RSS

MDR-EX510SL

  inc_MDR-EX510SL_001.jpg

 2年以上使い続けてきたイヤホンMDR-EX500SLだが、断線を起こして聞けなくなった。先日購入したNW-A857とのコンビも気に入っていただけに残念だが、致し方がない。
 後継機をどうしようかと、ネットでの情報収集や店頭での視聴を重ねた結果、SONYのMDR-EX510SLに決めた。結果だけ見るとほぼ同じ型番の製品に落ち着いたわけだが、EX500SLとEX510SLは、そのわずかなシリーズナンバーの違いとは裏腹にまったく違うキャラクターを持つイヤホンになっていた。
 音の傾向は、低音高音ともに元気いっぱいだった(「ドンシャリ」ともいう)EX500SLに比べて、かなりおとなしくなった感じがする。EX500SLの持つきらびやかな高音やどかんどかんと鳴る低音はなりを潜め、少し地味な印象だ。しかし、エージングができていない状態でも高音が耳に刺さることもなく、全帯域がバランス良く鳴っている。音の広がりや分離も良いので、とてもクリアで見晴らしの良い音場で、頭の中で鳴っているという感じは少ない。いわゆる「優等生」的な音質で、EX500SLでは埋もれがちだったヴォーカルも、耳に近くに感じる。クラッシックの管弦楽器やピアノなども、破綻なく聴かせてくれる。それでいて、カナル型ならではの音圧もあり、迫力のある音が楽しめる。
 ハウジングの形状も変更されていて耳にしっかりとフィットするし、EX500SLの弱点だったハウジングとケーブルの結節点もかなり強化されていて、断線の心配も少なくなったようだ。
 これという特長が無いのが特長という感じのオールマイティなイヤホンであり、逆に言えば、ピュアオーディオで使うのでもない限り、これ一台あれば十分に満足できるのではないだろうか。現在の実売価格は6000円前後だから、コストパフォーマンスも抜群だ。万人に安心して勧められるイヤホンだろう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9:しつも~ん by ひゅひゅ on 2011/09/08 at 22:18:46 (コメント編集)

オーディオは門外漢でヘッドホンイヤホン類とは無縁だったのですが、最近スマホ購入と同時に移動中に音楽や録音した音声を聞いたりするようになりました。最初、オマケで付いてたイヤホンは半年で断線して使えなくなり、テキトーに998円で買ったイヤホンは10日ほどで聞けなくなりました。
TOMFおすすめのこれは丈夫ですかね?

10:Re: しつも~ん by TOM-F@管理人 on 2011/09/09 at 14:07:33

コメントいただき、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、誤解を恐れずに結論だけ言わせていただくと、イヤホンに断線はつきものですので、しかたがありません(キリッ)。

でもまあ、それじゃあ芸が無いので、参考までに。

断線しやすいイヤホンの特徴は、1.ケーブルが細い、2.ケーブルと本体や端子の取り付け部分がしっかりしていない、の2点があげられます。まず、作りのしっかりしたものを選んでください。
それから、取扱いの仕方によっても、寿命はずいぶんと変わります。イヤホンを装着するときや外すときに、ケーブルを引っ張っるのはやめましょう。あっという間に断線します。必ず本体や端子を持って、そっと優しく扱ってやってください。イヤホンのケーブルをスマホなどにぐるぐる巻きつけて持ち歩くのも、イヤホンの寿命を縮めますよ。

さてMDR-EX510SLですが、今までのSONY製イヤホンのなかでは、しっかりした作りだなぁと思いますので、断線はしにくい方でしょう。
ただし、値段が高い=壊れにくいという図式は成り立ちませんので、イヤホンの取扱いに気を使いたくないのであれば、2000円くらいまでのものを選んで、壊れたら買い換えるくらいの方がいいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク