RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第48話』

 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/



第48話 5.1 ビューティフル・マーダラー(Layer:2 Side Story)

「ごめんなさい」
 アリシアが謝ると、女性は冷たい笑みを浮かべた。
「いいのよ。……あら、あなた。可愛らしい子ね」
 笑ったままで、女性の口元が歪む。すうっと伸びたその手が、アリシアの長い黒髪をよけて頬に触れる。柔らかくて、しかし冷たい感触に、アリシアの背すじが寒くなる。
「ねえ、おねえさんといいことして遊ばない?」
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第48話 5.1 ビューティフル・マーダラー(Layer:2 Side Story)

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください


なんか、予想外に早く書けましたので、更新しちゃいました。
自転車操業なんですが、書けたら出さずにいられないんですよね。モノ書きの悲しいサガですかね~。

さて、このお話から新章「Chapter 5」に入ります。
終わらない夏、エンドレス・セブンなこの作品も、残すところこの「Chapter 5」と「Chapter 6」だけとなりました。まあ、それでもまだ先は長いですけど。

前章までは、マイケルとエミリーの恋愛模様を中心に書いてきました。が、ちょっとひっぱりすぎたので、そういやそもそも事の発端になったあの事件はどうなってるんだよ、というツッコミがそろそろ入りそうです。
はい、ご安心下さい。忘れちゃあいません。
マイケルとエミリーがいちゃいちゃ(でもないか)している、文字通りその足元で、事件は起きていたのです。
今回は、アップルなあの女性や、ちょっとだけ顔見せした百合な女の子や、先日完結した「あの星」にも出ていた問題教師や、BLOGでお世話になっている八少女夕さんのオリキャラまで登場して、もうしっちゃかめっちゃかな展開です。エミリーのアブノーマルな性癖の一端もうかがえる、一粒で三度美味しい……いえ、一話でいろいろ美味しいお話です。……美味しいんだってば。

さて今回のオマケです。

「小説家になろう」でお世話になっている ひかわ浅葱 さんより、「最愛オリキャラ」バトンをいただきました。って、いつの話だよ、年越してるじゃん(爆)
では、TOM-F、推して参りますっ!!

■最愛オリキャラバトン■
1.あなたの中で最愛のオリキャラを教えて下さい。性別と年齢、身長などもどうぞ!(複数可)

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』のヒロイン、エミリー(じゅげむじゅげむなので本名は省略)です。

プロフィールについては、彼女にはいろいろと裏……もとい謎が多いので、いちおう見た目で。
性別は女性、年齢は17歳くらい。
身長は158cmで、体重は(禁則事項です)。
外見の特徴は、腰まで届く白い長髪と、赤と青のオッドアイです。
出身は、ドイツとスイスとオーストリアに国境を接する国連非加盟の独立国「フォア・エスターライヒ公国」です。身分は、公国の主である女大公。もうひとつ、なぜかフランク王国皇女の称号も(いまだに)保持しています……無茶苦茶な設定だな、これ。

2.そのキャラの性格的な特徴などを教えて下さい

傲岸不遜、傍若無人、天上天下唯我独尊。高飛車な言動が標準装備です。
知識と能力と身分と美貌を鼻にかけていて、自分に釣り合う男などいない、と豪語しています。
たぶん、すべての人類を見下してますね。

3.そのキャラの血液型を教えて下さい

不明です。
ですが、あの性格からすると、間違いなく○型……え、伏字になってない? 気のせいです。

4.そのキャラができた過程は?

劇場版アニメ化された伝奇ノベルの魔眼ヒロインと、TVアニメ化されたコミックの白銀ドールが、脳内合成されて出来上がりました。

5.そのキャラの妄想段階と完成段階で大きく異なった点はありますか?

目の色ですね。
当初は、左右ともに薄いすみれ色(まんまだなぁ)でしたが、途中で、赤と青のオッドアイになりました。

6.あなたにとってそのオリキャラが最愛である理由は?

構想開始から十年ちかく、ずっと彼女のことを思い続けてきましたからね。
まあ、絶望的な片思いなんですけど。

7.そのキャラで気をつけている点はありますか?(幅広く)

とにかく、読者さまから嫌われるように書くこと……だったんですが、どうも失敗したようです。

8.そのキャラの好きな食べ物、普段の趣味は何ですか?

食いしん坊なので、なんでも食べるようです。甘いもの、紅茶、ワインが三大好物。
趣味は、口喧嘩で相手を負かすこと……すみません、冗談です。
たぶん、ロリータファッションを着ることですね。
あと未公開ですが、ヴァイオリンが弾けます。素人にしては、上手いようです。

9.そのキャラの持つコンプレックスはありますか?(または忌まわしい過去)

コンプレックスとは縁遠い子なので、それはありません。
ただ、素行不良なので、忌まわしい過去はいろいろあります。男性遍歴とか、女性遍歴とか、暴力沙汰とか……。

10.そのキャラの特技と必殺技は何ですか?

主人公マイケルの足を、見えていなくても確実に踏みつけることができる、という特技があります(ひでえ)
必殺技は、容赦のない言葉による精神攻撃……というのは冗談です。
設定上、すべてのキャラを圧倒的に凌駕する戦闘力を持っていて、彼女が戦闘で使用するスキル「マルチロール・ウエポン・システム」の殲滅モード「ラグナ・ロック」は戦術核兵器なみの威力があります。使わせた時点で、貴方の敗北は確定です。

11.そのキャラの寝相は良さそうですか?

いろいろと差し障りがあるので、良いということにしておきます。

12.そのキャラの好きな異性、または同性のタイプは?

男性なら、礼儀正しくて、身分が高くて、男前で、お金持ち(ここ重要です)が必須条件です。
女性なら、大人しい美少女が大好きで、得物にされた子は数知れず(自粛)

13.そのキャラが持つ「恋愛」に対する理想はありますか?

たぶん、百合が理想だと思っていますね、あの子は。

14.そのキャラが結婚するとしたら何歳くらいになりそうですか?

設定では、結婚しま(禁則事項です)

15.そのキャラの萌えポイントはどこ?または何?

ロリータファッションを着たアンティークドールのような美麗な外見とはうらはらな、凶悪極悪な性格。この点に尽きます。

16.もし現実にそのキャラが現れたらお願いしたいことは何?

き、き、着せ替え人形になってください。
ごめんなさい、すみません、冗談です。ちょ、そんな怖い目で見ないで……きゃ~。

17.出てきたオリキャラがあなたを見て思った第一印象は?

ダサい服を着た人ね……。

18.オリキャラがあなたに一言!

「このわたしを小説に書こうなんて、百年早いわ」

19.オリキャラにこれだけはして欲しくないことは何?

現実に現われたら、ですよね。
私は繊細なガラスのハートなので、精神攻撃はやめてください。

20.オリキャラに一言!

愛があれば、年の差なんて(きわめて意味深)

21.最愛オリキャラを持つ人にバトンを回して下さい。

あらためて書くと、超恥ずかしい厨二設定の数々ですね(汗)
フリーで置いておきます。
どなたか、やってやんよ、という方がいらっしゃいましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
476:あらっ by 八少女 夕 on 2014/01/16 at 05:32:04 (コメント編集)

フジカラー先生だったんですね!
なるほど、ティーンの頃からあの性格だったんだ(笑)
そして、ウチの奴らはまたロンドンに行ったのか、とよく考えたら、以前お邪魔してからそちらではほとんど時間が経っていなかったのでしたね。そりゃ、まだいるでしょう。そろそろフルートの修理も終わった頃でしょうか。

さて、本題ですけれど、あらあらあら。あの娘、そんなかわいそうなことに。もともと、いろいろな意味でかわいそうな子だけれど、さらにそうなっちゃうんだ……。しかも下手人はもしかしてアップルちゃん? 
あんまりの展開にドキドキが止まりません。裏で糸を引いているのは、あの方ですよね。

この件を知ったら、エミリーはどうするのか、そして、マイケルは?

先が氣になります。早く続きを書いてください。お願いします。

オリキャラバトンですけれど。
最愛っていわれると男になっちゃうんですよ。新堂朗。全然面白くない。次が稔。これも面白くない。蝶子や真耶は出し過ぎているし、いっそのこと龍王で?

477:Re: あらっ by TOM-F@管理人 on 2014/01/17 at 01:28:24

> 八少女夕さん

セルフコラボ、してみました(笑)
あの人は、たぶん、生まれつきああいう性格だったんですね。
「大道芸人たち」の皆さんを、ことわりもなく登場(?)させてしまいました。頼りになる皆様です。

百合な子は、もうすこしエミリーと絡ませておきたかったんですが、諸般の事情でかなり影の薄いキャラになってしまいました。オマケに、幸も薄いです。八少女夕さん、さすがい鋭いですね。お察しの通り、下手人はアップルな女性です。黒幕は……次話のお楽しみということで(すでにバレバレですけど)

次話、がんばって書きます。でも、たぶん、来月になります。はい、月刊フェアリーテイルズです(爆)

コメント、ありがとうございました。

478:こんばんは~。 by 山西 サキ on 2014/01/17 at 19:57:17 (コメント編集)

うわぁ!殺されちゃうのぉ?
こんなにあっけないんだ。恐いです。諸般の事情って……それにしてもTOM-Fさん酷すぎます。
でも、どんな事情で殺されちゃったのかすごく気になってます。来月まで待てるかな?

カナコは相変わらずですね。そして例の4人組もそっと登場、ちょっといいですね。作品を読んでいる者だけがちょっとニヤッと出来る瞬間です。
でも、今更ですがマイケルってこんなにかっこよかったんですね。暫く忘れていました。そうですよね、エミリーと釣り合わなければならないんですもんね。
納得、納得。

でも、シャネルのお姉さんは死刑だ!
最後「アリシアはその意識を永遠に手放した」……可哀想です。

オリキャラバトン、エミリーで来ましたか。
とても楽しかったです。
エミリーですもんね。
どうしようかな?

479:Re: こんばんは~。 by TOM-F@管理人 on 2014/01/18 at 18:34:32

> 山西サキさん

あうあう、ごめんなさい~(平謝り)
物語の発端が「連続通り魔殺人事件」なので、なんの事情も脈絡もなく、突然不幸に見舞われてしまいます。シャネル姉さんがアリシアを襲ったのも、たまたまそこに居合わせたからにすぎません。いやじつに酷い話だと思います。
諸般の事情というのは、エミリーとアリシアの関係をもっと描いておきたかったのですが、マイケルとの関係とうまく書き分けることができなかったという反省です。うむむ、難しい。

カナコはきっと、年をとってもああいう人でしょうね。八少女夕さんの大道芸人たち四人組にも、何度も登場していただいています。こういう「お遊び」は、ほんとうに楽しいです。
私は、とにかく「綺麗ごと」が好きなので、主人公やヒロインは、たいてい美男美女です。ブサイクなキャラは、たぶん「妹背」の長男くらいかな。

オリキャラバトン、ぜひお持ち帰りください。サキさんの最愛キャラが誰なのか、気になります。

コメント、ありがとうございました。

480:そうそう by 大海彩洋 on 2014/01/20 at 23:01:18 (コメント編集)

コメントを書き損なっていました~
このバトン、いいなぁと思っていたのですが、エミリーさんを未だ把握していなかったので、せめて一話でも拝読してからとか思ったのですけれど……・
でも、サキさんのところのバトンも拝読して、あ、そうか、これをまだ読んでいない人へのメッセージと思って読めばいいんだと気が付きまして、コメントに来ちゃったです。
「ずっと思い続けてきた」ってところにぐっときました。最愛キャラに対する思いって、みんな同じなんだなぁと思って、何だか嬉しかったりして。興味深かったのは「嫌われるように書くこと」……これは私もたまにやるけど、なぜか成功しませんねぇ。蓼食う虫も好き好きなのでしょうか??
TOM-Fさんのバトンには本当にお世話になっております。ほんと、バトンの王様ですね。
対談バトンはちょっと無理と思っていたのに、回ってきたので、あわててたのですけれど、こっちはお持ち帰りさせていただきます(*^_^*)
私の場合は、言わずと知れているのですけれど(*^_^*)
でもまずは、「あの日、星空の下で」を読了したいと思います!

481:Re: そうそう by TOM-F@管理人 on 2014/01/22 at 10:04:27

> 大海彩洋さん

バトン、楽しんでいただけてよかったです。
ものによっては、回答しにくいバトンもありますよね。「小説家になろう」というサイトでバトンをいただいてくることが多いんですが、回答できなさそうなものは無理して貰ってこないようにしています。
キャラ紹介系のバトンは、作品の紹介というか宣伝(笑)にもなりますので、けっこう力が入りますね。

> 「ずっと思い続けてきた」ってところにぐっときました。最愛キャラに対する思いって、みんな同じなんだなぁと思って、何だか嬉しかったりして。

おお、大海彩洋さんもですか。キャラ愛って、ありますよね、うん。
嫌われように書くのは、やはり難しいのですね。作者の側にも思い入れとかあるし、読者さまも懐が深い方が多くて、ちょっとやそっとのことでは嫌いになってもらえません……って、なんか、話しが根本的に間違ってるような気がする(笑)

お気に召したバトンがありましたら、どんどんお持ち帰り下さい。
拙作は、作者の自己満足100%の作品ばかりですが、よろしければまたお付き合いください。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク