FC2ブログ

小説『シュレーディンガーの櫃』(『エヴェレットの世界』アトラクターB)第2話

 offkai.png
 【2019オリキャラオフ会】豪華客船の旅 参加作品

 豪華客船のドタバタ劇、第2話です。
 参加者の皆さんのキャラと、ちょこちょこ交流をさせていただいています。それで、予定よりも文量が多くなってしまい、全3話のはずが全4話に。
 今回の第2話は、そんな交流が中心の回です。

 wien02 bn

 彼女は、私たちのテーブルの横で立ち止まった。
「”合衆国の良心”の異名を持つジャーナリスト、ジョセフ・クロンカイトが、こんなところでなにをしているのかしら」
 なにをしているか、だと?
 そういえば、なにかすることがあったような気がする。


 シュレーディンガーの櫃 Article B02 : field theory of Joseph - ジョセフの立場

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
TOM-F
Posted byTOM-F

Comments 8

There are no comments yet.

八少女 夕  

こんばんは。

ばっちり登場させていただき、ありがとうございました。
ちゃんと皆さんをまんべんなく登場させる氣遣い。素晴らしいです。
さて、超明晰頭脳のジョセフなのに、今回は少し朦朧となさっているのかしら?
「スクルド」の名前にすら、あの反応だし。
ま、お財布忘れは、お約束ですからね。

ニーナも、いくら去る者は日々に疎しと言っても、そこまで忘れちゃうのはマズいのでは。
あ、でも、綾乃に逆上したことも忘れていたら、帰って平和かな。

スクルドの演奏はにんまりでした。「しっかり名乗った状態」の時にもぜひまた名演を一つ。

次回は、いよいよ多重世界の謎に挑まれるのかな?
それともさらなるお笑いの世界に?
どちらにしても楽しみにしています。

2019/10/17 (Thu) 05:31
TOM-F

TOM-F@管理人  

>八少女 夕さん ありがとうございます!

>八少女 夕さん

はい、マッテオとアンジェリカ、それと妖狐山内氏をお借りしました。
なんか勢いで皆さんのキャラを書き込んでいったら、ちょっとカオスなことに(笑)

ジョセフの頭脳が明晰かどうかは置いておくとして、今回はかなりボケていますね。スクルドについては、作者の都合で、さらっと流させていただきました。そこにこだわられても面倒臭いので(爆)
ニーナも、決して薄情になったわけではなく……まあ、そのあたりの事情はラストで。山西サキさんが綾乃っちを連れてきてくださるんですけど、鉢合わせはさせない予定です。ニーナと綾乃がここで会っても……(自粛)

スクルドにピアノを弾かせたのは、もう完全に私の自己満足です。曲は、あの流れでは『月光』しかないかな、と。まあ、彼女の正体を探るヒントくらいには、なっていますかね。しっかり名乗っての演奏ですか……いずれまた、そのうちということで。

シュレーディンガーと多重世界の謎解きは、第四話で書きます。次回は、まだドタバタ劇。よろしければ、おつきあいください。

コメント、ありがとうございました。

2019/10/18 (Fri) 19:45

山西 サキ  

こんばんは~。

ジョセフはどうしてしまったのでしょうね?
船内に何か特殊な力が作用している?
財布を忘れるのはいつものことですが、全然心ここにあらず、という感じです。
これは物語の結末に向けてTOM-Fさんが埋め込んだ複雑な長い幾つもの伏線に違いない・・・と、じっくりと文面を追わせていただきましたが、さっぱりわかりません。
次々と登場人物と係わりながら、ジョセフはいったいどうやって結末にたどり着くのでしょう。
ま、お祭りだし、ゆっくりと楽しませていただくことにします。

2019/10/21 (Mon) 19:51
TOM-F

TOM-F@管理人  

>山西サキさん ありがとうございます!

>山西サキさん

ジョセフねぇ、ちょっとおかしいですよね。
特殊な力が作用している、というのはある意味で、正鵠を射ているかも。
とはいえ、それほどちゃんとした伏線とか仕掛けではなく、あくまでもイベント、お祭り騒ぎの一環ですので、おっしゃるとおり、ゆっくり、ぬる~く読んでいただけるとありがたいです。と、ハードルを下げる私(笑)

次話は、お題の「旅の話」とエピソードを進めて、第四話で謎解きをして完結という運びになる予定です。この先も、ハチャメチャなおふざけばかりですが、最後までお付き合いくださるとうれしいです。

コメント、ありがとうございました。

2019/10/22 (Tue) 12:05

津路 志士朗  

執筆、お疲れ様です。
前回ご挨拶に伺ってより大分、
いや、相当日が空いてしまいました。
重ねて失礼致しております。

なんだか読んでいて、夢の中を歩いているような感覚に囚われました。
特殊な力が作用しているとしても、
ジョセフさんにだけのようで、
他の方は(事実と異なることが有っても)
しっかり受け答えされている所が特に。
お財布をなくされる辺りは時間の都合上、まだ拝見できていないのですが、今から読むのが楽しみです。

後、大変今更ながらなのですが、
お二人をお借りさせていただきました。
本来の姿とかけ離れていてお目汚しとなっておりますが、ご容赦のほど、お願い申し上げます。

2019/10/24 (Thu) 19:54

大海彩洋  

わはは

皆さん、勘ぐってますが、これはウラがあるのか、もうただただTOM-Fさんが遊んでおられるのか。
多分、その両者だろうなぁ。でも、確かに、スクルドを知らないとなると、部分的に記憶が欠落している? いや、多重世界は同時に存在するか的な話? シュレディンガー博士もどき?が地下で怪しい実験してるからなぁ~~~
なんて、あれこれ楽しんでおります。
それにしても、ニーナが妙に可愛いのが、個人的に受けています。環境さえ良ければこういうキャラなんだなぁと感慨深く見ておるのでした。

そして、第3楽章遊び、まさかこんなところで使っていただいているとは!
テオドールも慎一もびっくり、だなぁ。ほんとのことを言うと、もうテオドールはピアノからはちょっと身を引いているのですが(いずれは某オーケストラの首席指揮者になるのでしょう)、1年に1回だけ、慎一との共演リサイタルだけは生涯続けるので、チケットは争奪戦で、それをいいことに二人で遊びまくっているのですね。協奏曲をピアノ2台で弾きまくるとか、ピアニストなのに歌ったり。あ、テオドールはヴァイオリンも弾けますからね~。ほとんどファンクラブの集い?
で、それに拓人も参加してくれて、なんと、スクルドね~ちゃんまで! いや~、しばらく第3楽章遊び、嵌まりそうだわ。でも、一番の難敵は第2楽章遊びかも。緩徐楽章ばっかり続いたら、みんな、寝る……
それに、ジョセフが「なんでこいつら、第3楽章ばっかり」って反応してくれてる(*^O^*)

スクランプシャスも出演して、あちこちで目撃情報が飛び交っていて、楽しいです。
やっぱりオフ会はこうでなくちゃ。と思ったら、また財布事件ですか。
そして、だんだん『シュレディンガーの櫃』というタイトルが気になってきました。ん?

2019/10/26 (Sat) 08:56
TOM-F

TOM-F@管理人  

>津路 志士朗さん ありがとうございます!

>津路 志士朗さん

いえいえ、読んでいただくだけでもありがたいですし、コメントまでいただけるのは嬉しいです。

『夢の中を歩いているような感覚』 ええ、そうですね。あの船自体が、なんでもありな、某夢と魔法と冒険とイマジネーションの船って感じですので。
お気づきのとおり、ジョセフには不思議な力が作用していますね。もっとも、それは他の登場人物たちも……(ネタバレのため自粛w)
ジョセフはですね、財布を落とす特技(?)の持ち主でして、それがきっかけで人と出会ったりしています。こんかいは過去の作品で使ったエピソードをトレースしています。それほど重要なことではないので、読み流してくださって大丈夫ですよ。

あ、あの船首のシーンですよね。
いえいえ、使ってくださって、嬉しかったです。やはり、ああいう交流が、イベントの醍醐味ですよね。
もっとも、あれを目撃されたジョセフとニーナは、不覚だっただろうなぁ。ま、自業自得ですけどね(笑)

残り二話です。よろしければ最後までご笑覧ください。
コメント、ありがとうございました。

2019/10/26 (Sat) 18:05
TOM-F

TOM-F@管理人  

>大海彩洋さん ありがとうございます!

>大海彩洋さん

もちろん、遊びですよ、おふざけですよ、だってお祭りだし。
ウラなんて、そ、そんなもの、ないに決まってるじゃないですか~(棒読みW)
冗談はさておき。
はい、ご指摘のとおり、遊びもウラもあります。『エヴェレットの世界』のスピンオフなので、まあ、なんちゃって量子理論的なオチなんですけどね。ネタばらしは最終話になりますので、お楽しみに(ハードル上げすぎw)

ニーナは、あれが本来の姿に近いですね。おバカだし、直情径行だし、よく自爆してるし。『エヴェレットの世界』では、相手が初心な綾乃なのでアドバンテージがあるだけですね。

第3楽章遊びは、せっかく超高級ピアノと、超絶ピアニストを揃えていただいたので、使わせていただこうかなと。実際にやったら、きっと知っている人の反応は、あんな感じじゃないですかね。ジョセフもある程度はクラシックを聴いている、ということにしました。たぶん、お気に入りは『ラプソディ・イン・ブルー』あたりだろうけど。
テオドールは指揮者かぁ。やはりBPOかなぁ、それともVPO、案外LSOとか? アシュケナージみたいに、弾き振りとかしてくれないかなぁ。モーツァルトくらいなら、いけるんじゃないかな(妄想)
第2楽章遊びは、聴かせるのが大変でしょうね。確かに、寝る。

やっぱり、オフ会はお祭りだし、せっかくなのでみなさんのキャラに絡めるだけ、絡ませていただこうと思いまして(笑)
そしてジョセフは財布を落とすと、魅力的な日本人女性に出会うジンクスが(自粛)

『シュレーディンガーの櫃』ですか?
そちらは、たぶん十一月中に、意味が分かるかと。ふっふっふ(黒い)

コメント、ありがとうございました。

2019/10/26 (Sat) 18:05

Leave a reply