FC2ブログ
RSS

【小説】エヴェレットの世界 第14話

すみません、またしても遅れました。
まあ、三連休の間にということで、大目に見てやってください(自分に甘い典型w)

綾乃vsプランク所長の第2ラウンドです。
といっても、試合巧者がどちらかは、やる前からわかっていたことで。まあ、親子以上に年齢差があるし、社会人経験も桁違いですからね。綾乃、よく頑張ったと思いますよ。

そして、ちゃっかり者は、相変わらずなようで(笑)

次回、第15話はすこし間が空きます。諸般(オトナ)の事情で、10/20を予定しています。


 wien02 bn
 
 気まずい沈黙を破ったのは、やはりベルナルドさんだった。
「そのレターは、アヤノに託されたものだ。昨夜も言ったよね。その意味と結果は、アヤノが決めればいいと」
 あたしは、はっとした。
 そうだ。これは、他人に決めてもらうようなことじゃない。


   エヴェレットの世界 Article 14 : observer effect - 観測者の選択

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1550: by 八少女 夕 on 2018/09/26 at 03:13:15 (コメント編集)

こんばんは。

「不潔です」か……。スーパーウーマンだと思って油断していると、こういうお嬢さんなところが出てくるのは、やはり年相応な面もあるってことですよね。。鬼教官ジョセフが聴いていたら突っ込みそうだなー。

さて、この告発文を誰が書いたのか、というのはそのうち明らかになるのでしょうが、要するに、これで誰が得をするのかってことですよね。告発を内部じゃなくて、国内の大きな新聞などでもなく、自称半人前の外国人学生ジャーナリストにやらせる。

このまま裏もとらずに表沙汰にしたら相手にされないだけでなく、ジョセフも火の粉を被るでしょうから、綾乃としてはもっと調べなくてはいけないと。ゴシップ誌ではないんだから不倫疑惑だけ調べても仕方ないし、どちらかというと理論が破綻していることと企業との癒着を追うのかしら。でも、下手するとお姫様に真っ二つにつれちゃう?

なんだか、いろいろと不穏なんですけれど、もうお一方は、のんきに彼女を口説くことに専念していません? 

次回は、彼のお姉様が釘を刺していた件について、詳しいお話が聞けるのですよね。自分の口から話すとなると、公正な見解かどうかはこの時点ではわからなそうですけれど。

つづき、楽しみにしています。

1551:>八少女夕さん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/09/26 at 18:29:26 (コメント編集)

>八少女夕さん

そうそう、綾乃っちは、青臭いところを多分に残しています。
才能に経験が全然追いついていないんですね。で、なまじ能力があるので、暴走しちゃう。それが今回は……おっと自粛、自粛。

で、告発文。
それで誰が得をするか、ですよね。お気づきのとおり、そういう状況の人物が書いています。
告発文の作者、いずれというか、物語の終盤で明らかにする予定です。それ自体は、たいした伏線でもないので、勿体つけるほどのことでもないんですけどね。

綾乃に託したのは、もしかしたら、背後にいる朴念仁ニュースキャスターが本命だったりして。ジョセフはテレビでダイレクトに取り上げるので、その辺のジャーナリストより影響力がありますからね。

そして、これもご指摘の通りで、これから綾乃の取材攻勢が始まります。理論の破綻はもう確定しているので、企業との不適切な関係の有無が焦点になってきます。

次回、Mr.ちゃっかり男のカミングアウトですが、ちゃんと白状するのかなぁ、アイツ。
すこし間が空いてしまいますが、次回はサービス回ですので、お楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

1552:こんばんは~ by 山西 サキ on 2018/09/27 at 19:24:29 (コメント編集)

なんのかんのと言いながらブランク所長、調査の便宜を計ることにしたんですね。
何か目算でもあるのかもしれませんが、今のところは使えない男ですね。
綾乃も弱音が出てしまったり、逃げ出したくなったり、まだまだジャーナリストとしては駆け出しですが(男についても駆け出しですが・・・)クロンカイト先生の愛の鞭でたくましく育っていくのでしょうか?

ベルナルドのとってクロンカイトが絡んでいる事は予想外だったようですが、告発者はわかっているのかもしれないですよね。
さて、『テルスノヴァ』って、何でしょう?
「ぼくが責任をもって進めるよ。だから、これからもよろしくね」なんて調子のいいこと言ってるし、綾乃の態度は青っぽいし。
海千山千の登場人物に取り囲まれて絶体絶命の綾乃。どういう風に立ち回るのかなぁ。
なんか、クロンカイト教室を卒業したら綾乃の性格が変わりそう。
変なことが心配になってきました。

1553:>山西サキさん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/09/29 at 08:04:49 (コメント編集)

>山西サキさん

そうそう、プランク所長、結局は調査に協力してくれることになりました。
だったらぐずぐず言わずに、最初からそうすればいいのにねぇ。ホント、使えないヤツですわ。

綾乃は、ほんとうに頑張りました。
たしかにスペックは高いんですけど、なんといってもまだ高校を出たばかりのハタチちょいの女子大生ですからねぇ。仕事も恋も、オトナには敵いません。ジョセフ師匠、仕事の方は教えられても、恋愛の指南はダメでしょうね。なにせ、ご本人がアレですからね。なので、綾乃もそういうことになるんじゃないかと(笑)

ベルナルド、綾乃の師匠のことは知らなかったみたいです。でも告発者は、どうだったんでしょうねぇ。あるいは本当の狙いは、ジョセフだったりして。

『テルスノヴァ』については、次話で詳しく書くつもりです。荒唐無稽、抱腹絶倒ですので、お楽しみの(自虐w)

ベルナルドと綾乃って、じつはかなりいいコンビなんじゃないかって、思い始めています。綾乃、恋愛に関しては高校時代で止まってますので。お子さまもいいところなんです。

この先もまだえげつない連中が出てきまして、綾乃はもみくちゃにされる予定です。ええ、スペックが高い子は、可愛がられるものですからね(意味深)
そしてどんなふうに性格が変わるのか、あるいは変わらないのか。お楽しみにしていただければ、嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。

1554: by けい on 2018/09/30 at 14:26:51

二話読了でキャッチアップ^^

綾乃、大きな選択を目の前に、もの凄い葛藤がありましたね。でも、ジャーナリストとしての選択にぶれなかったところがさすがです。バックにジョセフというこれもブレのない師匠(?)がいるおかげもあるのかも(影のパワー?)

そんな綾乃に優しく声をかけるベルナルド。その言葉に自分の心境が現れるというところに正直でイイ人感。けれども、二人ともしっかりと関わってしまったということですかね。どんなコンビになれる? なれない?

そして、二人の関係ったら…ロミオとジュリエット? ちょっとちょっと! これは妄想肥大してしまう。押さえろ…

あれこれが絡まってきて、先が大いに楽しみです。え、オ・ト・ナの事情ですか…

1555: by lime on 2018/09/30 at 14:53:16 (コメント編集)

私も綾乃と同じように、この告発文を読んでプランク所長が憤慨して、あの二人に何らかのお咎めが……と思ってたんですが、事態はそんなに単純じゃないのですね。
でも、ボーア博士たちの思い通りになるのは、何となく癪だし。

この業界の事情はいろいろありそうですが、とにかく最後にはちょっと協力モードになったプランク博士を大いに活用して、この事態がすっきりする方向に進めばいいんですが。

ここでようやくベルナルドも、綾乃の上司の正体を知ったわけですが。うーーん、これもいろんな大人の事情が絡んで、単なる焼きもちくらいじゃ済まなくなりそうですね。
でも、障害があるほど恋は燃えるものだ。がんばれ!
……そういう物語ではないんだと思うけど、頑張れベルナルド。

1556:>けい さん ありがとうございます! by TOM-F@管理人 on 2018/10/01 at 19:37:48 (コメント編集)

>けい さん

おっしゃる通り、綾乃は今回、大きな選択をしたと思います。
ジャーナリスト見習いになってから、これほどの事件は初めてですし、明らかに手に余る内容だったわけです。あそこでああいう結論を出せたのは、まちがいなくジョセフのおかげでしょう。肩代わりはしてくれなくても、なにがしかのアドバイスはくれるという信頼感はあったと思います。
ベルナルドの方は、面倒なことになったな、という思いと、綾乃との縁が切れずにすみそうだという打算とがありますね。ただ、プランク所長への気持ちは、正直なところでしょうね。もっと思った通りに動いてくれよ、という感じです。
これで二人はどっぷりとこの案件に関わることになります。急造のデコボココンビというところですが、ロミオとジュリエット……ほどの劇的な展開はなさそうですけど、それなりにはってところでしょうか(意味深)

はい、次話はちょっとお待たせします。
と言いますか、今回が一週間早かったので、ペースは同じなんですけどね。ちょっと週末に出張が入っていて、更新を前倒ししたというのが実情です。

次話もがんばりますので、お楽しみに。
コメント、ありがとうございました。

1557:>limeさん ありがとうございます! by TOM-F@管理人 on 2018/10/01 at 19:39:09 (コメント編集)

>limeさん

プランク所長はねぇ、ほんとにもう役立たずですわ。
もちろん憤慨はしていますけど、後が短いし、ことなかれに走りました。もっとも、ここでプランク所長が一刀両断じゃあ、お話が終わってしまいますが(笑)
最後はそれなりに協力の約束を取り付けて、いよいよ第二ラウンドです。この先、綾乃の取材攻勢がはじまりますが、ボーア博士サイドもだまっているわけもなく……という展開になる予定です。がんばって書かないと。

で、この二人。ベルナルドは政治家一族、綾乃は辣腕ジャーナリストの弟子ですから、そう簡単にはいかないですよね。ベルナルドには怖い姉ちゃんもいますし(綾乃は誤解しています、お約束の展開ですw)
でも、おっしゃる様に、障害があるほど恋愛は盛り上がりますからね。この二人も……さて、どうなることやら。

ヘタレなベルナルドに、ご声援をお願いします。
コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

WEIN02 bn

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク