RSS

雛見沢訪問記

今週は先週に引き続き、「ひぐらしのなく頃に」の関連記事である。

こちらは、ゲームなどの舞台となった『雛見沢』のモデル(背景)として使われた、とある有名な山村を訪問した記事の再掲載である。

いわゆる「聖地巡礼」というものだ。
え、痛いヤツですって?
たしかにそうだが、この記事、観光案内としても少しは役にたつので、ご用とお急ぎでなければ、お付き合いくださると嬉しい。

なお、この記事にはゲームのネタバレや、ホラー的な要素はいっさい書かれていないので、その点もご安心いただきたい。


『雛見沢訪問記』

 先の記事で紹介した、ビジュアルノベルゲーム「ひぐらしのく頃に」の舞台となった『雛見沢』を訪れる機会ができた。

  P1000098s.jpg 城山展望台付近より = タイトルバック

『雛見沢』はもちろん架空の山村なのだが、そのモデルとなった実在の村落がある。
 岐阜県大野郡白川村、世界文化遺産登録の合掌造り集落、白川郷と言ったほうがわかりやすいだろう。
 白川郷には、ゲームをプレイする前に一度、観光で来たことがある。郷愁をかき立てられるような風景が広がる村落で、ゆっくりとその雰囲気に浸りたいところではあるが、諸般の事情によって滞在時間が小1時間ほどしかない。今回は、ゲームに登場した有名ポイント(聖地)だけをかいつまんで、駆け足で回ることにした。

 白川郷は、繁忙期には観光客の行列ができるほどの人気観光地だから、6月中旬の平日だというのに観光客の姿は多かった。そんな普通の人々に紛れて、聖地を訪ねる巡礼者たちが、今もなお相当数存在する。
 有名どころの城山展望台や和田家も、巡礼者には登場人物である『古手梨花』のハイキング先であり、『園崎姉妹』の実家なのである。

  P1000095s.jpg 城山展望台付近 = 梨花のハイキング先
 
  P1000124s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家

  P1000125s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家座敷

  P1000127s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家地下通路

  P1000129s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家からの眺望

 そして、普通の観光客は見向きもしないありふれた坂道や、倉庫や、人家も、『嘘だ!』の坂道であり、通学路であり、『古手梨花』の家であり、『北条沙都子』の実家であり、『竜宮レナ』の家であり、大臣の息子の監禁場所であり、『入江診療所』であり、『前原圭一』の家などの重要な場所なのだ。

  P1000111s.jpg 城山展望台の麓 = 「嘘だ!」の坂道

  P1000101s.jpg 城山展望台への道 = 通学路

  P1000103s.jpg 城山展望台の麓 = 古手梨花と北条沙都子の家

  P1000107s.jpg 城山展望台の麓 = 北条沙都子の実家

  P1000110s.jpg 城山展望台の麓 = 竜宮レナの家

  P1000105s.jpg 城山展望台の麓 = 大臣の息子の監禁場所跡

  P1000121s.jpg 白川診療所 = 入江診療所

  P1000146s.jpg 白川クリーンセンター = 前原圭一の家
 
 聖地めぐりをする巡礼者のような人種は、世間ではオタクなどと揶揄されたり、白眼視されたりすることが多いが、出会った人々は例外なく常識的な言動をしている普通の観光客だった。とはいえ、同じ志を持つ巡礼者同士だから、見ず知らずの人でも挨拶したり会話を交わしたりと、そちらの楽しみもあった。
 さて、聖地は密やかな場所が多いのだが、その中でも例外的に異彩を放っているのが白川八幡神社だ。
 
  P1000136s.jpg 白川八幡神社 = 古手神社

  P1000139s.jpg 白川八幡神社 = 古手神社拝殿
 
 ご覧のとおりごく普通の神社にしか見えないが、ゲームでは『古手神社』という最重要な場所である。
 この場所に深く関わる『古手梨花』の人気も手伝って、拝殿脇に掛けられている絵馬のほとんどすべてがゲームに関連するものという有様だった。さしずめ、聖地のなかの聖地、「ひぐらしのなく頃に」のメッカといったところか。

  P1000141s.jpg 白川八幡神社の絵馬

 「ひぐらしのなく頃に」は、舞台となる『雛見沢村』の社会的状況や因習や自然といったものが、作品世界そのものを構成しているという稀有な作品である。
 今回は、作品に描かれた『綿流し祭り』とほぼ同じ時期にその舞台を訪れたことで、作品世界をまさしく実感することができたし、奥の深さも理解できた。できることなら時間を作って、もういちどプレイしてみたいものである。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1258:へえ〜 by 八少女 夕 on 2016/12/22 at 07:11:29 (コメント編集)

こんばんは。

この作品の舞台のモデルって、あの世界遺産の村だったのですね。あの村はもちろん知っていて、いずれは行きたいなあと思っていました。

そうか。あそこには「世界遺産だから行ってみよう」の観光客の他に「ひぐらしのなく頃に」の聖地巡礼にいらしている人もいるのか! うぉう。

でも、TOM-Fさん、時間がなくても外せないのは「聖地巡礼」の方なんですね。さすがマニアは違う。
(褒め言葉です、キリッ)

TOM-Fさんも絵馬を納めていらしたんでしょうか。そもそもそういう絵馬って、何を書くのかしら。

二回にわたり、興味深い記事をありがとうございました!

1259:Re: へえ〜 by TOM-F@管理人 on 2016/12/23 at 17:01:29 (コメント編集)

>八少女夕さん

モデルと言っても、あくまでもCGと合成するための背景写真という意味なんです。
でも実際にあそこに行ってみると、作品の舞台としてイメージしていたんだろうな、という印象を受けました。
だからこそ、たんなる「風景探し」ではなく、作品世界との一体感を味わえるのかな、と思います。
巡礼者はけっこう多くて、しかも一般的な「観光名所」には見向きもせずに、紹介したような場所に集結するので、お互いすぐに信者だとわかっちゃうんですよね。見知らぬ人なのに、妙な親近感を感じたり(笑)
絵馬にはアニメ絵やキャラ絵やらが書かれていて、普通のものとはあきらかに一線を画するものでしたよ。しかもちゃんと専用の場所が用意されているという行き届きっぷりで(笑)

ネタ枯れの折に、いいネタを振り込んでいただいて、喜んでいます。
お目汚しでしたでしょうけど、まあ、こういう世界もあるんだということで(笑)

コメント、ありがとうございました。

1260:こんばんは~ by 山西 サキ on 2016/12/23 at 22:57:47 (コメント編集)

おお、これはすごい。
素敵な村ですね。あ、当たり前か、世界遺産ですものね。
でもTOM-Fさんの情報収集能力は相当なものです。小一時間のうちにこれだけのロケーションを・・・・
1枚1枚の写真の解説を読ませていただきながら、原作はたぶんこんな感じなんだろうなぁ・・・と想像しています。
おっと、危ない危ない、うっかり始めてしまいそうで恐いです。
だって、入り込んだら出てこれなくなりそうですよ。そして立ち直れそうにないです。これ。
絵馬は驚きました。しかも専用コーナーですか?驚きですね。
先は結構オタクですから(もうほとんど元祖オタクの年代です)、こういうのにはまっちゃうと大変なんだよなぁ。
買ってこないようにクギを刺しておきます。
巻き込まれたら大変ですから。

1261:ほお~ by 大海彩洋 on 2016/12/25 at 22:31:42 (コメント編集)

この『ひぐらし……』がどんなお話なのかよく分からないままですが、解説によるとかなりなホラーなのですね……そうかぁ、タイトルからも夕さんがアップされたYou Tubeの曲の感じからも、ホラーとは思えない。まさかホラーとは思わずに手を出してしまう人もいそうな感じに思えました。
しかも、舞台のモデルが白川郷ですか。私が行ったのも、休日ではなかったのですが、なかなかの人出でした。世界遺産ともなると人が少ないときに行くのも難しいですよね。駐車場に入るのに少し並んだりもしたので、私もあんまりゆっくり過ごす時間はありませんでした。人の少ないときにゆっくりできたらいいところなんだろうなぁ~。でも人が多いと居場所がなくなるような感じもあり。
ホラーはともかく、写真の景色は懐かしい気持ちで拝見いたしました。

聖地巡礼、流行っていますね。でも私も約30年前からやっていたので、きっと普遍的なものなのでしょう。私が行った最もすごいところは、イタリアの田舎、映画監督のタルコフスキーが『ノスタルジア』で使った教会の地下でした。もちろん観光案内にも乗っていない、イタリアの詳細な地図を取り寄せて、地図だけを頼りに行ったという……
まぁでも、今やっている巨石の旅も、ある意味で聖地巡礼かぁ。きっと旅って、多かれ少なかれそんな要素があるんですね。

1262:Re: こんばんは~ by TOM-F@管理人 on 2016/12/27 at 00:04:01 (コメント編集)

>山西サキさん

そうなんですよ、白川郷はいいですよ。
関西からは意外と遠い(時間的に)ですけど、機会があればぜひお出かけください。
聖地巡礼は、そういう情報がネットにごろごろころがっていまして。まあ、蛇の道は蛇ってやつですね。
そうですね、「ひぐらし」は怖いもの見たさみたいな感覚で始めると、ほんとにトラウマ負いますので、くれぐれもご注意を…って煽ってるようにしか見えないじゃん(笑)
絵馬がほんとうに「絵」馬になってまして、みなさんイラストがお上手で…。
あ、先さんならプレイなさっているかも、と思っていましたが、さすがにそれはなかったですか。耐性をお持ちのようですので、こっそりとプレイなさるのも一興かと(サキさん、すみません)

コメント、ありがとうございました。

1263:Re: ほお~ by TOM-F@管理人 on 2016/12/27 at 00:04:58 (コメント編集)

>大海彩洋さん

そうそう、一見爽やかそうなタイトルや、旋律の美しい曲集に騙されてはいけません。真正の超弩級ホラーサスペンスです。お気軽に始めてしまって、いまだにトラウマ引きずっているヤツが、ここにいますからね(笑)

白川郷は、一年を通して人気がある観光地ですよね。
私はたまたま夏場に二回行ったのですが、いずれも観光客がゾロゾロと。なので、山里の雰囲気を味わうのは、無理でした。
城山展望台と和田家住宅には行かれたのではないかと推察します。ああいう観光地って、人が少ないとそれはそれで、居づらい雰囲気もありますよね。

聖地巡礼、誰が言いだしたのか、上手いこと言ったものだと思います。
大海彩洋さんには遠く及びませんが、私もずっと昔に、映画の舞台になった広島県のとある海辺の町を「聖地巡礼」したことがあります。ノスタルジックを地で行くような旅でした。懐かしいなぁ。
それが何であるかは人それぞれですが、目的をもって訪ねるといのは、旅の趣を深くする要素だと思いますね。えてして、そういう旅は時間が経っても、記憶に新しいものですし。

コメント、ありがとうございました。

1264: by ポール・ブリッツ on 2017/01/04 at 21:41:46 (コメント編集)

明けましておめでとうございます。

聖地といえば、わが県には「大洗」という聖地がありまして、あまりに聖地すぎてこのところ行ってません(^^;)

茨城県の夏の海水浴のメッカだったんですけど……。

アニメってすごいなあ(^^;)

1265:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2017/01/05 at 14:25:16 (コメント編集)

あけましておめでとうございます。

大洗? 聖地? でググってみたら、ガルパンでしたか。
たしかに夏は海水浴、冬はアンコウ鍋のメッカでしたね。

アニメの聖地は、効果がすごいです。町興しにも使えますね。
もっとも、ついていけていないと、逆に引いてしまいますけど(笑)

今年も、よろしくおねがいします。

コメント、ありがとうございました。

1274: by つるけいこ on 2017/01/21 at 06:02:29 (コメント編集)

最新の記事を見ようと思ったのに思わずこちらを開いてしまいました!(笑)
おお~、白川郷がモデルだったんですか。わたしが行ったときは外国人だらけで、バスツアーは日本人が四人しか乗っていなくて、英語の案内の後におまけ程度に日本語の案内があるというちょっぴり悲しい状況でした。でも和田家は壮観でしたね~。想像していたよりも迫力があって、びっくりしました。それに日本の建物ってなかなか古いものが残っていないことが多いから、本当の古いものというのはわたしにとってすごく嬉しいです。
で、で、外国人ばかり目に入って、そんな巡礼者がいたとはちっとも気がつきませんでした!
えっ、びっくりしたんですけど、巡礼者同士、見分けがつくんですか? そして、会話もしたんですか!
知らない世界を垣間見てしまいました。(笑)

1276:≫つるけいこさん ありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2017/01/23 at 18:23:05 (コメント編集)

≫つるけいこさん

コメント返信が遅くなり申し訳ありません。

こちらの記事も見ていただけたんですね。ありがとうございます。
ちょっと、というか、かなりオタクな記事だったので、嬉しいような恥ずかしいような……。

「ひぐらしのなく頃に」の実写背景は、白川郷の風景が使われています。他にも山村はいっぱいあると思いますけど、いいところを選んだなぁと思いました。
白川郷、外国人の観光客も多いですよね。でも、そこまで偏ってというのは、すごいかもです。
日本建築は、基本が木と土と紙ですからね。たしかに古い建物って、あまり残っていませんよね。白川郷の合掌造りも、維持するのは大変みたいですよ。
え、巡礼者? ああ、彼らはあまり目立ちませんからね。観光名所には見向きもしないで、観光客が素通りするような所ばっかり行ってますので。で、当然のごとく、そういう場所で会うのは巡礼者ばかり、と。まあディープな世界です(笑)

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク