RSS

オリキャラのオフ会に、また行きます!(メンバー紹介)


恒例になりつつある企画、「オリキャラのオフ会」が、今度は大海彩洋さんの幹事で、北海道を舞台にして開催されることになった。

また一緒に遊ぼうにゃ~!

指定された場所に、物書き仲間のオリキャラを集めて、ウロウロさせようという企画だ。他の方のキャラたちとすれ違ったり、交流したり、場合によっては、ドロドロのドラマを展開しても良い。
今回もまた、どんちゃん騒ぎが用意されているらしい。
お祭り好きな私としては、参加する以外に選択肢はない。

他の皆さんの錚々たるメンバーの仲間に入れていただきたいのは、拙作『あの日、星空の下で』と『この星空の向こうに』のダブルヒロインの片割れ、春日綾乃だ。
と言っても、名前だけ書けば「あの子か」と思い浮かべていただけるほどには、ウチの子はメジャーではない。参加される皆さんに一緒に遊んでいただくためには、キャラの紹介は必須だろう。
以下はそういう記事だ。だから、興味のある方だけお読みいただければありがたい。

さて、まずは、作品の紹介からはじめよう。

 『あの日、星空の下で』

   あの星イメージ(QWE-MSL_001)

「今日から、おまえが部長だ」
 それは、人付き合いが苦手な僕に訪れた、突然の転機だった。部員二名の天文研究部。
「いつもそうやって眺めているのね」孤独な同級生と、
「こいつは、昔からこうなのよ」優等生の幼馴染。
 一見、平穏そうに過ぎてゆく学校生活とクラブ活動。その日々が持つ意味を、僕はまだ知らなかった。
「それに気づくのは、いつも後になってからなのさ」
 ――積極的に他人と関わったとして、その先にどんな未来があるというのだろう――。
 自分と他者。近くて遠い存在。すれ違う思い。それは、まるで星と星のあいだに広がる、果てしない空間のようで。
 でも……。
 僕たちは、求めた。星と星を線で結んで、星座をかたちづくるように……。
 天文研究部の活動を縦糸に、人と人との関係を横糸にして紡ぐ、スイート系学園ストーリー。


 『この星空の向こうに』

   konohosi-mv.jpeg

――どんなに遠く離れても、この空は、どこまでも繋がっているから。だから、僕たちは……。――
交わした約束を胸に抱きながら、天文研究部の部員たちは、それぞれの道を歩み始めていた。
教師を目指して大学に進学した智之、ジャーナリストを目指してアメリカに渡った綾乃、イラストレーターを目指して東京に行った詩織。
その道は遠く離れ、向かう先は違っていても、彼らが見上げる先には、あの日と同じ星空があった――。
『あの日、星空の下で』の続編にあたるオムニバス小説です。

 続いて、肝心要のキャラ紹介。

≪春日綾乃≫

女性、20歳(2015年8月時点)

自宅は、瀬戸内海に面していて、市内を子午線が通っている架空の町、朝陽市の西部にある。
市内にある県立高校を卒業後、フォトジャーナリストを目指して単身渡米。現在は、ニューヨーク市マンハッタン区アッパーウエストサイドの裕福な家庭にホームステイして、コロンビア大学に通っている。専攻は天体物理学だが、同時に同大学のジャーナリズムスクールにも在籍している。彼女の指導教官は、現役CNNキャスターである、ジョセフ・クロンカイト。厳しい指導で、毎日しごかれている。
趣味は、写真撮影と天体観測。写真館を経営している父親に憧れて始めた写真撮影だが、早くから才能を発揮し、高校生のときに写真雑誌のコンテストで最優秀賞をとるほどの腕前になった。愛機は、父親から借りパチしたオリンパスOM-1。サブ機は、CanonEOS-KissDigitalX7。
頭脳明晰、運動神経抜群で、高校時代は履修した全科目で不動の学年トップだった。記憶力と計算力が異常に高い、少女のなりをしたパソコン。為替レートとか肉の単価の計算くらいなら、電卓をたたくより早い。
容姿は、黒髪のショートカットが似合う、愛らしい少女。意志の強そうな大きな目と、ふっくらとした頬が特徴で、実年齢よりいくぶん幼く見える。
長所は、明朗、快活、公正な性格。人見知りしないし、誰にも平等に接する。恵まれた容姿や才能を、親や周囲から認められながら育ったので、屈託がない。ポジティブシンキングの権化であり、モットーは「失敗は成功のもと」
短所は、自身の才能に対する無自覚。そして、他人にも自分と同じ価値観を当てはめてしまうところ。他人も、自分と同じように努力すればなんでもできる、と思っている。才能に比して、人生経験が不足しているためで、要するに世間知らずである。
家事全般、料理、製菓ともに、それなり以上の腕前である。

かくのごとく、ほぼ非の打ちどころのない女の子。なので、高校時代には二桁に上る告白を受けたが、そのすべてを断っている。「あたし、好きな人がいるんだ。それに、やりたいこともいっぱいあるし。だから、お付き合いできないよ」。なにがいいのか知らないが、幼馴染のボンクラ男にこだわり続けているのだ。そして三角関係をなすもう一人のヒロインとは、ライバルであり親友でもあるというややこしい関係。

   150625-01.png
   ※綾乃のビジュアルイメージ
     画像はネットで拾った、アニメ「物語シリーズ」の羽川翼。

【追記2015.07.07】

綾乃の服装は、旅行期間を通じて、白い無地のコットンタンクトップ、黒のカーディガン、黒のデニムスキニーパンツ、黒のトレッキングシューズ(ニューヨークのZARAとかH&Mで買ったもの)です。どこぞのロリータファッション娘と違って、着替えといっても、タンクトップを替える(といっても同じもの)くらい。
移動中は、撮影機材と着替えの入った、黒のバックパックを背負っています。

現地での交通手段は、美瑛ではレンタバイク(スクーター)、浦河へは札幌からの高速バスを利用八少女夕さんのご好意に甘え、ご一行様の車に同乗させていただくことになりました。八少女夕さん、ありがとうございます。


キャラの紹介は、以上だ。

さて、大海彩洋さんが設定された条件では、舞台である浦川の牧場に行く前に、北海道のどこかを観光してお土産をひとつ持参しなければならない。
北海道で、登場人物が春日綾乃なら、行く先は美瑛しか考えられない(超イミフ)
お土産は、たぶん石窯焼きの天然酵母パンと、写真くらいだと思う。
八月前半までには発表したいが、なにせ書く書く詐欺の常習犯なので、どうなるか。話半分でお待ちいただければ嬉しい.。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
927:わ〜い by 八少女 夕 on 2015/06/28 at 01:07:25 (コメント編集)

こんばんは。

綾乃だ〜。
マックスとレオポルド、美少年や美青年には興味ないんで、綺麗どころの参加をお待ちしていました!
(何のためにオフ会に行くのか、彼奴らは)
せいぜい冷たくあしらってやってくださいませ。

北海道は詳しくないんで、千絵たちも含めて、これからどこに行かせるか検討します。向こうで楽しく酒盛りしましょうね。あれ、綾乃はまだ未成年だっけ?

929: by つるけいこ on 2015/06/28 at 21:17:42 (コメント編集)

おお、またキャラオフ会なんですね~♪
企画の内容拝見しましたけど、牧場とか、お土産とかなかなか斬新で面白いですね!笑
どんなふうになるか楽しみです。
綾乃、こうして見るとほんとスーパーウーマンですね。

931:Re: わ〜い by TOM-F@管理人 on 2015/06/29 at 18:59:48 (コメント編集)

≫八少女夕さん

はい、今回は綾乃を差し向けます。
マックス先生とレオポルド陛下には、ぜひ世間の甘い辛いというものを彼女に教えてやってほしいです。どうも、そういうことを経験させる筆力が不足しておりまして(笑)
綾乃も無事に成人しまして、飲酒もできるのですが、あの三人は飲酒喫煙をしない連中なので、宴会はノンアルコールで……なんか、盛り上がりに欠けそうだなぁ。

コメント、ありがとうございました。

933:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/06/29 at 19:01:31 (コメント編集)

≫つるけいこさん

はい、春にあった松江イベントの再来です。
今回は、牧場での出来事をどう折り込むかが、ポイントになりそうな気がしています。綾乃は、スペックは高いのですがまだ世間知らずな女の子です。何を見ても成長できるはずなので、そのへんを絡ませていければいいなぁと思います。うまくまとまればいいんですけど……。

コメント、ありがとうございました。

935:こんばんは。 by 山西 サキ on 2015/06/29 at 23:47:15 (コメント編集)

綾乃だったら、なんとか絡めるかなぁ。二十歳ならダンゴとそう変わらないし、スペックが高そうだから、ダンゴは学ぶところがたくさんあると思います。でも恋の相談にはあまり役にたたない?
上手く動かせない場合でも、すれ違ってチラリくらいはさせてみたいですね。
書く書く記事にプレッシャーを感じてしまいますが、これくらいやっとかないと何も書かなくなっちゃいますから。頑張ろうっと!
あ!綾乃のビジュアルイメージ、可愛い!
イメージをインプットしておきます。

936:Re: こんばんは。 by TOM-F@管理人 on 2015/06/30 at 15:42:15 (コメント編集)

≫山西サキさん

そうですね、がっつりとした絡みはなくても、どこかで印象的にすれ違うとかもいいですよね。このまえの松江みたいに。
というか、結局、牧場で会うのか(笑)

綾乃は恋愛経験も人生経験も不足していますから、どうでしょうね。あまり誰の役にもたたないような気がしますね。
ビジュアルはああいう感じで、服装だけ違うということになります。そうそう、服装も考えておかないと。

どうせなら、面白いお話を書きたいですね。
コメント、ありがとうございました。

937:こんばんは~ by 大海彩洋 on 2015/07/01 at 22:07:19 (コメント編集)

こちらの記事にコメを忘れていました!
参加表明、ありがとうございました!!
そして今回の参加者が綾乃ってのは、何だかちょっといい感じです。何となく北海道に似合いそうで……(ちょっと意味不明?)
しかも競走馬牧場に写真を撮りに、なんて、すっごく素敵です。真や長一郎氏がとっても喜ぶと思います(*^_^*) 真は無言でとっておきの場所に案内するかも。
当日の服装、交通手段まで詳しく書いてくださって、これは有難いです。うちも今度やろうっと。
そうそう、こうして真面目に考えてくださったのでふと気が付いたのですが、浦河って確かにどうやって到達するんだ!ってかんじですよね。送迎バス、じゃなくて、送迎軽トラを出さなきゃいかんかったなぁ。
でも、みんな旅行してから来てくださるので、まとまって空港ってわけにはいかなから、最寄りの駅(いや、バス停だな)から電話を頂いたら迎えに行かなくちゃ。
北海道で一緒に楽しみましょう!!

940:Re: こんばんは~ by TOM-F@管理人 on 2015/07/02 at 20:10:08 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

お世話になりますね~。

ウチの子たちをつらつら見渡して、北海道に居ても良さそうなのは、綾乃くらいしかいませんでした。まあ、写真もいっぱい撮れそうだし、馬とか風景だけじゃなく、牧場というものに焦点をあてさせてみたいかなぁ、とか目論んでします。
お、真が案内してくれるんですか。なんか、彼自身を撮影しちゃいそうですね……あ、もちろんあらゆる意味でノーギャラですよ(笑)
綾乃の服装、もうちょっと女の子っぽいのにしてあげたかったんですけど、タマゴとはいえカメラマンですからね、基本、黒系です。

日高地方も、昔はJR日高本線がありましたからね、浦河の先の様似までは行けたんですよね。
最寄りのバス停まで、電話で送迎してくださるんですね。ありがたい。
はい、北海道で一緒に遊びましょう!

コメント、ありがとうございました。

944:牧場まで by 八少女 夕 on 2015/07/03 at 00:27:32 (コメント編集)

再登場です。

某民族衣装でコスプレした超怪しい二人も同乗していますが、それで構わなければ、美瑛からは、正志の運転するレンタカーに同乗して牧場までって流れもありですよ〜。

取り急ぎ〜。

946:Re: 牧場まで by TOM-F@管理人 on 2015/07/04 at 00:13:04 (コメント編集)

≫八少女夕さん

え、いいんですか、お邪魔して。
千絵さんの話し相手くらいには、なるかもですね。
では、お言葉に甘えて、乗せていただくことにします。
「旅は道ずれ」ですね~。

ありがとうございます。

985: by けい on 2015/07/20 at 21:11:22

やっとここに戻って(?)きましたあ。
綾乃はいま20歳かあ。しみじみ。
幼馴染のボンクラ男も、ライバルであり親友でもあるもう一人も、今なら分かる(妙な安心 ^^;)
旅行中は難しいかもしれませんが、現地でお逢いできるのを楽しみにしていますね^^

986:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/07/22 at 10:18:42 (コメント編集)

≫けいさん

うわぁ、もう何と言っていいか……通読してくださって、ありがとうございました。
はい、綾乃はいま20歳です。こう書くと、なんか私もしみじみとしたものを感じちゃいます。
北海道オフ会、けいさんは、すでに前編をアップされてますよね。早いなぁ……私はまだ、カゲもカタチもないorz
メインの相川厩舎でお会いできるのを、楽しみにしています。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク