RSS

小説『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』第67話


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/


 次の瞬間、彼女の背後から大きな人影が飛び出してきた。
「なんだ?」
 美女と入れ替わりに目の前に立った、岩石を思わせる風貌の男がニヤリと笑う。
「敵襲だよ」
 同時に、下腹部に重い衝撃があって、男の意識は消失した。
 

   第67話 6.10 ルーム・レイダー(Layer:2 Side Story)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。

※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください


I wish you a Merry Christmas …

プレゼント代わりの、フェアリーテイルズ定期更新です。

そして、これが今年最後の更新になります。
だというのに……。

すみません、ごめんなさい。
Side Story です。はい、シスラボに行ったビリーとステファニーのお話です。
ロンドン塔では、超人連中の異次元の戦闘が繰り広げられていますが、こっちは人間同士の地味な殴り合いです……殴り合ってないけど(笑)
それにしてもこのチームって、囮作戦が好きだな~。なんか正々堂々としてないよな、こいつら(爆)
そして、じつに中途半端なところで、次回に続く、です。
最近、引きが台詞というワンパターン化しつつある。う~ん。
ま、いっか。

今回のサブタイトル「ルーム・レイダー」は、某アクション映画のタイトルをパクリ、いえ、もじりました。
「室内の襲撃者」とでも、読み替えてくださいませ。
かの映画とは、美女が登場するという一点しか、共通点はありません。最近のアンジェリーナ・ジョリーって、大丈夫なのか?

次回の更新は、三週間後、1月13日頃の予定です。

思えば今年も、マイペースでトロい執筆だったなぁ。反省しなくちゃ……今後には活かさないけど(爆)

こんな人外魔境においでいただき、お付き合いいただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。皆様からいただいたコメントや声なき応援に感謝いたします。
来年もまた、よろしくお願いします。

And A happy new year !
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1081:メリークリスマス! by 八少女 夕 on 2015/12/26 at 00:42:36 (コメント編集)

こんばんは。

マイケルったら、なんであっちに残ったのかしら。こっちにくれば、ものすごくかっこいい活躍ができただろうに。っていう問題じゃないですね。

もっとも、ステファニーの胸元を囮にしてなんて作戦、マイケルがいたら「それには反対だ」とか言い出しそうだし、こなくてよかったのかも。

ともあれ、なんか、ビリーがかっこいいだけじゃなく、なにげに美味しいところをかっさらっていきそうな予感まで(笑)

そしてステファニーは、操られていただけじゃなくって、少しは自分の意志もあって、罪を犯してしまったのですね。エミリーへの対抗意識ですか。それとも彼女をマイケルから引き離すため。何にしても、もっと自分をマイケルから遠くしてしまったのですよね。残念。

サイドストーリーとは言え、いろいろと美味しい回でした。来年もこのペースで、それに一時も早く公爵様が復活することを祈っています。(あ、すみません、主役の二人も)

1082:もういくつ寝るとお正月 by 大海彩洋 on 2015/12/26 at 09:18:09 (コメント編集)

メリクリには遅れちゃったけれど、こちらの更新は素敵なクリスマスプレゼントでした。って思ったら、本当だ、主人公たちは放置されたままのside story側だった。でもビリーだからいいことにしようっと。

ステファニーの胸、確かに超高級囮でしたね。う~む、気を失う前にいいものを見たなぁ、きっといい夢を見ていることでしょう。
ステファニー、あぁ、そうなのか……実はエミリーへの対抗意識があったのか。こんなゴージャス美人を捨ててロリコンに走った(あ、エミリーに他意はありません。でもステファニーからしたらそんな感じですよね^^;)マイケルがちょっと憎らしかったんだなぁ……
もう、この流れでビリーとくっついちゃえ!(と、夕さんも書かれているように、かっこいいだけじゃなくて、美味しいものを掻っ攫っていくビリー。読者はそれはそれで大歓迎)

Main storyの部分、年末年始を挟んで激戦中ですね。囮作戦、陽動作戦、援護射撃、ますますドンパチで来年も目が離せません。次回をまたお待ちしております。
年越しそばを戦闘中の皆様にお届けしたいけれど、デイビッドのパワーで干上がっちゃいそう。でも取りあえず、TOM-Fさんには良いお年を!
来年も楽しませていただきます!!

1083:Re: メリークリスマス! by TOM-F@管理人 on 2015/12/27 at 00:42:18 (コメント編集)

≫八少女夕さん

そうでしょ、マイケル、貧乏くじ引きました。まあ、主人公なんて、そんなもんですよ(笑)
色仕掛けなんて作戦は、さすがにマイケル坊やには思いつかないですね。そこらへんはおっさんビリーの独壇場で。
ビリーは、見た目はともかく、かっこよくおいしいところを持っていきます。はい、ハン・ソロの立ち位置です。
ステファニーは、殺人の時はデイビッドの操り人形でしたが、ウィルスを仕込むあたりは本人の意思が大きいです。デイビッドに頼まれて協力した、ということです。
そうですね、今さらマイケルが自分の元に戻ってくることはないと思っていて、エミリー(の陣営)への意趣返しが半分、負けたことを認めたくないという対抗心が半分です。しかも、自身で無益なことをしていると気づいていました。だから、この結末には納得しています。思い切りが良かったのも、そのせいですね。

年明けの更新は、Main Story にいったん戻ります。公爵閣下の復活があるかないか、お楽しみに。
コメント、ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いします。
良いお年を。

1084:Re: もういくつ寝るとお正月 by TOM-F@管理人 on 2015/12/27 at 00:43:35 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

お正月には、寝だめして、小説書いて、遊びましょ。は~やく来い来い、お正月。
すみません、悪乗りしました(笑)

年内最後の回ですからね、主人公たち、放置プレーで年越しです。
ビリーへのごひいき、ありがとうございます。
ステファニーは、エミリーのせいで霞んでますが、けっこうな美形です。
テロリストさん、いい思いしましたね。
マイケルも、ほんとなんでこんな子を捨てちゃったのか、理解に苦しみます……って、作者がそんなんでどうする。アイツ、シスコンですからね。年下の女の子に、めっぽう弱いんですよ。
で、ステファニーはいい迷惑なわけで、エミリーへの対抗心というか、どうやっても敵わないと思ってしまった自分が許せなかったというか。そんなことしてもマイケルが戻ってこないって、わかっていたんですけどね。わかっちゃいるけど・・・ってやつです。あ、殺人は違いますよ、あれはデイビッドの操り人形だったので。
え、ビリーとステファニーですか? くっつくなんて、そんなこと、あ、あるわけ……(禁則事項です)

年明けは、またMain Storyに戻ります。
もうなんでもありの闇鍋状態に突入です。はい、これおとぎ話ですので。
あ、大海彩洋さんご謹製の年越しそばは、のびるといけないので、私がかわりにいただきますね(あつかましい)
コメント、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を。

1085:こんばんは~ by 山西 サキ on 2015/12/27 at 19:35:30 (コメント編集)

あ、サイドストーリーOKですよ。
こっちの方も成り行きがすごく気になってましたから。
でもほんと、ビリーはいいとこ取りですね。ステファニーにもたっぷりとアピールしているし、ちょっと(相当か?)格好いいです。
カラシニコフとかトカレフとか、こういう小道具も素敵です。
ステファニーが人間的な心を取り戻しているようでホッとしました。ちゃんと罪を償う気なんですね。マイケルも安心するでしょう。
そして、マイケルはこういう渋い役はちょっと出来ないようですね。ま、エミリーと組んでいるので、そういう役回りを演じるのは不可能でしょうから、その点やむを得ない所でしょうか。こういう風に行動しても鼻で笑われそう・・・我慢、我慢。
来年は本編に戻るのですね。エミリーとマイケルの活躍に期待します。ハノーヴァー公も寝てる場合じゃないよ!

来年もよろしくお願いしますね。

1086:Re: こんばんは~ by TOM-F@管理人 on 2015/12/28 at 22:17:02 (コメント編集)

≫山西サキさん

オッケーいただきましたぁ。よかった。
ビリーは、単独の戦闘スキルでは、マイケルより上です。なんせ、現役の軍人ですからイザとなったら、相手をキルしちゃう訓練とか積んでますからね。マイケルは、逮捕するのが前提ですので。わかりやすいカッコ良さとか活躍は、ビリーにおまかせです。
もちろん、サキさんがおっしゃるように、相手がエミリーだったらビリーでもこうはいかなかったでしょうけど。あの性悪姫は、他にも多くの男性をボコボコに凹ませたり、お株を奪ったりしまくってますので。
カラシニコフもトカレフも、古くて地味な武器ですけど、実用性の高さと価格の安さでいまだに猛威を振るっていますよね。現実社会ではあまり好ましいことではないんですけど、まあ小説の世界ですので、大目に見てもらいましょう。
ステファニーは、完全に正気に戻りました。罪を償う気はありますが、殺人はもう「なかったこと」になっちゃってますし、今回のウイルス騒ぎも表沙汰になっては困る連中の画策で「なかったこと」にされてしまいます。なので、服役するとかはありません。じつは、彼女には、このお話では書かれないもっと大事な役目が……(禁則事項です)

来年一回目の更新は、Main Storyに戻ります。はい、マイケルもハノーヴァー公も、寝てる場合じゃないんです。冗談抜きに、やっばいことになりそうです。
コメント、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。良いお年を。

1087: by かじぺた on 2016/01/06 at 04:02:31

あけましておめでとうございますm(^0^*)m
ご挨拶に伺うのが遅くなっちゃってごめんなさいm(^^;)m
去年は大変お世話になりどうもありがとうございましたm(_ _)m
今年もよろしくお願いいたします!!!

1088:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2016/01/06 at 17:39:08 (コメント編集)

≫かじぺた さん

うわぁ、こちらこそ、ご挨拶にもうかがわず、失礼しました。
あけましておめでとうございます。
昨年は、北海道オフ会企画で、お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク