RSS

小説『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』第64話


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/


 マイケルはエミリーの前に立ち、ブローニング・ハイパワーの照準をデイビッドに合わせた。今まで闘ってきた異種より格上のデイビッドに対して、銃撃が通じるとは思えない。だが、それでもマイケルの武器はこれしかない。
 案の定、デイビッドが呆れたように、ふんと鼻で笑った。
「そのような武器で、余に対抗できると思うたか。人間風情が、騎士(ナイト)気取りで、余と姫君の決戦に割り込むつもりか」
「生憎だが、俺の爵位は男爵(バロン)だ。ナイトじゃない」
 

   第64話 6.7 フェア・サクリファイス(Layer:1 Main Story)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。

※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください


予告通りのほぼ二週間で、フェアリーテイルズの最新話、更新です。
やった。

前回のお話でちょっと思わせぶりな書き方になったせいか、マイケルの「作戦」に読者様が興味を持ってくださったようです。ありがたい。
はい、今回のお話でばっちり作戦を遂行しますよ。……つか、作戦て言うのか、アレで?
まあ、いいじゃん、細かいことは(爆)

サブタイトルの意味は、「正当な犠牲」です。
はたして、そうなのか?

お節介ではありますが、本文中でマイケルがわめいている言葉について、若干の解説を添えておきます。すべてチェスの用語です。

・ブレーク・スルー
 犠牲覚悟の特攻。ポーンを昇格(成り)させるために行う
・ディスカバード・アタック
 駒の進路上に置いた別の駒をどかせることで、その駒を働かせて相手の駒を攻撃すること
・ダブル・チェック
 二つの駒で同時に王手をかけること
・サクリファイス
 いわゆる「捨て駒」。手駒を犠牲にして有利な状況を作り出すこと

カッコつけて使ってますが、私はチェスをしたことがありません。だから、詳しい方が読んだら噴飯ものかもしれません。もしそうだったら、こっそりと教えてくださいませ。

次回は、二週間後、11月25日くらいに更新を予定しています……はい、予定です(爆)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1063:わおわお by 八少女 夕 on 2015/11/12 at 06:43:35 (コメント編集)

こんばんは。

マイコー、頑張っているじゃないですか!
ちゃんとヒーローとして前面に出ていて、姫君を守るために捨て身だ!
戦闘中のセリフもかっこいいし、この状況でチェスの作戦が出てくるなんて、ステキ。デイビッドへの切り返しもイギリス人っぽいセリフだし。

と、頑張りまくったけれど、最後に絶体絶命の姫を助けに登場したのは、やっぱりあの方で……。
うん、マイコーだって、カッコ良く助けたかったけれど、無理だよね、人間だもの……。

二週間後にこの緊迫シーンの続きが読めるのですね!
楽しみにお待ちしています。書いてくれなかったら、催促しますので(笑)

1064:わおわおわお by 大海彩洋 on 2015/11/12 at 19:33:33 (コメント編集)

いや、前半のマイケル、何だかデイビッドとエミリーの会話の足元でおたおたしている(役に立っていない)ように見えて、あ~でも人間だし、頭の上で神様が喋っていてもどうすることもできないかぁと同情したりしたけれど、いや、捨て身の頑張りは称賛に値しますね。うんうん、いつもいつも主人公が優柔不断ではいけません(って、誰のこと?)。
いや、すごい頑張ったじゃないですか! うん、こうでなくちゃ。少なくともデイビッドに「何かあるのか」と思わせただけでも大したもの(すぐばれたけれど、小細工には小細工の重みがあるのだよね)。
あ~、でも、結局は姫に助けられたのか~。最近の姫は騎士(じゃなくて男爵)を助けるからなぁ(ジブリでもディズニーでも)……しかもその姫をあの方が助けて……夕さんの「無理だよね、人間だもの……」が切なく響くのでした。
いや、早く続きが読みたいぞ! お待ちしています(*^_^*)

1065:こんばんは。 by 山西 サキ on 2015/11/12 at 21:37:29 (コメント編集)

マイケル、ちゃんとカッコいいですよね。これだけフォーメーションを叫んでいるし。あまり役立ってないようですけど、マイケルの決死の覚悟、きっとエミリーも分かってくれていますよね。マイケルは相当丈夫なんですけれど、やっぱり普通の人なんですもの。
捨て身の作戦でここでエミリーを助けて死んでしまっていたら英雄だった?かというとそうでもなくて、最後にエミリーがマイケルを優先したのは、彼女が絶対表に出したくない深層意識だったりしたらいいのになぁ。そんなふうに思いました。
エミリー!ヤバいよ。これまでに、そして今また、相当なダメージを受けていますからね。でもあのお方の登場でなんとか間に合ったかな。(いいとこ持ってくなぁ。涼しい顔して・・・どうせいいとこもってくならもっと早く来い!)
なんとか耐えてくれ~。

1066:Re: わおわお by TOM-F@管理人 on 2015/11/13 at 19:21:04 (コメント編集)

≫八少女夕さん

マイコーもね、あのままじゃ主役の座が危ないし。
ヒーロー気取って頑張ってみましたが……しょせんは人間ふぜいよな(Byデイビッド)です。
まあ、カッコだけはつけてますからね、アイツ。
チェスって、いちいち用語がかっこいいんですよねぇ。

で、お待たせしました。あの御仁の登場です。八少女夕さん、気に入ってくださってましたよね。次話でけっこう活躍させますので、お楽しみに。

二週間後、もし更新を忘れていたら、督促してくださいね……優しく(笑)
コメント、ありがとうございました。

1067:Re: わおわおわお by TOM-F@管理人 on 2015/11/13 at 19:22:08 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

タイトルでの遊び、恒例になってますね~。楽しいです。

マイケル、口喧嘩じゃあこの二人には絶対に敵いませんからね。ガチ殴り合いでも敵わないけど(笑)
筋肉脳男ですけど、それだけに優柔不断とは無縁ですからね、マイケル。ここのところ、ふがいなかったので、ここで汚名挽回です……って、できてないやんorz
けっこう頑張りましたが、さすがに超能力者たちが相手じゃねぇ。普通の人間で、しかも一介の刑事ですからね、あんなもんですよね。ま、腐っても主人公ですから、この先も微妙に活躍し続けますよ、主に小細工で(笑) でも、圧倒的に強い相手に、小細工を積み重ねて勝つというのも、また面白いですよね。

いやほんと、最近は女の子が強い。戦う女の子、全盛ですね。
で、満を持して、アノ方登場です。真打は遅れてナンボ、値打ちを持たせてナンボdすからね。……って活躍するのかな?

はい、頑張って二週間で更新しますので、またお読みくださると嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

1068:Re: こんばんは。 by TOM-F@管理人 on 2015/11/13 at 19:22:48 (コメント編集)

≫山西サキ さん

マイケルは、前話ではなんか口先男になってましたから、今回は活躍させてあげました。あの程度だけど(笑)
あんな作戦立ていても、立場が逆だったらマイケルもエミリーの命を優先しちゃっただろうなぁと思います。エミリーがああいう行動に出たのは、口では「もう身体が」とか言っていますが、ロンドンアイでの約束を守ってほしかったというのもあったと思います。
エミリーは、かなりダメージ受けていますが、もともと人外魔境な子ですので、これからも苛め……いえ、がんばってくれます。
あ、あの御方。いえもう、大物は遅れてくるのが当たり前ですからね。そしていいとこだけ持っていく。これも、大物の特権です(笑)

次回も、お楽しみいただければ嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク