RSS

小説『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』第70話


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/


フェアリーテイルズの定期更新です。
今回は一週間遅れた。
すみません、言い訳します。先週はほぼ一週間、B型インフルエンザに罹って、頭が回っていませんでした。予防接種してたのになぁ、ちぇっ。

で、お待たせしました、今回は本編(MainStory)の続きです。
瀕死のエミリー、動けないマイケルとハノーヴァー公。この大ピンチを、彼らがどう切り抜けるのか、あるいは切り抜けられないのか。
結果はどうであれ、デイビッドとの戦いにいちおうの決着がつきます。

このシーン、書いていて気持ちは良かったのですが、勢いで筆が走りすぎて文章が上滑りしているような気がします……。
でも、ま、いいか(爆)

いろいろとワケワカランことを書いていますが、内容については、あまり深く追及しないでくださいね。
所詮はアニメ脳作者の考えたことですので、さらっと読み流してお楽しみいただければ幸いです。
ええ、この作品、基本的に「お伽話」の類ですので(笑)

次話は、3月17日(水)くらいに更新する予定です。


――なんとかしなければ。
 この身体では、あそこまで行き着くことはかなうまい。ならば、ここから出来ることをやるしかない。
 マイケルは、腹這いになって銃を構えた。照星の向こうに、デイビッドの持つエクスカリバーを捉える。残弾は一発。やりなおしはきかない。
 銃を握る掌、引き金にかけた指、そのすべてに神経を研ぎ澄ます。


   第70話 6.13 神々の黄昏(Layer:1 Main Story)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。

※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1135:うわうわうわ by 八少女 夕 on 2016/03/03 at 06:26:18 (コメント編集)

こんばんは。

インフルエンザ!
お加減はもういいのですか?
ご無理なさらずにしっかり養生してくださいね。
美味しいものをいっぱい食べるんですよ〜!
お大事に。

ハン・ソロにいいところを全部持っていかれても主役サイドに残った甲斐がありましたね、マイケル!
最後の一弾、ばっちり!
公爵様が寝てただけなのは残念だけれど、さすがにそこまで見せ場は奪えなかったか。

そして、エミリーでもセシルでもなく?
なんかもっとすんごい方が登場しちゃったのでしょうか? もちろん相変わらず全然わかっていないんですけれど。

とりあえず、デイビッドはいなくなった? でも、この後、どうなっちゃうんだろう? エミリーは?

病み上がりのところ、恐縮ですが、続きをお待ちしています。

1136:どきどきどき by 山西 サキ on 2016/03/03 at 20:31:31 (コメント編集)

いや~、上滑りどころか、かなりかっこいい!!!
作戦が成功したはいいですが、エミリーに何が起こったのでしょう?
相変わらず、台詞がかっこいいですねぇ。
じゃぁ、エミリーの姿をしている者はいったい誰?
マイケルの起死回生の一発、ようやく出ましたね。ちゃんと活躍してる。しかも最後の最後に、ちょっとだけですけれど、でも相手が大きすぎますよね。普通の人間にはこれだけで精一杯、ってこれだけでも人間にはなかなかできない事だと思うんですけれど、マイケル、頑張ってますよ。
マイケルの活躍、エミリーに認めてもらえたらいいんですけど、すでにエミリーがエミリーで無いような、そしてセシルでも無いような・・・。
デイビッドの去り際の台詞がすごく気になりますが、この後どう持って行きます?TOM-Fさん。え?17日まで待てと?

インフルエンザお大事に。もう完全復活されてますか?

1137:Re: うわうわうわ by TOM-F@管理人 on 2016/03/04 at 20:03:08 (コメント編集)

≫八少女夕さん

インフルエンザ、何年ぶりかなぁ。
今年は予防接種の型が合っていなくて、かかっちゃいました。でも症状は軽くて、微熱でだるかったくらいです。今はもう、完全回復しまして、普通に出勤しています。
心配していただいて、ありがとうございます。はい、美味しいものをしっかり食べて、病気太りしておきます(笑)

あの映画だと、ヒロインまでハン・ソロにお持ち帰りされちゃいますけど、さすがにそこまではね。あくまでも主人公はルーク……もとい、マイケルですので、ヒロインがらみではしっかりと活躍させておきました。
え、公爵閣下ですか? もちろん、このまま寝かしてはおきませんよ。お楽しみに。

「彼女」が何者か、わざとわかりにくくしています(意地悪)ので、ご安心ください(いやそうじゃないだろ)最後にちらっと触れますが、それまではいろいろとご想像いただければと思います。

デイビッドは退場ですが、このシーンはまだ終わりません。えへへ。
がんばって二週間先に更新しますので、少々、お待ちくださいませ。

コメント、ありがとうございました。

1138:Re: どきどきどき by TOM-F@管理人 on 2016/03/04 at 20:04:14 (コメント編集)

≫山西サキさん

お、久しぶりのコメント遊びですね。

かっこよかったですか? よかった。安心しました。
紆余曲折したマイケルの作戦ですが、なんとか成功しました。作戦勝ち、というより、敵の失策という感じはしますが(笑)
闘っているのは超人たちですからね、普通の人間のマイケルにしては、大健闘だと思います。彼の活躍は、のちほど誰かさんが、きちんと(?)評価してくれることになっています。
そして彼女の正体も、物語の最期ちかくで、誰かがぽろっと白状します。お楽しみに。
デイビッド、思わせぶりですよね。はい、これは書く可能性の極めて低い、続編への伏線になっています。ああ、構想ばかりが膨らんでいくorz

インフルエンザは、全快しました。症状自体は、そんなにきつくなかったんですが、続く微熱がだるくて、まいりましたが。

次回は、再来週の予定です。頑張りますので、ぬる~く見守ってやってください。

コメント、ありがとうございました。

1139:大丈夫ですか? by 大海彩洋 on 2016/03/06 at 12:50:05 (コメント編集)

インフルエンザだったそうで……いつも思うのですが、電車通勤の人って大変ですよね。あの空間、絶対に危険以外の何ものでもないと思うのです。気を使っている人もいるけれど、気遣いの全くない人も多いし。
快復されたようですが、まだ微妙な季節。お互いに気をつけましょうね!

何てのはともかく。
マイケル、良かった。ちゃんとTOM-Fさんに活躍の場を残しておいてもらえて……うん、微力とはいえ、何かを成し遂げるのがヒーローの役割。あ、成し遂げたかどうかは微妙のようですが、ちょっと言っていることもかっこよかったじゃないですか。そうそう、彼女を救えなければ意味がないんですよね。いや、Main Storyで粘り勝ちってところでしょうか。ほんと、ゴジラとキングギドラが闘っている足元で走り回っている蟻程度のイメージでしたが、蟻の一刺しが象をビビらせるようなこともありますものね。
でもちょっとデイビッドがかっこいいんじゃない? なんて思っている私です。

でもって、エミリー、セシル、それも越えちゃった女神の降臨? うわ~ここでまたお預けなのかぁ……う~む。お待ちしていますね!

1140:Re: 大丈夫ですか? by TOM-F@管理人 on 2016/03/07 at 23:08:39 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

忘れかけた頃のなんとやら、予防接種もしていたし、そろそろシーズンも終わりだよな、なんて油断していました。
たぶん通勤電車でもらったんだと思うんですけど、今年のB型は症状がほとんどないので、どうも心当たりがないんですよね。
おかげさまですでに全快しております。が、会社ではまだ流行しているので、要注意です。大海彩洋さんも、ご多忙の様子ですので、ご自愛くださいませ。

さて、マイケルですが。
ここにきて、ようやくの活躍(なのか?)です。いやあホントに、キングギドラが蟻の巣に足を取られてひっくり返ったところに、運悪く(?)ゴジラの口からアレが吐かれて……的な展開です。なんのこっちゃ。
そうですよね、主人公はヒロインを救ってナンボですよね。よし、この先の展開もそれでオッケーだな!
デイビッド、意味深な去り際でしょ。ふっふっふ……。
彼女の正体については、物語のラスト付近で、とある方がぽろっと口に出します。お楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク