RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第49話』

 
 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/



第49話 5.2 コリジョン・コース(Layer:1 Main Story)


 セシルは、そんなマイケルに目もくれずに、街灯の影に立つ人影に険しい視線を投げていた。
「姿を見せろよ、出来損ない」
 侮蔑のこもったセシルの呼びかけに応じて、その人影が足を踏み出す。パンプスの足元が、じゃりっと乾いた音を立てた。そして、街灯の光の下に現われた金髪の女性を見た瞬間、マイケルの思考は停止した。
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第49話 5.2 コリジョン・コース(Layer:1 Main Story)

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください


ほぼ定時の更新です~。
Chapter 5 の第2話では、美しき殺人者の正体が明らかになります。
あまりにも衝撃的で意外なその人物は……
って、たぶんほとんどの読者さまには、バレてますよね。
知らぬは、マイケルだけ(笑)

さて、またまたどうでもいいお話を少々。
演技の下手な役者を指して「大根役者」と言いますよね。あれ、どうして大根なんでしょうね。
というわけで、さっそくWikipediaに尋ねてみました。
そしたら、意外なことに、その語源ははっきりしていませんでした。
大根が食あたりを防ぐ効果があるため「あたらない」=「当たらない」つまり人気が出ないからという説や、演技が下手で舞台を下ろされることを大根の調理法の「おろす」に掛けたという説や、他にもいろいろ出ていました。

日本では「大根」だけど、外国ではどう言うのか。
こちらも調べてみました。
答えは「Ham(ハム)」と言うのだそうです。ラディッシュじゃないんですね、やっぱり(笑)
でも、なんじゃそれ、ですよね。
こちらの語源もまた、hamに「道化者」という意味がありピエロのようなわざとらしい演技しかできないからという説や、アマチュア(Amateur) が訛ったという説や、演技力がない役者はシェイクスピアのハムレットを演じたがるからという説など、はっきりとしていないようです。

さて、作中ではセシルから「ハム」呼ばわりされたマイケルですが、今回もまた活躍しているようなしていないような、微妙な役回りでしたね。
エミリーをはじめとする脇役が主役を食いまくっている、某放送協会の大河ドラマみたいになってきましたけど、そのうち見せ場はありますのでご安心ください。
って、誰に言い訳してるんだろう(爆)
 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
494:て、展開早い by 八少女 夕 on 2014/02/13 at 06:00:26 (コメント編集)

しばらく誰がやったかわからないという展開を予想していたので、今回は驚きました。

それに、ステファニー、異種だった?! 私はまたあの人に操られていただけだと。中華料理店では完全に痴情のもつれだけだと思っていたし、してやられました。

さて、そろそろ謎の核心に迫ってきたようですね。恋愛シーンも捨てがたいですが、こっちも読みたいし。まずは「待て」と言った人だな。敵か味方か、どっちだろう。氣になりますので続きをどんどん書いてくださいね。

495:Re: て、展開早い by TOM-F@管理人 on 2014/02/14 at 00:13:41

> 八少女夕さん

はい、そろそろ終盤に突入しますので、いつまでも謎ダヨ~って引っ張るわけにもいかなくなってきました。
ステファニーは、何世代かたった「血の薄い」異種なんです。ただ、操られていないのかと言うと、そうでもなかったり……。中華料理店でのやりとりは、「ああそういえば」と思ってもらえる程度には、意識して書きました。
「そこまで」とか言っているヤツは……次話のお楽しみということで(笑)
月一回ペースでのスローな更新になりそうですが、のんびりとお付き合いしていただけると嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。

497:ドキドキ by 山西 サキ on 2014/02/15 at 17:16:27 (コメント編集)

ホホゥッ!!!ドキドキしますね。
セシルはやっぱり格好いいです。
この違和感、2人の人格をエミリーに収めたのは大成功ですよ。
すごくいいです。
ステファニーかなとは思っていましたが、彼女はそういう血統だったんですね。
ここで回収されていった長い伏線、中華街の出来事が蘇って、エミリーとセシルの人格の違いが際立ってきます。
う~ん、やっぱりセシル、少し理屈っぽくて格好いいです。
おまえたちとわたしたちの間で交わされた契約の履行……か、少しずつ全体像に迫っていくのでしょうか?
セシルの言動に比べてマイケルの間抜けに見えること(ごめんなさい)。
マイケルは普通の人間なんだから当然なんですけどね。
このあと格好良くなることを期待します。
男の声?誰だろ?ドキドキ……。

499:Re: ドキドキ by TOM-F@管理人 on 2014/02/16 at 01:05:51

> 山西サキさん

おっ、ドキドキしてもらえましたか。よかったです。
セシルのこと、気に入ってくださって、ありがとうございます。嬉しいです。彼女、マイケルより男前でしょ(笑)
やはり、犯人=ステファニーという構図は、バレバレでしたね(笑)
彼女、アノ血統なんですよ。すごく薄まってますけど。
中華街での伏線、回収までえらくかかってしまいました。連載期間も長いので、もう忘れられていそうですね。
周りが濃いキャラなので、マイケルは影が薄いですけど、しっかり主人公させる予定ですので、応援よろしくお願いします。それと同時に、仕掛けた謎もどんどん明らかにしていくつもりですので、お楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク