RSS

小説『出雲の祭日(Layer:3 Fairy Story)・後編』 オリキャラのオフ会

    offkai.png 「オリキャラのオフ会 in 松江」参加作品

 フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 外伝

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/

 セシルは携帯電話を取り出すと、ある人物をコールした。
「わたしだ。……ああ、おかげで今日は楽しい一日だったよ。だが……」
 春風のように陽気だったセシルの声が、一気に緊張をはらんで低くなった。
「青龍時鐘だ。いよいよ始まるぞ」

   出雲の祭日(Layer:3 Fairy Story)・後編

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

この作品は、前回に引き続き、ブログでお世話になっている 八少女夕さんの企画に悪乗り……もとい、参加させていただいたものです。

前回と今回に登場していただいたキャラのみなさん、ありがとうございました。作者のみなさん、キャラの扱いが下手くそでスミマセンでした。
とくに、超ビッグなあの御方を勝手に使わせていただいた八少女夕さん、ほんとうにすみません。もう、神罰が下って即刻退場ものですが、おいたした子どもに「めっ」をしていただいたという設定ですので、お許しくださいませ。

で、お話ですが……
うはははは。やっちゃいました~。
荒唐無稽です、天罰覿面です、意味不明です。じつに「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」らしいヨタ話ですねぇ(笑)
まあ「お祭り」ですから、花火と喧嘩はつきものということで(そうなのか)
おまけに、キャストがカオスなことになっています。
登場しない予定だった、脳筋刑事マイコーも出しました。それと、別の作品のヒロインも引っ張り出しました。ま、もともとシェアワールドなので、OKなんですが。
そして、観光にうつつをぬかしていた閣下と殿下の代わりに、今回よく働いた巫女さんは、前編の冒頭に出ていた人物です。
悲劇の皇女の名前を名乗っていますが、れっきとした日本人です。
この人、じつは「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」続編の、主役級キャラの一人です。が、書く書く詐欺の常習犯ゆえ、いつ書けるかわかりません。あまりに不憫なので、今回、出番を作ってあげました。
とにかく、堅苦しいこと(ツッコミやご指摘)はナシで、お楽しみいただければありがたいです。

最後になりましたが、今日、2015年4月8日は、八少女夕さんにとって「特別な日」であると伺っています。
今回の作品は、その日のためのささやかな捧げもの、記念作品でもあります。
私の作品世界やキャラといっしょに、祭日をお祝いしたいと思いながら書きました。しょうもない駄作ですが、まあ「枯れ木も山の賑わい」といいますので。

八少女夕さん、あらためまして、「樋水龍神縁起の日」、おめでとうございます。
これからも八少女夕さんがご活躍なされることを、心からお祈りいたします。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
859:な、な、なんと! by 八少女 夕 on 2015/04/09 at 04:39:07 (コメント編集)

こんばんは。

うおおおお、すごい作品〜。
知らなかった、わざわざ石上斎宮やCERNや薔薇十字団から派遣された方々に、ミサイル攻撃から、守っていただいていたのですね。
そして、その結果が、ちっちゃい支流が一本できただけ……。す、すみません。

しかも、「オフ会」打ち上げでは、あの脱力シーンだし。

それに、マイコー! 無事にいるじゃないですか。それに、セシルとも仲良くやっているんだ! もう、「出て来れない事情」なんておっしゃるから「え、まさか……」とか心配していたんですが。

それに、アルバート兄さんだけじゃなくてイズミも、CERNにいるドクターなんだ! それは意外でした。お名前が、「○○の猫」なんですね?

この作品で「エーデルワイス」の方も、マンハッタンの方々が関わっている方も、俄然興味が出てきましたよ。一刻も早く書いてください〜、お願いします!

さりげなく出演しているのは、二代先の「背神代」と「妹神代」カップルですね? 忘れずに出していただいて、ありがとうございます。

素晴らしい作品で、お祝いしていただけて、作者冥利に尽きます。オフ会の格がぐっと上がったな〜。(格を下げまくっている私が言うのもなんですが)

オフ会、楽しかったですね。次回もまた楽しくやりましょうね〜。

860: by ダメ子 on 2015/04/09 at 17:20:51

お二人は任務で来ていたんですね
コスプレなんて雰囲気じゃなかったのも当然ですね
あれだけの現象ならいろいろな組織が調べに来るのもうなずけます

関係ないけれど私たち(?)が「ダメ…」と言ってるのは色事のようにも読めて勝手にドキドキしました

861:Re: な、な、なんと! by TOM-F@管理人 on 2015/04/10 at 20:41:35 (コメント編集)

≫八少女夕さん

おお、ありがとうございます。喜んでもらえて、嬉しいです。
花を添えられたなぁ。
というか、完全に便乗しての悪乗りなんですけどね(爆)なにより、書いている私がいちばん楽しませていただきましたので。
いや、あの脱衣……もとい、脱力シーンは、この企画のいちばんの名場面、クライマックスシーンですよ。なんか、本当に露天風呂で大騒ぎしている気分になりましたし。

マイコーは、まあ、タフな雑草みたいなヤツですから、しぶとくやってます。一回や二回フラれたって、なんとも思ってませんわ、あの男。
松江には、アーサーとセシルだけを行かせたかったので、そういう作者の都合でして。紛らわしい書き方で、ご心配をおかけしました。

イズミも、じつはいろいろあったんですけど、頑張っています。こっちは、ちゃんと書きたいなぁ。
やはり「関係者」に出てほしかったので。出会ったばかりの頃のお二人をイメージして書きました。ウチの子たちに比べたら、初々しくて可愛らしいですよね。

今回の企画も、楽しませていただきました。
幹事の八少女夕さんは、たいへんだったと思います。あれだけのキャラたちを詰め込んで、しかも破綻のない物語に仕上げられるのは、ほんとうにすごいです。
またみんなで遊びたいですね。

コメント、ありがとうございました。

862:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/04/10 at 20:42:25 (コメント編集)

≫ダメ子さん

まあ、いちおう任務ということになってるんですけど、あの二名は完全に遊び呆けています。仕事しろよ~。
八少女夕さんの作品の、神秘的で文学的で知的なあの現象を、バカ騒ぎに変えてしまって、ちょっと申し訳ないような……。そりゃあ、龍王さまもお小言を言いにきますよね(笑)

あ~、ほんとだ。名前を呼び合っている、というシーンのつもりだったんですけど、なんかちょっとエロいですよね(爆) いえいえ、可愛い女の子たちの、キャッキャウフフということで。

コメント、ありがとうございました。

863: by 山西 サキ on 2015/04/11 at 21:47:14 (コメント編集)

うわ、いきなり『いずも』登場ですか?まぁ場所が場所だけに登場させるならこの艦でしょうね。そして異空間の存在を感じさせる展開、なんじゃこりゃー!と思いながら引き込まれますねぇ。

アーサーとセシルの様子は凄く素敵で、特にセシルはとても格好いいです。
そのセシルとシスカの出会いを、このお話でも演出してくださって感謝しています。でもシスカは容姿は変わっていますけれど、中身は普通の女の子ですからね。車の窓越しの一瞬の出会い、これぐらいが謎めいていていい感じかなと思います。
“スピードを上げて走り去った・・・”いいなぁ。
そうそう、窓を開けてなきゃ駄目ですよね。多分後部座席の窓は外からは見えないようになっていますものね。

で、マイケル登場ですね。セシルとの関係が微妙ですが、本編の今後に展開と何か関係があるのでしょうか?
息をもつかせぬ謎の展開は、細かい言い回しや設定を含めてとても緻密で、ドキドキと読まされます。『シズラー』とかもうはちゃめちゃです。でも新しき神の誕生を言われたら納得せざるを得ませんね。
アナスタシア、彼女も気になる素敵なキャラクターです。名前がいいです。(なぜアナスタシア?という疑問は置いておいて)
そしてやっぱり玉造温泉に向かうんですか?
セシルの照れくさそうな顔、イラストや動画で見てみたいですね。
続きがどうなるのか、この段階では全く予測不可能です。
面白かったです~。

864: by ポール・ブリッツ on 2015/04/12 at 21:44:42 (コメント編集)

リンクしていただいたのならひとことおっしゃってくれればよかったのに(^^)

こちらからも即、リンクさせていただきます!

……最近ホラーばっかりですが(^^;)

865:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/04/13 at 18:03:12 (コメント編集)

≫山西サキさん

『いずも』の母港は横須賀ですからね、かなり無茶ですが、仰る通り今回のお話に出すなら、この艦しかないでしょ、と思いまして。
それと、あのなんちゃって物理は、八少女夕さんの「樋水龍神縁起・第四章」のクライマックスにあわせてこじつけたものです。こっちもかなり無理め(笑)
セシルとシスカって、もしほんとに邂逅したら、ただのすれ違いじゃ終わらないかもって感じですよね。あ、でもそうしたら、ヨウコに睨まれるか……(以下自粛)
信号で並んで、一瞬の邂逅があって、そしてお互いに走り去る。なんか映画みたいですよね。私もあのシーンは気に入っています。

マイケルとセシルの関係の描写については、今はナイショです。まだ本編の連載中ですので、これからのお楽しみということで。
このお話の「とんでもない」展開は、一応背景なんかも考えてあるんですけど、それを書き出すと二話で終わらなくなるので、思い切ってバッサリと切りました。わかりにくいですよね~。ま、そこも想像の余地ということで、ヨロシク(何をだ)
アナスタシアを気に入ってくださって、ありがとうございます。彼女は、例の皇女さまですよ。はい、生き残ってたんです(謎)
最後はねえ、玉造温泉で打ち上げ大会ですからね。あの続きは、八少女夕さんがすっごく楽しいお話を書いて下さいました。だから、もう私が書くことはないですね(他力本願)

コメント、ありがとうございました。

866:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/04/13 at 18:04:01 (コメント編集)

≫ポール・ブリッツさん

うわぁ、すみません。ご挨拶もなしで、失礼しました。
相互リンク、ありがとうございます。

ポール・ブリッツさんの輪ゴムホラー、じつは拝読しました。センスいいなぁ、と感心することしきり。アルファポリスで大健闘ですよね。応援しています。

読み逃げが多くなると思いますが、よろしくおねがいします。
コメント、ありがとうございました。

867:あぁ~ by 大海彩洋 on 2015/04/14 at 17:47:19 (コメント編集)

なんかすごい展開になっている~、でも全部についていけていない~、でもすごい展開になっている~。
というのが拝読した後、最初の叫びでございました。え~っと、これは異世界巻き込みの国際的大事件だったのですね(でも、みみっちい支流が生まれただけ?)。
そんでもって、戦艦??(って、よく分かってない私です)ファンタジックな展開と、かなり濃いアクシデントシーン、さすがTOM-Fさんならでは、と感心しておりました。オフ会ストーリーでも手を抜かないってさすがです。
花火と喧嘩かぁ。OEDO情緒満載でまたマコトが喜ぶかも(だから『半にゃライダー』じゃないって)。
それから、うちの高校生と絡んでくださってありがとうございます。さっそく絡み返しをしました。いや、百合さんのセシルに対してアーサーは一体どんな想いを? とあれこれ妄想しながら、ぎりぎりラインのシーンを書いたのですが(花弁が君の髪に……)
……いや、これはもうじっくり本編を読ませていただくしかありませんね。

しかも「書く書く詐欺集団」のメンバーとして活躍中の私たちですが、その一部をチラ見させていただいたのですね。詐欺集団メンバーとして「さっさと書いてよ!」とはよう言いませんが、楽しみに待っています!
オフ会、楽しかったですね。あ、私はまだ最終回を残していますが、また遊んでください(*^_^*)

868:Re: あぁ~ by TOM-F@管理人 on 2015/04/15 at 19:09:20 (コメント編集)

≫大海彩洋さん

はい、もう滅茶苦茶な展開です。
「樋水龍神縁起」の高尚な世界の外側では、組織のエゴ丸出しのパワーゲームが(笑)
スペシャルサンクス、トゥ、海上自衛隊ってとこですかね。それと某国海軍と(爆)
そういう意味では、思い切り遊ばせていただきました。はいもう、全力で。「火事と喧嘩は江戸の華」ですので、お祭り騒ぎが好きな方は、ぜひ一緒に騒ぎましょう。
ハリポタ高校生トリオには、お世話になりました。とくに杉下さんには。絡みのお返し、嬉しいです。セシルの百合属性は、アーサーも嫌というほど知っていますので、たぶん「いつものことだな」くらいにしか思ってません。でも、あのシーンにはちょっとドキリとしました。じつは本編で、この先にそれに似たようなシーンを用意してあったので、なんでわかった!? って感じでした。うむむ、なにかがすでにバレているのか……。

「書く書く詐欺団」のリーダーとしては、ま、あれくらいのハッタリはかましておかないと、立場がありませんからね(なんの?)
オフ会のトリを飾る、大海彩洋さんの最終話、すごく楽しみです。
ほんとに、また遊びたいですね。北海道オフ、よろしく(無茶振り)

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク