FC2ブログ
RSS

【小説】 ミサキ奇譚  「夏のホラー2018」参加作品

毎年、夏の恒例行事になっている、『小説家になろう!』主催のイベント、「夏のホラー2018」に参加しました。

このジャンルはあまり書かないので、今年も読み専かな、と思っていたのですが、なんか降ってきて書けちゃいましたので、二年ぶり二回目の参加となりました(なんか甲子園みたいw)

今年は、和ホラーVS洋ホラー、というテーマがあるのですが、「和」の方で参加です。


作品のタイトルは 『ミサキ奇譚』

とある岬を舞台にした、旅情ホラーです。
が、実在のいかなる場所とも、本州最南端のあそことも、いっさい関係はありません。ですので、観光案内ではありません……一応(笑)

ホラーと銘打っていますが、たいして怖いお話ではありません。
ただ、ちょっと問題なシーンがありますので、R15指定としました。

二話で完結、7000文字ほどの短編です。
酷暑のお供に、お気軽にどうぞ。

 ミサキ奇譚

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1520:ホラー怖いです by 八少女 夕 on 2018/08/02 at 04:50:26 (コメント編集)

こんばんは。

子供の頃、姉が喜んで観ていたホラー番組、怖くて毛布を被っていた私です。

和ホラーと洋ホラーって、からしとマスタードみたいな違いがあるのでしょうかね。偏見ですけれど、洋ホラーの方がストレートに怖いけれど、和ホラーの方が趣がある、そういうイメージです。

どこがR15なのかな、冒頭? と思ったら、なるほど、後半の一場面でしょうか。

先ほど和ホラーVS洋ホラーの話に戻りますが、ストレートな恐怖というのではないのですが、時間や主観がはっきりしないのに行ったり戻ったり、絡め取られたりする、なんとも言えない不穏さが、このお話の肝なのかなと思いました。人ごとじゃなくて、じぶんも知らない間に巻き込まれていて帰れなくなりそうで、十分怖かったです。

それと、舞台の選び方に唸りました。どっぱーんと暗い冬の海で語られるホラーではなくて、本来ならホラーとは対極にある明るく美しい海で起こっているんですよね。

1521:>八少女夕さん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/08/03 at 20:16:10 (コメント編集)

>八少女夕さん

白状しますと、私もホラー系は大の苦手。読むのも見るのもガクブルな小心者なのですが、なぜかこんな小説を二回も書く羽目に。いや、人生、わからないものです。
和ホラーと洋ホラー、モチーフや舞台やキャラで色分けするそうです。洋ホラーは人間と明確に敵対することが多く、和ホラーは人間にそっと忍び寄るあるいは寄り添うという感じはしますね。

あ、R15はですね、完成品では削ってしまいましたが、じつはあのシーンが未遂ではなくて思いきり濃厚に……(自粛) という事情です。今の描写なら、R15いらないな。

はい、おっしゃる通り、後半の曖昧な部分、主体と時間をあいまいにして、あそこで起きていることが、現実なのか残留思念なのかという不安定さに、なにか不穏なものを感じてもらえたらと思い、書いてみました。
そしておっしゃる通り、何らかの禁忌にふれたわけでもないのに巻きこまれてしまう、という恐怖です。

そうそう、それもあります。真夏の真昼間に、青い空と青い海を舞台に、ホラーって書けるかな。というチャレンジでもありました。

コメント、ありがとうございました。

1522:こんばんは~ by 山西 サキ on 2018/08/03 at 21:32:50 (コメント編集)

この男が何者なのかがちょっとわからなくて混乱してしまいますが、存分に怖いです。
過去にあの場所から落ちて亡くなった人の亡霊とか?想像してしまいます。
街並みがある部分は砂州・・・確かに。潮岬が舞台の原型なんですね。
彼の地は難破が多発する海域ですから(例のトルコの軍艦とか)、亡霊のネタには事欠きません。
足跡だけで追ってくるという設定は、ずっと付きまとわれそうで不気味ですね~。
完全犯罪は成立するかもしれませんが・・・。
後半、行き来する文章は、混乱するヒロインの精神状態を表現したものなのでしょうか?とても興味深かったです。

R15?夕さんと同じようにこれ位なら指定無しでも・・・と思ってしまいます。
サキは自分の文章にR指定をしたことはありません。サキごときの文章では、たいしたことは書けていないように思いますので。

1523:こんばんは~ by 大海彩洋 on 2018/08/04 at 22:05:40 (コメント編集)

私もホラー苦手ですが、読むのは大丈夫みたいとこちらを拝読して思いました。十分怖かったのですが、脳内イメージは少し自分なりにモザイクかけてマイルドに作り直していたかも。もっとも、あまり好んで読まないので、すごいスプラッタな作品だとダメかも。映像は絶対ダメです。そう言えば、昨日、J:COMで「貞子VS伽耶子」の宣伝をしてました。伽耶子が誰か分かりませんけど、たまたま目にしてしまって……映像って恐ろしいわ。

そして、こちらのホラーですが、なにがって「皆までは書いてないよ」って行間が怖かったです。実は、この男性が言っている「少し前にここであった転落事故」って、実は今現進行形で進んでいることで、この女性が「目撃者」で(だって、着衣も乱れているし)、そして錯乱状態になっちゃうってのも未来予測、って話じゃないですよね? あるいは、こういうことが繰り返し起こっているのか……地縛霊? 多くの女性がこんな憂き目にあうのでしょうか……

でも、実は一番怖いのは、この女性の「元カレへの復讐心」だったりして、とも思うのですよね。人の心って、一番のホラーかも。そんな復讐心に反応して表われた霊なのかも。
誰もいない山奥の神社にはよく行くので(確かに昼間でも怖い)、しかもすでに神社かどうかもよく分からない(岩だけ、とか)ので、他人事じゃなくて怖かったです。今度からひとりで行くのはやめようっと。

うん、これは指定なしですね。15でも18でもなさそうですよ!

1524:>山西サキさん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/08/05 at 12:25:14 (コメント編集)

>山西サキさん

「彼」の正体ですか、そうですね、おおむねご想像どおりといったところです。
もともとあの辺りをうろついているよろしくない物に、少し前に事故で転落死した男が加わったとモノいう感じでしょうか。
さすがに、サキさんには舞台がばれていましたね。はい、潮岬をモデルにしています。そうそう、場所が場所だけに、海難事故も多かっただろうし、いろんなモノが吹き溜まっていそうです(怖)

完全犯罪を目論んだ彼女は、結局、足跡にびびって自ら命を絶ってしまいました。彼女もまた、あれに取り込まれている模様です。
そうですよ、あの足跡、見えなくてもずっとついてきているかもしれません(きゃ~)

後半の混乱しまくった文章は、ヒロインと過去の女性の意識が交信してしまって、現実に起きていることなのか、追体験なのかわからなくなっている状態を書こうと思いました。が、力不足で、じゅうぶんに表現できなかったなぁと反省中。

R15、やはり要らないですかね?
いちおうホラ、なんかへんなこと書いてるし、健全な青少年にはちょっとマズいかなと思ったんですが(白状すると、もっとストレートなシーンを書きまくっていた痕跡ですw)
いやいや、サキさんの文章で、アレやコレを書いたら、けっこうR指定いると思いますよ。まあ、私はR15だろうがR18だろうがOKですので、楽しみにしています。

コメント、ありがとうございました。

1525:>大海彩洋さんありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/08/05 at 12:26:28 (コメント編集)

>大海彩洋さん

いやぁ、私の書くホラーって、全然怖くないですから。
もっと読者さんを追い込んで、ぞわぞわしてもらえればいいのですが、まあ、あんなものです。それでもすこしは酷暑対策になったのでしたら、嬉しいことです。
あ~、私もスプラッター系の映像とか、ダメですね。トラウマになりそうです。
貞子とかはもう、国民的アイドルですので、アレですが映画見たら怖いんだろうなぁ。映像のインパクト、すごいですよね(ガクブル)

お気づきの通り、あえていろいろ書き切っていないところがあります。そこは読者さんに脳内補完していただこうかと。
で、後半の支離滅裂な部分は、現在の「わたし」に起きていることと、別の「わたし」の身におきたことの追体験が入り混じっている状態です。「彼」の記憶を通して、あの場所でそれが再現されている、ということでもあります。ただ、このあたりはある程度の幅をもたせていて、どのように読んでいただいてもいいと考えています。
ただ、なにも禁忌に触れていないのに、ああいうものに祟られてしまうという部分が、あの足跡の場面であり、このお話のホラーな部分です。

あの「わたし」の復讐、怖いですよね。される側にも問題はありますけど、全く一方的で回避とか選択の余地がないですからね。そして、おっしゃる通り、そんな人の心に、岬にもともと吹き溜まっていたモノが反応したということもあると思います。

おお、そうですね。大海彩洋さんって、そういうモノがいそうな場所にお出かけですよね。くれぐれもご注意くださいね。

あ、やはりR15は不要? 皆さんそういうご意見なんですね。外そうかな、あのタグ。

コメント、ありがとうございました。

1526: by 夢月亭清修 on 2018/08/12 at 23:57:28

こんばんは!ホラー好きなもので、飛びつきました。笑
ホラーとしての前振りは色々とありましたが、それでも予想の上を行く展開で面白かったです^^
「悪魔に心を売り渡した」的な部分も、それが狙いだったと読めば、まさに悪魔というか、あの男がただの霊では収まらない雰囲気で怖かったです。

1527:>夢月亭清修さん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/08/13 at 22:25:58 (コメント編集)

>夢月亭清修さん

読んでくださって、ありがとうございます!
ホラーは敷居の高いジャンルでして、七転八倒の末にこんな作品を書き上げました。いやぁ、ホントに難しい。
前半の仕掛けと後半のドタバタがうまくいっているか心配でしたが、「予想の上を行く展開」と言っていただけて安心しました。

あの女性も、ある意味では身勝手であったわけですが、ちゃんと当局に届けるつもりでいたなら、あそこまで追い詰められることはなかったかもしれません。
もっとも、「彼」はあの辺りに漂っているモノの中でも、かなりタチが悪いようです。なにせ、なにも禁忌に触れていない相手に対しても、祟りをなそうというのですから。

コメント、ありがとうございました。

1536: by けい on 2018/08/31 at 19:40:04

遅くなりましたが、TOM-Fさんのホラーにお邪魔です。
ホラージャンルが遅くなった理由でもあると言い訳を…(汗)

怖いというよりも、幻想的という感じかな。
現実と虚構と妄想とが絡み合って、一つの物語からいくつもの事情が繋がっていくのが面白かったです。

男も女もいくつかの顔を持っていて、それをちらつかせ、表情を持たせ、物語を語らせる。
迷路の先は……読者によって、行きつくところが違うのでは。
すごく勉強になりました!

1539:>けいさん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2018/09/02 at 16:10:53 (コメント編集)

>けいさん

ホラーというと、ちょっと敷居が高いですよね。
どうもスプラッターと結びついて、えぐい内容というイメージがあると思いますし、ほんとお読みいただけて嬉しいです。

今回のホラーは、おっしゃる通り幻想的な雰囲気を狙っています。
現実のリアルな風景にしのびこむ心霊的なもの、禁忌に触れていないのに、そこに行っただけで巻き込まれる、という部分にホラー要素を持たせてみました。
現在起きていることに、過去の出来事の残留記憶がからみつくという構造で、それを二人の女性に同時に語らせるという手法ですが、上手く書けていたかどうか不安でしたが、楽しんでいただけたようで安心しました。

そうですね、あの迷宮の先は、皆さんそれぞれに想像していただけると嬉しいですね。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

WEIN02 bn

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク