、ありがとうございました。

2020/01/25 (Sat) 21:41

大海彩洋  

わわわわわ

これでよく分かりました。
サキさんの格下げ宣言?にはちょっと笑えましたけれど、limeさんとよく、なぜか可愛い子には旅をさせたがる(しかもけっこう酷い)、言い換えると、作者としては思い切りS系になってしまう(実際の自分は軟弱^^;)なんて話をしておりまして、TOM-Fさんももしかして?と思っていましたが、このたび、チームの仲間だと確信しました!
ようこそ~(^^)/
ってことは、limeさんと私は、サキさんからしたら、始めから格下チーム(T_T)
綾乃っち、決してそう悪いことはしてないけれど、自ら招いてしまったとも言えるし、この飛んで不幸に入る夏の虫状態に追い込むあたりも、このチームのやり方ですね~。うちの一番の犠牲者といえば、あの人とあの人(自慢するとこじゃない!)

それはともかく、う~む、マルガレーテの意地悪ぶり(敢えて立場を明かさないのはそういうことですよね)がもう、ツボですわ~
女の人って、切り捨てたら容赦ないけれど、ほんとにベルナルドも一族の駒って感じがよく分かります。その一方で、ヨーロッパの王族あるあるで、守るところは守るみたいな石のような意志(あれ? 決してダジャレのつもりじゃなかったのに)もあって、キャラ的には美味しいです。
男はね、けっこうその点ダメな部分もありますよね(あ~、H王子~)。

そして、次回早速明かされるという綾乃っちの……ううむ。あまりにも選択肢の幅が狭くて……そうそう、1名はあんなことしないだろうし^^;
わくわく?しながら待っております(チームS)。

2020/02/01 (Sat) 12:22
TOM-F

TOM-F@チームS  

>大海彩洋さん ありがとうございます!

>大海彩洋さん

おお、お仲間がいて嬉しいです。はい、チームSに入団ですねっ!
そうそう、「かわいい子には旅をさせろ」=「かわいいキャラはひどい目に合わせろ」ですよね~。
『あの星』シリーズのダブルヒロイン、しおりんは苛められて涙目で耐えているところがかわいいし、綾乃っちはぶったたかれて凹んでもバネにして起き上がってくるところが萌える。だからつい可愛がりという名の試練(苛めじゃないのです)を与えちゃうんですよねぇ。ぐへへ……って、さらに降格決定だなw

冗談はさておき、綾乃っちは感情的なことで勇み足というか熱暴走してしまいましたが、いちおう取材した事実に基づいた報道だったわけで、その点では糾弾されるようなことではないんですよね。それがわかっているから、そしてそれとは別の思惑があるので、ジョセフは綾乃を叱らない。ですが、だからこそ、正しいことをしただけなのに、なんでこんなことに、となってしまう。そこに自分の感情が関係していたので、なおさらなんですよね……って、そうか、これがチームSのヤリクチか(笑)

マルガレーテはねえ、したたかであくどい姉ちゃんですからね。権力争いとか、そういうのが平気で、しかも長けている。誤解してる方が都合がいいなら、そのまま利用しちゃえ、くらいは朝飯前。メンタル面でも人生経験でも、綾乃が敵う相手じゃありません。
ベルナルドはちゃらいようで真面目なんですよね。もともと政治家には向かない男です。でも守るべきものは守るという意思は、芯に持っている。実家の思惑に翻弄されながらもどこまでやれるか、そこもお楽しみに。

綾乃っちの初体験のお相手、まあ確かに選択肢の幅は狭いですよね。状況やら信条から考えれば、一人しかいないですよね。まあ、ほとんどの読者さんには、バレてるかもです。次話で早々に明らかになりますので、ドS作者ぶりをお楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

2020/02/03 (Mon) 19:42

Leave a reply