RSS

花びら餅 2016年のお正月


遅ればせながら……
新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は、お世話になりました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ここのところ、記事は小説ばかりになっている。
さぼっているわけではないのだが、更新も月に二回ペースになっている(さぼっているじゃん)

そんなわけで、今年の最初の記事は、すこし変化をつけてスイーツの話題だ。
ご紹介するのは、これ。

  160106-01.jpg
  ※画像はフリー素材です

ご存じ、花びら餅だ。
お茶、とくに裏千家の茶事に親しんだ方なら、お正月の菓子といえば、この花びら餅をさいしょに思い浮かべるだろう。もちろん、そんな堅苦しい話でなくても、和菓子が好きな人ならだれでも名前が上がる新春の代表的なお菓子だ。

白い表皮が求肥(ぎゅうひ)で、透けて見えるピンクの中身は、白味噌餡をピンクの餅で包んだものだ。
この和菓子、見た目はとても可憐なのだが、芯になっている食物にどうしても目が行く。
木の枝のように見えるのは、牛蒡である。そう、ゴボウ。あの固くてエグい根菜である。もちろん、和菓子としていただけるように、甘く煮込んであるのだが、なんで和菓子にゴボウなんだ、と思う。
おそらくは、花びら餅の元になったと言われている、平安時代の「歯固めの儀式」に供された宮中のお節料理の名残だろう。
この和菓子、有名な菓子舗が作って宮中のみに納められていたものを、明治時代になってから裏千家が初釜(年明け最初の茶会)で使うことを許され、そこから今日のように広まったらしい。
花びら餅の「花びら」は、文字通りの花弁のことではないのだが、現在では、ゴボウの部分を梅の枝に、求肥に包まれたピンクの部分を雪をまとった梅の花に見立てたりもするようだ。むしろ、そちらの見立ての方が、この和菓子には似合っているように思う。

閑話休題。
さて、この花びら餅をモチーフ(駄洒落じゃないよ)にした、132文字掌編ツィッター小説を書いた。
結局そうなるのか、というツッコミはナシで(笑)
じつはこれ、現在執筆中のとある小説のネタになっている。自分で読んでも赤面するくらい恥ずかしい掌編なので、軽く読み流していただきたい。
 月刊・Stella(ステルラ)12-1月合併号参加 小説・短編  stella white12


「花びら餅」

 年のはじめの 初釜は
 あなたの笑顔と ともにある
 花を飾り 歌を詠み
 茶を立てて 春を寿ぐ

 花びら餅は
 重ねて包んだ あなたの心
 娘は母に 母から娘に
 変わりゆくもの 変わらぬもの
 秘めた想いは ほんのりと
 薄紅の 色を差す

 今年もまた 会えるだろうか
 枝の先で 春を告げる
 花弁のような
 あなたの笑顔に
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1089:あけましておめでとうございます(^^) by 大海彩洋 on 2016/01/06 at 20:09:48 (コメント編集)

花びら餅、私も毎年この季節には食べております。実は結構好きなのです。白味噌餡と牛蒡が何とも意外で素敵なハーモニーになっていますよね。他の季節にわざわざ和菓子屋に行くことはないのですけれど、この季節は絶対に行きます(^^) 今年は2つも食べちゃった。
以前はお茶を習っていたので、毎月のお菓子は楽しみで、中でも花びら餅は私の中で最も好きなお菓子。値段が高いのが、玉にきずですけれど。

さて、そんな花びら餅をモチーフにしたツイッター小説。またまたTOM-Fさんならではの素敵な世界でした。で、現在執筆中のとある小説のネタっていうのが気になりますが、ラブラブなムードが何とも微笑ましくて(確かにちょっと顔が赤くなっちゃうけれど)……新春にふさわしい掌編、ありがとうございました。
さて、昨年は本当に色々とお世話になりました。そして、今年も色々と交流できることを楽しみにしております。今年もよろしくお願い申し上げます。

1090: by ゆさ on 2016/01/06 at 23:34:49

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

花びら餅だー!わたしもお正月にいただきました。
きれいなお菓子ですよね(゚∀゚)☆
ごぼうはわたしもちょっと…と思うのですが(しょっぱいし)、裏千家初釜の菱葩に使われる押鮎に見立てたらしいという説がありますね…
食べ物は食べ物なのでおいしくいただくんですけどね。

ツイッター小説にきゅんときました!新年初キュン…(笑)
ほんのりと薄紅色の和の世界が目の前に広がるようです。
素敵な作品ありがとうございましたっ(´▽`)

1091:わ〜い by 八少女 夕 on 2016/01/07 at 05:23:40 (コメント編集)

こんばんは!

花びら餅、大好きです。
求肥が好きなのと、ごぼうも好きなんですよ。
確かにいわれてみると変な組み合わせだけれど、合うんですよね。でも、もうどのくらい食べていないだろう。あれ、お正月以外、見かけませんよね。

そして、このツイッター小説。
相も変わらず見事です。こんなに短いのに。
5000字もかけて、「もう減らせない(泣)」と悩んでいる私と大違いだ。

これは、あの方と、ママですね?
恋人とのラブラブとも読めるけれど。

で、これが来るのですね。わ〜い。

赤面、いいじゃないですか。
私もいま「なぜ私がこんな超赤面掌編書いているんだ?」と首を傾げるものを校正中です。くっくっく。

今年もTOM-Fさんの胸キュン小説を楽しみに通わせていただきます!

1092:Re: あけましておめでとうございます(^^) by TOM-F@管理人 on 2016/01/07 at 23:30:32 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

あけまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

花びら餅、美味しいですよね。見た目も可愛いし。
たしかにちょっと……だいぶ高いけど。まあ、お正月ですから(笑)
京都の和菓子屋さんまで足を運べたらいいんですけど、さすがにそれは無理なので、梅田のデパ地下で手に入れました。

お恥ずかしい小説をお目にかけてしまいました。
これ、「花心一会」の次話のネタなんですが、「ラブラブなムード」というの、ちょっと憶えておいてくださると嬉しいです。今月中には、アップできるかなぁ。

今年もまた、かまってやってくださいませ。
コメント、ありがとうございました。

1093:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/07 at 23:31:42 (コメント編集)

≫ゆささん

あけまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

おお、ゆささんもお正月に召し上がられたんですね。きっと和服で、お抹茶といっしょに、ですよね。素敵だなぁ。
花びら餅、ほんとうに綺麗なお菓子ですよね。ゴボウはおっしゃる通り、鮎に見立てたものらしいですね。シロップで煮てあっても、やはりゴボウは口のなかで存在感を主張してきますよね。他の食材、なかったのかなぁ。

お恥ずかしい小説ですが、きゅんとなっていただけて嬉しいです。よし、ゆささんの初きゅんゲットしたぜ(笑)
作品のイメージは、まさに裏千家の初釜です……って、行ったことないけど(笑) 機会があったら、行ってみたいですね。

コメント、ありがとうございました。

1094:Re: わ〜い by TOM-F@管理人 on 2016/01/07 at 23:32:54 (コメント編集)

≫八少女夕さん

お、八少女夕さんも、花びら餅がお好きなんですね。
お好きな方が多くて、なんか嬉しいです。
あのお餅、もとはお節料理だったり雑煮だったりしたものを、一緒くたに詰め込んだものらしくて。餡子も味噌餡なので、まあゴボウが入っていてもけっこう美味しくいただけますね。
やはりそちらでは、手に入らないのでしょうね。こちらだと、年末から年始にかけて、和菓子屋さんならだいたい売っていますね。けっこう高いけど(笑)

で、掌編ですが……。
書いているときは、いいんですよ。舞い上がってますから。読み返したときが、悲惨なんですよね。悶絶しそうです。
これ、「花心一会」の次話なんですけど、今年のscriviamo! 2016は、これでいってみようかと思っています。例年のコラボは、なしになりそうですけど。お察しのとおり、彩花里ママが絡んでいます。なんでラブラブな感じなのかは、更新までナイショです。

え、八少女夕さんも、恥ずかしいお話を書いていらっしゃるんですか?
ほうほう、いいことを聞いたぞ。それはじつに楽しみです。早く読みたいなぁ。

今年もまた、しょうもない赤面小説におつきあいくださると嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

1095: by けい on 2016/01/08 at 09:32:09

遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

えっと、私、食べたことないです・・・
えっと、存在も知らなかった・・・
横浜にだってあるよね(何言っとるん><)
話題に乗れない識のない読者で申し訳なく・・・
日本女子たるもの、本格茶道を経験してみたいですね。緑茶は大好きなのですけれど。
いつかTOM-Fさんのお手前でいただけたら嬉しいですね。

餅がモチーフ^^ のツイッター小説、興味深いですね。餅制限ちゃう文字制限のあるのは難しそう。素敵に書かれたTOM-Fさんはさすがです。
「花心一会」の次話、楽しみにしています^^

1096: by つるけいこ on 2016/01/09 at 04:31:51

こちらこそ、遅ればせながらあけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します~♪

わたしも花びら餅知りませんでした!
きゅ、九州は食文化がちがうから~。(笑)
練り切りみたいに見えるけど、ごぼうが入ってるんですね。

ツイッター小説素敵ですね♡
新年早々こんなのをポンと出せるTOM-Fさんはやっぱりすごい!
わたしもあの人とママと思ったけど、ラブラブ要素もあるんですね。
マ、ママとラブラブ……?(汗)
花心一会のほうも楽しみにしています!

1097:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/09 at 19:44:53 (コメント編集)

≫けいさん

あけまして、おめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくおねがいします。

あ、和菓子をあまり召し上がらない方や、洋菓子がお好きな方だと、ご存じないかもです。あくまでも生和菓子が好きな方だったら、お正月の名物なので耳にされているかなと。
でも、ほんとうに可愛らしいお菓子なので、機会があったらお試しになってみてください。ちょっと大きなデパ地下の和菓子屋さんだったら、一月中旬くらいまで売っていると思いますよ。
私も、茶道はほんのちょっとかじっただけでして、お点前なんて全然です(笑) 時間があったら、ちゃんと習いなおしたいですね。

餅制限ならぬ文字制限、難しそうに感じられるかもしれませんが、書いてみるとそうでもないですよ。私だって書けるくらいですから。
お褒めの言葉をいただいたので、頑張って仕上げますね。更新は月末くらいになるかもしれませんけど、もしよかったらまたお読みくださると嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。

1098:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/09 at 19:45:40 (コメント編集)

≫つるけいこさん

あけまして、おめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

あ、つるけいこさんも、ご存じなかったですか~。って、九州でも売っていますから……たぶん(笑)
見た目があんな感じなので練りきりみたいに見えるかもしれませんが、イチゴ大福とかに近い感じです。そして、ゴボウ入りです(きりっ)

小説の方は、もうホント、お恥ずかしい。相変わらずの赤面ワールドです。
はい、お察しのとおり、あの人とママのお話です。でも、ママとラブラブじゃないですよ~。たしかにあの人、マザコンだけど(爆)
月内にアップしたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

コメント、ありがとうございました。

1099: by 山西 サキ on 2016/01/09 at 19:53:16 (コメント編集)

「ご存じ、花びら餅だ」と言われてもサキには馴染みのないお菓子でした。
たぶん見たことはないと思います。
でも春らしいとても美しいお菓子ですね。中に透けて見える桜色と芯に使われているゴボウ?の取り合わせが不思議。あ、味も・・・。
お菓子に関する解説を読んでいると、TOM-Fさんのいつもとは違う一面が見えてくるように思います。
ツィッター小説はいつものように素敵なんですけれど・・・。
グズグズしていて新年のコメントがおそくなってしまいました。
本年もまたドキドキさせてくださいネ。

1100:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/09 at 20:19:23 (コメント編集)

≫山西サキさん

あけまして、おめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

あら、山西サキさんもお馴染みではなかったですか。知名度50%。こりゃ、「ご存じ」なんて前置きはできませんね。
手に入れやすいお菓子ではないし、ちょっと高いですけど、可愛らしいし美味しいので、よかったらお試しになってみてくださいね。1月中旬までなら、大丸やそごうのデパ地下で売っていると思います。
いやぁ、年甲斐もなく、甘いものには目がないのです。和菓子も洋菓子も、なんでもこいです(笑)

小説の方は、ちょっと恥ずかしいですが、皆さんのお気に召したようで安心しました。
これからも、応援よろしくお願いします。

コメント、ありがとうございました。

1101: by 俊樹 on 2016/01/13 at 20:41:00

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログに足を運んで頂きありがとうございました。
本年も昨年同様お付き合いのほど宜しくお願い致します。
今年一年が幸多き年でありますように。

1102:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/16 at 19:25:06 (コメント編集)

お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

いつもお伺いするだけで、読み逃げをさせてもらっています。
お身体を大切になさって、今年も素敵な詩や記事を楽しませてください。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク