RSS

小説『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』 第58話

 
 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/


  ドバイを出発してから七時間、ここまでの飛行は順調だった。だが、ここから着陸完了までの八分間は、離陸時の三分間と合わせて『クリティカル・イレブンミニッツ(魔の十一分間)』と言われ、事故の大半がこの時間帯に起きている。
「ビフォアランディング・チェック」
 機長の指示に、モニターの表示を確認した副操縦士が答える。
「コンプリート。オール、グリーン……いえ、待ってください。おかしいぞ。なんだ、これは」
 
   第58話 6.1 クリティカル・イレブンミニッツ(Layer:2 Side Story)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。

※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

ファンの皆様、お待たせしました。
フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイスの最新話です。
だらだらと連載していますが、ついにクライマックスの第6章(Chapter6)に入りました。で、その第一話が……。
なんやねん、これ(なんなんだよ、これ 標準語訳TOM-F)
ですよね、ですよねぇ。
白状します。
飛行機が大好きなんです。「ハッピー・フライト」に、かぶれてるんです。パイロットと管制官の交信、書いてみたかったんです。
えっと、拙作に最初のころからお付き合いいただいている方なら、前に読んだことがあるような? だと思います。とある方からの感想で(すでに先方の手で削除されてしまっていますが)「こんなとこに伏線らしきものを書いてても、ワケワカラン(意訳)」と言われまして。移転ついでに、レベルアップ(主に中二的に)しておきました。
あ、ちなみに、内容は半分デタラメなので、真に受けて管制官とこんな交信しないでくださいね(そんなヤツいるか!)

で、タイトルの「クリティカル・イレブンミニッツ」という用語と、その意味はマジだったりします。航空機の事故が多発する「魔の11分間」というのがありまして、離陸後の3分間と、着陸前の8分間に、重大事故が集中しているのだそうです。
本編の内容は、いうまでもなく「事故」ではなく「事件」なんですけどね。
すでに歴史になりつつある「9.11」ですが、このお話ではまだ●年前のことでして、人々の記憶にも新しいわけです。
TOM-Fは、ちょうどあの事件の一週間ほど前まで、ヨーロッパを旅行していました。あと少し遅かったら、旅行そのものに行けたかどうかというところでした。
それと、当時はBSEが猛威を振るっていて、ヨーロッパのどこに行っても牛肉料理はナシでした。ミュンヘンのホフブロイハウスでかじりついたウィンナーソーセージが、いちばんの肉料理だったなぁorz
じつは、それらの経験が、この作品の下敷きになっていたりします。

というわけで、今回のどうでもいい話&裏話は以上です。
さあ、来月の更新に向けて頑張ろう。

閑話休題。

「小説家になろう」でお世話になっているつるけいこさんから、バトンをいただいた。久しぶりのバトンだったので、楽しませてもらった。つるけいこさん、ありがとうございました。

では、いきます。題して……あれ、タイトル、ないや(爆)

1 自己紹介を30字以内でお願いします(名前の文字は30字カウントから除外することとする)。

なろうの辺境に生息する、自称「小説の神様」(信者いないけど) TOM-F です
おし、ぴったり30文字だ。なんて律儀なワタシ。

2 ここ最近嬉しいことは有りましたか?

「艦これ」2015冬イベント、全海域を攻略できた(EOは丙作戦だったけど)。初めてだったので、地味に嬉しかった。

3 ファンタジーの世界に飛び込みたいとか有りますか?そこで何をしたいですか?

『十二国記』の世界に行って、王様やってみたい。政治は麒麟と官僚に任せて、毎日遊び暮らすだけの暗君になりそうだが(笑) 

4 苦手な物って有りますか?例えばスポーツとかで。

球技は苦手、走るの苦手、跳ぶのも苦手、鉄棒は苦手、ついでに水泳も苦手。スポーツだと、マトモにできるのはスキーくらいかなぁ。

5 ここ最近解ったことってありますか?

イモリとヤモリの違い(爆笑)
いやほんと、田舎者のクセに知らなかったんですよ。「なろう」での交流は、勉強になるわ~。

6 カッコいいなって思うキャラ居ますか?ああ、伏せながら行ってくださいね?

某鳥に誘われた世界の元討伐隊長さんとか、某砂漠の王国の国王さまとか、某群雲に閉ざされた世界の片眼鏡の参謀さんとか。

7 感動した物事って有りますか?

単純な性格なので、すぐに感動する。
先日テレビでやっていた、コンシェルジュの仕事振りを紹介する番組を見て、いたく感動した。転職はしないけど。
それと、ナルシストなので、自分が書いた作品を読んで、じ~んとなったりしている。

8 リアルでいうと身長とかどうなんですか?

桜の花弁が舞い落ちるスピードで、約34秒ほどかかる。

9 ではでは、このバトンはだれに?

例によって、例のごとく、フリーで。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
824: by 山西 サキ on 2015/02/26 at 23:01:44 (コメント編集)

なんやねん、これ?

ってサキは大丈夫ですよ。
格好いい!!!て思っちゃいます。
でもいきなりなんなんでしょう?ロンドン上空でしょ?
危ないじゃないですか?
ドバイからの便だしA330とかかな?A340だったらいいのになぁ。サキはA340のファンなんですよ。あ、そんな場合じゃない。よくわからないまま続きを待ちます。

でも飛行機好きでない人はちゃんとカタカナ部分を読んでくれるのかな?サキもいつもそんなことを考えながら、こういうシーンを書いています。

825:来月の更新に向けて? by 八少女 夕 on 2015/02/27 at 03:51:17 (コメント編集)

こんばんは。
一番どうでもいい所にひっかかりました。え? いつから月一更新になったの? それとも来月の第一週の更新に向けて、みたいな意味?

それはそうと。私も最初の感想は「危ないよ。故障はドバイでやってよ!」でした。いや、場所は選べませんよね。
911は衝撃的でしたが、あれはもう歴史なんだ……orz

それはそうと、こういう描写、かっこいいです。これこそ、この間の記事で書いた「絶対に書けない描写」の一つかも。読んでいてワクワクしますが、実は、意味がほとんど分かっていなかったりします。

少なくとも、この飛行機がマイケルの真上に落っこってこないことを祈って。っていうか、そういうのを狙ってそうな……。

関係ないですが、自分の作品にじ〜ん、は、私も恥ずかしいけれどあります(笑)

827:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/02/27 at 19:33:52 (コメント編集)

> 山西サキさん

よかったぁ。サキさんなら大丈夫というか、気に入ってくださるんじゃないかって、ひそかに期待してました。
ロンドン上空で危険ですよね~。でもいいんです、はい。「事件」ですから(謎)
それと、サキさん、さすがです!
あの記述でA330だと看破できるのは、サキさんくらいかも。ポイントは「新鋭機」と「右手で操縦スティックを操作した」というところだけですからね。
A340ですか、またマニアックな。あれ、日本の航空会社は使ってませんよね、たしか。747もそうですけど、4発機はカッコイイ。ロマンがありますね。私も好きです。
カタカナ部分は、たぶん皆さん読んでは下さると思うのですが、まあ、その、まあ、ねぇ。本編とはあまり関係ない部分なので、スルーでもいいんですよね。でも、こちらは書きたい。読んでいただいている方には申し訳ないな、と思いながらも、時々暴走しています。だって、書いてて楽しいですからね。

コメント、ありがとうございました。

828:Re: 来月の更新に向けて? by TOM-F@管理人 on 2015/02/27 at 19:35:05 (コメント編集)

> 八少女夕さん

ひそかに張った予防線、さすがにスルーはなかったか(笑)
「フェアリーテイルズ」は、残り十数話ですので、しっかりと毎月更新していこうと思っています。連載もすでに三年目ですので、そろそろケリをつけないと。

この故障、人為的な「事件」ですので、場所は選ばれています。マイケルの頭上に、というよりむしろ……なんせ、9.11ですからね。そのあたり、次話でさくっと説明しますので、しばらくお待ちください。
思えば、あれからもう14年ですねぇ。あのニュースを見たときは、「これ映画かなんかじゃないの」ってくらい、現実感がなかったです。

こういうのが好きなもので、ちょっと暴走してしまいまして。読者の皆さんにはご迷惑なことと思いますが、本筋にはあまり関係のない部分ですので、読み流していただいてもなにも問題はありません。たぶん、次話の数行で説明できちゃいますので(笑)

お、「自作にじーん」組合、作りましょうか。でも、自分が感動しないと読み手を感動させられませんよね。だから、いいんです。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク