RSS

小説『再会』―『妄想らくがき企画・狐画』に寄せて

小説ブログ『DOOR』のlimeさんが、イラストを描かれた。
  limeさんの記事はこちら→ 『狐画』

limeさんのイラストには、毎度のことながら心を動かされる。
今回は、妖艶さが満点のイラストで、お互いの眼差しにどきりとさせられた。これ、ぜったいなんか会話してる……。そんな妄想から、掌編を書いてみた。
すでに何人かの方がすばらしい作品を書かれていて、いささかかぶった感がある。しかも、イラストのイメージと毛色が違っていたりする。そこは、大目に見ていただければありがたい。

limeさん、いつもイラストに不相応な、しょうもない小説になってしまってすみません。
お馴染みの132文字ツィッター小説。オチなし、です(笑)

※掲載させていただいたイラストは、limeさんが描かれたものです。無断使用等は禁止です。


 160125-01.jpg


『再会』

見つけたぞ。

「見つけた?」

そうとも、そなたを探していた。
そなたはけして、私からは逃れられない。
出会い、別れ、そしてまた出会う。
それが、われらのさだめ。

「さだめ?」

繰り返すこと五度。
いま千年の時は満ちた。
辛、班足、幽、そして宗仁よ……、

今生の名を答えよ。

「俺は……」

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1109:そうか!この狐…… by lime on 2016/01/25 at 18:42:51 (コメント編集)

TOM-Fさん、妄想企画に参加してくださってありがとうございます!

ああ、そうでした。TOM-Fさんと言えば、132文字Twitter小説。今回も限られた文字数で、壮大な物語を!

再会。この女狐の正体は、九尾の?・・・
はるか昔、世界各地で男を惑わし、酔わせた罪作りな女狐さんなのでしょうか。
だとしたら・・・この男が彼らの転生の魂なのね!

うわあ、見つかっちゃった?
男はなんて答えるのでしょうか。
その返答を想像するのも楽しいですね^^
(いや、私の想像が全然違っていたらごめんなさい。)
いやあ、みなさん、引き出しが多いなあ……。
ちょっと色っぽい狐のお姉さんを描いてみたくなっただけの私が・・・、恥ずかしい^^

TOM-Fさん、素敵なSSで参加してくださってありがとうございました!

1110: by 山西 サキ on 2016/01/25 at 22:20:33 (コメント編集)

うわ!132文字で実に壮大な。
そしてなんとロマンチックな。
千年一またぎの感がありますね。
名前、これは実に重要です。ある意味命よりも大事な情報かも・・・。
彼はどう答えるのでしょう?

1111:うわっ by 八少女 夕 on 2016/01/26 at 06:34:31 (コメント編集)

こんばんは。

千年を132文字で?
5000字で「説明しきれない」と悩んでいる私って……。

ともあれ、平安時代からの縁、狐に魅入られたまま転生を繰り返している人なのですね。
今の名前は、なんだろう。

これからの壮大な物語を感じさせる素晴らしい作品でした。

1112: by つるけいこ on 2016/01/26 at 15:04:20 (コメント編集)

わあ、素敵な絵ですね!
確かに物語が浮かんできそう。
でもでも、まさか九尾とくるとは!
たった132文字なのに悠久を感じさせてロマンがあります!
イラストと、というより、いつものTOM-Fさんのツイッター小説と毛色がちがっていて面白かったです♪

1113:Re: そうか!この狐…… by TOM-F@管理人 on 2016/01/26 at 23:21:05 (コメント編集)

≫limeさん

こちらこそ、面白いイベントにまぜてもらえて、楽しかったです。
拙作のご紹介とリンクも、ありがとうございました。

お手軽なものですませてしまったなぁと思っていましたが、壮大な物語だと言っていただけて嬉しいです。
お察しのとおり、あの子は九尾の狐に見立てました。あの妖しげな眼がゾクゾクきます。男どもが狂うのもしかたないかと。
世を乱し破滅していった男たちの転生であるこの青年、またまた憑りつかれそうですが、さてどう答えるのか。すみません、そこは決めていなので、ご自由にお楽しみくだされば幸いです(無責任!)
この妄想が湧いたのも、ひとえにlimeさんの魅惑的なイラストのおかげです。感謝しています。
また機会があったら、飛び入りさせていただきますね。

コメント、ありがとうございました。

1114:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/26 at 23:22:10 (コメント編集)

≫山西サキさん

壮大でロマンチック……えへへ、嬉しいですね。
九尾の狐クラスになると、千年くらいの時間は、長めの休暇くらいなんでしょうね。そういうイメージで書きました。
狂わされて破滅させられた男たちの魂を引き継いだ青年、いったい今生では「誰」なんでしょうか。設定ではそこまで決めていないので、あれこれご自由に楽しんでいただければ幸いです。

コメント、ありがとうございました。

1115:Re: うわっ by TOM-F@管理人 on 2016/01/26 at 23:23:07 (コメント編集)

≫八少女夕さん

一文字で約7年半という計算にって、そんな話じゃないか(笑)
もう端折りまくりですからね、説明も構成もオチも、なにもかもあったもんじゃない。そんな作品です。
青年が一方的に、という感じではなく、対等に近い関係でなにかを語り合っている。そんなイメージがわきまして。だから、九尾の狐の化身と、関係した男たちのお話になりました。この青年、いったい誰でしょう。
ここから、お話を展開させてみたい気もしますが……いかん、いかん、また書く書く詐欺が(爆)

コメント、ありがとうございました。

1116:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/26 at 23:23:46 (コメント編集)

≫つるけいこさん

でしょでしょ、なんか妄想が掻き立てられるんですよね。
一枚の絵がこれほど雄弁なんですから、つるけいこさんもそうですが、ほんとうに絵描きさんたちの才能が羨ましいです。
はい、まさかの九尾です。妖怪のなかの妖怪ってヤツですね。三千年くらい生きている(?)ヤツですから、仰る通り悠久のロマンです。私の文というより、モチーフにした相手がすごかったというところですね。
えへへ、たまにはこういうのもいいかな、と思いまして。楽しんでもらえてよかったです。

コメント、ありがとうございました。

1125:ご無沙汰しておりました by あかね on 2016/02/08 at 12:44:36

お邪魔します。

この絵をこんなに少ない文字数の物語に……すごいです。
と、どこかのアイドルみたいな台詞になってしまいました。

ツィッター小説って、短歌なんかに近いところがありますよね。私もやってみたい……いつかきっと書いてみます。
無理かもしれませんが。

今生の名は「原田です」なんて、もはや私は完全にいろんな方の影響を受けてしまいましたので、早めに書いてよかったかもしれません。

1126:Re: ご無沙汰しておりました by TOM-F@管理人 on 2016/02/08 at 23:47:45 (コメント編集)

≫あかねさん

こちらこそご無沙汰しております。

あのイラストで、なんか書けるかなと考えたときに、すごく壮大なお話が浮かんでしまいまして。でも書き始めても、たぶん最後まで書き切れないだろうなと。
皆さんのように、コンパクトかつ面白くまとめられたらいいんですけどね。
それで、いっそのこと、ツィッター小説にしちゃえとなったわけです。
あれ、やってみればそんなに敷居は高くないですよ。ぜひお試しになってください。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク