RSS

ATH-IM02

久しく動いていなかったオーディオ系の物欲だったが、ずっと使っているイヤホン ATH-CKM99 の音に飽きて……もとい十分に堪能したので、本格的なバランスド・アーマチュア(BA)型のイヤホンを使ってみたくなった。
候補をいくつか検討しておいて、いつもお世話になっている日本橋のイヤホン専門店「イー・イヤホン」に出かけた。

候補の製品をいくつか試聴してみたが、どれももうひとつという感じで決め手に欠けた。そして何気なく手にしたのが、オーディオテクニカの ATH-IM02 だった。

   140625-001.jpg

このイヤホンは、本体内部に低音用と中高音用のBA型ドライバーを各々1基搭載した、2ウェイと呼ばれる構成のものだ。
試聴した第一印象は、「うるさいイヤホンだな」だった。低音はドンドン鳴るし高音はキンキンと耳につくしで、これはひどいと思ったが、ポータブルオーディオプレイヤーの音量を少し落とした途端に印象ががらりと変わった。
BA型らしい輪郭のはっきりした音が、低域から高域までパワフルに出てくるのだ。繊細さと元気さを兼ね備えたイヤホンで、その音に「一目ぼれ」して購入した。
それから二週間ほど聴きこんだので、その印象をレビューをしてみたい。
音源はMP3の320KBPSを、SONYのウォークマンNW-A847で再生した。比較対象のリファレンス機は、ATH-CKM99である。

まずはJ-POPで、やなぎなぎ『三つ葉の結び目』
ピアノソロに伴奏がかぶさり、一瞬のミュートを挟んで、やなぎなぎのヴォーカルが空間から立ち上がるように聞こえてくる。CKM99でも迫力のある音が楽しめる楽曲だが、IM02はCKM99が大人しい優等生に思えるほど音の主張が派手だ。各楽器の音は明瞭に聞き取れるし、くるくると変わる猫の目のような やなぎなぎ のヴォーカルが耳元近くに聞こえる。音の傾向として、J-POPとの相性はかなり良いだろう。

続いて、同じくJ-POPで、霜月はるか『ユラグソラ』
空間的な表現力の乏しいイヤホンだと、とても残念な鳴り方になってしまうイヤホン泣かせの難曲だが、IM02はじつに見事な音像を描き出す。CKM99のようなふわっとした浮遊感はないものの、虚空に響き渡りながら消えていくような楽器の音の中に、霜月はるかの繊細な歌声が明確な存在感を持って聞こえてきて、「作られた」音を存分に楽しむことができる。

三曲目は室内楽で、ARIAオリジナルサウンドトラックのChoro Club「ゴンドラの夢」
アコースティック楽器の魅力がこれでもかと詰まった曲だが、思っていた通りIM02との相性は抜群だった。弦楽器を爪弾く音や、ベースの胴が鳴る音がしっかりと聞こえてきて、目の前で演奏しているかのような感覚だ。このアルバムは、もともと演奏も録音もとても素晴らしいのだが、このIM02で聴いて改めてその真価がわかった気がした。

四曲目は器楽曲で、ショパン『ワルツ第7番』
中村紘子の、テンポや強弱の変化で情感豊かに歌うような演奏を、打鍵のニュアンスまでしっかりと聴かせてくれる。とくに小さな音と細部の表現が美しく、音の消え際がじつに心地よかった。

最後は、フルオーケストラの楽曲から、エルガー『威風堂々』
金管のパパパッという音、シンバルのシャンという音、ドラムのサササッという音、トライアングルのチンという音、そして弦楽器の響き。オーケストラの楽器が団子にならずに、それぞれの位置から聞こえてくる。録音したホールの奥行き感や残響まで描き出す、とても見晴らしのいい鳴り方だ。

IM02は、2基のドライバーを持つ関係で、音の全帯域を完全に出し切っていないと思わせる部分はあるが、それを補って余りある疾風怒涛のような音を聴かせてくれる魅力的なイヤホンだ。
安い買い物ではないが、圧倒的な音の差を思えば、出した金額に見合うだけの幸福感を与えてくれるイヤホンである。流行りのハイレゾオーディオにも、じゅうぶんに対応できる一品だと思う。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
616:おお by 八少女 夕 on 2014/06/26 at 05:14:45 (コメント編集)

こんばんは〜
久しぶりに出ましたね。
音にこだわるTOM-Fさんの紹介記事。

私は、普段聴いているiPhoneの音はそんなにこだわらないのですが、イヤホンの形状だけは、こういう耳にすっぽり入るのじゃないとダメなんです。でも、この形状だとどうもケーブルが壊れやすいような。で、ウルトラ安いのをほぼ使い捨てで(でも二年保証で取り替えてもらっていた)利用していたのですが、あまりに安いのか、ダメダメなのか、店で取り扱わなくなってしまって、次に壊れたらどれにしようかなと思っていたんですよね。

ううむ、こういう記事を読むと、ちゃんとしたのがほしくなるなあ。

ところで、TOM-Fさん、月末ですけれどあかりちゃんは? お待ちしていますが……

617:イヤホン。 by 宮樹弓子 on 2014/06/26 at 10:40:47 (コメント編集)

音への熱いこだわりがびんびん伝わってまいりました。
わたしもウォークマンユーザで、数年前に買ったNW-S645を愛用しています。
はじめについてきたイヤホンが故障したときにはすごく焦って、何もわからないままにオーディオテクニカのCK323を買いました……
って、書いてからATH-IM02を検索してみたのですが、ひょええええ差がありすぎてコメントしてスミマセン状態ですね!(汗)

よいイヤホンだと、よい音楽がさらにすばらしいものに聞こえるのでしょうね。
いまのイヤホンはなぜか音が曇って聞こえる気がしてしまって……。
「気のせいかな」と思っていたのですが、こちらの記事を読みますと気のせいじゃなくてイヤホンの性能なんだ! という気がします。
いよいよ本格的なイヤホンがほしくなってきました。

618:Re: おお by TOM-F@管理人 on 2014/06/26 at 20:05:55 (コメント編集)

> 八少女夕さん

久しぶりに、物欲モードに入ってしまいました(笑)
ただ音楽を聴くだけなら、そんなにこだわらなくてもいいんですけどね。いったんこの世界に嵌ってしまうと、なかなか脱出できません。
「カナル型」というタイプですが、仰るとおり弱点はケーブルの断線なんですよね。たいていは、それでダメになります。値段の高いイヤホンの場合は、断線してもケーブルだけ交換できるようになっているものもあります。ATH-IM02も、そういうタイプです。
イヤホンは、数百円のものから十数万円するものまで幅広くありますが、価格と得られる音のバランスがいいのは、一万円前後のものだと思います。ア●ゾンとかで、たまに三割引くらいで出るので、そういうときが狙い目ですね。
イヤホンを変えて、ちょっと幸せな音楽生活を送るというのも、お勧めですよ。

今月も書きたいなとは思っていますが……うむむ、どうなるかちょっとビミョウですね。
でも、待ってくださっている方がいらっしゃるのは、すごく嬉しいですね。うん、ありがたいなぁ。

コメント、ありがとうございました。

619:Re: イヤホン。 by TOM-F@管理人 on 2014/06/26 at 20:52:45 (コメント編集)

> 宮樹弓子さん

おお、宮樹さんもウォークマンをお使いですか。なんだか親近感が湧きますね。Sシリーズも、バランスのいい機種ですよね。
イヤホンって、高級なものだと十数万円するものもありますから、ATH-IM02くらいならまだ序の口なんですよ。とはいえ、二千円前後のものから一万円前後のものに変えると、ほんとうにびっくりするくらい音が変わります。梅田のヨド●シとかでも、自分のウォークマンを持ち込んで試聴できるので、お試しください。
それでオーディオの深淵に嵌れば、幸せな音楽生活が待っていますよ、って、なんか悪徳商法の勧誘みたいですね(笑)

コメント、ありがとうございました。

620: by 栗栖紗那 on 2014/06/27 at 23:27:01 (コメント編集)

こんばんは。

ボクもちょっと前にイヤホン買い替えましたけどね……前のが断線してしまって(泣)
今はMDR-XB50ってソニーのやつ使ってます。
そこまで音にこだわるわけじゃないですけど、一番最小のいい奴を探し続けたらコレでした。
低音域が主張するタイプですが、気に入ってます。
TOM-Fさんお勧めのも、ヨ●バシにでも行って聞いてみようかな。あるといいな……

前のイヤホン記事にあった霜月はるかさんの『ユラグソラ』を聞いてみましたが、個人的には今のイヤホンで十分満足できてしまったです。もっといいイヤホンだとどうなるのでしょうね?

621:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2014/06/29 at 13:19:04 (コメント編集)

> 栗栖紗那

断線はイヤホンの弱点ですからね、高いものを使っていて断線したら、かなり凹みます。
MDR-XB50重低音の再生能力をウリにした製品ですね。値段の割りには、いい音がするようですね。
IM02はBA型という構造上、低音の圧力は低めです。MDR-XB50に比べるとちょっと物足りないかなと感じるかもしれませんね。ただ、ボーカルのリアリティとか、高音の煌きとか、とくに小さな音のニュアンスは、優れていると思います。

> 前のイヤホン記事にあった霜月はるかさんの『ユラグソラ』を聞いてみましたが、個人的には今のイヤホンで十分満足できてしまったです。もっといいイヤホンだとどうなるのでしょうね?

そうですね、冒頭のごう~んという音の広がりとか、ヴォーカルのニュアンスとか、鈴の音のシャリンという音とか、そのあたりがすこし違うと思います。
ただ、それだけの差に多額の投資をするかとなると、ちょっと微妙ですね。私はへんにこだわってしまうので、高い買い物をしてしまうのですが(笑)

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク