FC2ブログ

小説『シュレーディンガーの櫃』(『エヴェレットの世界』アトラクターB)

申し訳ありません。
今日は『エヴェレットの世界』の更新日でしたが、更新を11/6(水)に延期させていただいて、アナザーストーリーを発表させていただきたいと思います。

題して、

『シュレーディンガーの櫃』(『エヴェレットの世界』アトラクターB)

これは、BLOGのお友達の企画「【2019オリキャラオフ会】豪華客船の旅」の参加作品になります。

offkai.png

このイベントは、参加する作者様のオリキャラを豪華客船に乗船させ、そこで交流をしましょうというもの。
オリキャラや作品の宣伝にどうぞ、ということですので、連載中の小説『エヴェレットの世界』から三名を参加させることにしました。
縛りがゆるくて、なんでもあり、ということなので、思いきり遊ばせていただくことにしました。おふざけが過ぎる、という気がしなくもないですが、イベント(お祭り)ということで、ご容赦ください。
また、企画参加作品のため、本編に登場しないキャラや、本編と関連のないストーリーも、多く含まれています。
それでもよろしければ、お遊びにおつきあいいただけると幸いです(全三話を予定)


【作品の紹介】

 201x年10月。

 それは、アッパー・ニューヨークベイに、忽然と現れた。
 ジェラルドRフォード級空母を四隻ならべたほどの、巨大な豪華客船。
 そして、オーナーからの招待状が届く。

『当家主催のクルーズにご招待申し上げる。最高のもてなしとアトラクションを用意した。ぜひ参加されたい』

 その船には、かのシュレーディンガーが乗っているという。

「可能性はゼロですが、確かな筋の情報です」

 それを追うのは、合衆国の良心と呼ばれる、敏腕ジャーナリスト。

「ならば、私が行くしかないだろう」

 CERNを手中に収めんとする女性物理学者との、運命の再会。

「ニーナ=ルーシー・ボーアじゃないか」

 よみがえる、ふたりの思い出。

「あのころを思い出すな」
「相変わらずね、あなたは」

 彼らが乗り込むのは、驚愕すべき船。

「HADOエンジン始動。ワープ開始」
「チャーリー、転送を頼む!」

 旅を彩る、出会い。
 和装の女性華道家。

「水無瀬彩花里(みなせあかり)です。華道ってご存じですか?」

 そして、謎の美少女。

「じゃあ、”スクルド”と呼んでもらおうかな」

 はたして彼らは、真実にたどり着くことができるのか。

「お客様はデッキ1より下層には、行けないことになっているんです」
「ラストチャンスです」

 明かされる、衝撃の事実。

「こんなことが、ほんとうに」
「にゃあ……ぐにゃあ」

 そこにあったのは、世界の秘密、あるいは、多重世界への扉。

「選択しなさい」

 フィジックス・エンターテイメント『エヴェレットの世界』 アトラクターB

『シュレーディンガーの櫃』

「それは、ありえたかもしれない、もうひとつの世界」

 wien02 bn

 シュレーディンガーの櫃 1/3.Article B01 : Ark of Volterra - ヴォルテラの箱舟

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
TOM-F
Posted byTOM-F

Comments 6

There are no comments yet.

八少女 夕  

こんばんは〜。

TOM−Fさんがはっちゃけている(笑)
関西人のお笑いにかける本氣を見ました。
知らない間にワープしているし。
シュレーディンガー博士の乗船の可能性はゼロなんですか?
綾乃も断言しているし、何でだろ? ま、これは本編じゃないからツッコんでも仕方ないか。
そして、ジョセフがなんか壊れている。クルーズ船に乗るとあのポーズしたくなりますけれど、実際にやるのはかなりの勇氣が必要ですよね。しかも人目だらけのボーデン湖で、それは……。

しかし、TOM−Fさんだけでなくジョセフまでお笑い路線。続きが待ちきれませんね。

2019/10/10 (Thu) 04:43

津路 志士朗  

今晩は。執筆お疲れ様です。
また、先はコメントをありがとうございました。
さて、どうしましょう。
非常に楽しそうだからこそ、何処から絡んで良いのか、
なんと言えば良いのか、大変に難しいです。
だって、ジョセフさんって、あれ、おかしいな。
本編では隠れがちなニーナさんの乙女な一面が見られる可能性もあったりするのでしょうか。
いや、本編でも普通に可愛いなと勝手に思っているのですが。
続きを楽しみにさせていただきます。

2019/10/10 (Thu) 20:55

山西 サキ  

こんばんは~。

いやいや、これだけ傍若無人(失礼)に展開されると絡みにくい絡みにくい!
あの事件でレイブンがパスポートを奪われて途方にくれている時期のお話なんですね?
でも楽しい!崩れていくキャラクターとユーモアあふれる展開にニマニマ、そしてどこへ連れて行かれるか分からない展開にドキドキしています。
ちょっと昭和なネタもとても素敵です。
でも、いいのか?ニーナとジョセフ、こんなことやあんなことや・・・本編のネタがばれちゃってません?
これでは感想もちゃんと書けませんよ。
でも続きがあるんですよね?ノリノリハチャメチャ展開、待ってますよ。

2019/10/11 (Fri) 19:47
TOM-F

TOM-F@管理人  

>八少女夕さん ありがとうございます!

>八少女夕さん

はい、ホストの大海彩洋さんのお言葉に甘えて、今回ははっちゃけモードです。
え、関西人のお笑いにかける本気ですか? まだまだ、こんなもんんじゃありませんよ(笑)
あの船、ワープ機関搭載ですからね。どこでもドアあるし。

アルバート兄ちゃんは、あの船には乗っていません。オトナの事情ってやつです(すみません大海彩洋さん) 綾乃はそのことに直接かかわっていますので……そのあたりは、来月の本編の方で。

ジョセフ、壊れてますね。ふだんがああだと、壊れるときはこんなものです。
そしてあれはもう、豪華客船には必須ですよね。そうそう、外洋ならまだしも、たぶんボートとか浮かんでいるだろうボーデン湖だと、確実に笑われますよね。
今回は、基本お笑いをとりにいこうと思っています。
よろしければ、最後までおつきあいくださると嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。

2019/10/12 (Sat) 21:09
TOM-F

TOM-F@管理人  

>津路 志士朗さん ありがとうございます!

>津路 志士朗さん

はじめまして、CourtCafeへ。
つまらないコメントでお邪魔してしまいましたが、これもなにかのご縁ということで。
今回はホストの大海彩洋さんのお言葉に甘えて、かなり悪ノリをしています。書いている本人がいちばん楽しんでいるという、確信犯的なお笑いですので、スルーしていただいていっこうにかまいません。

ジョセフは、ほんらいはもっとかっちりとした性格の男です。
あれは、完全に壊れています。まあ、いささか事情というか、仕掛けはあるんですが。それとニーナについては、今回、乙女っぽいところもちょこっと出てきますが、子どもっぽいところが全開ですね。

おお、本編でニーナの可愛らしさに気づいてくださるとは。嬉しいです。そうなんですよ、彼女、あれでかわいいところがあるんです。

よろしければ、最後までおつきあいくださると嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

2019/10/12 (Sat) 21:11
TOM-F

TOM-F@管理人  

>山西サキさん ありがとうございます!

>山西サキさん

えへへ、大海彩洋さんのお言葉に甘えて、私もやりたい放題ですよ。
だって、皆さんすごく楽しそうにしてるし。そりゃあ、関西人の血が騒ぎますって(笑)

そうですね、本編の事件があらかた終息して、綾乃はパスポートの再発行をジュネーブで待っているというタイミングです。本編終了直前という感じですね。

そうですか、楽しいですか。うん、それは私も嬉しいです。今回は、そういう路線を狙っていますので。ウチの子たちも、作品の中での役割やイメージをかなぐりすてて、はっちゃけています。

ニーナとジョセフの関係は、本編ではまだまだ先になるんですけど、ここでは推理してもらうためのヒント(?)をちょこっとだけ混ぜ込むつもりです。ネタばれにはならないと思いますので、ご安心ください。

あと二話分あります。よろしければ最後までおつきあいくださると嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

2019/10/12 (Sat) 21:13

Leave a reply