RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第45話』


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/



第45話 4.11.2 ミッション・インポッシブル(Layer:1 Main Story)2


「おまえのことは、調べたつもりだ。けど、わかったのは、身分や仕事のことばかり。そんなことが知りたいんじゃないんだ」
 それでもエミリーは、知らん顔を決め込んでいた。いきなりのつまずきに、マイケルは心の中でため息をつく。そういえば、スコットランドヤードの取調室でも、知らぬ存ぜぬだった。自分からは、なにも話さないやつなんだな。
 いや、待てよ。そういえば……。マイケルは、ふと、あることを思い出した。
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第45話 4.11.2 ミッション・インポッシブル(Layer:1 Main Story)2

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

前回の続きになります。
告白するつもりで、エミリーを強引にデートに連れ出したマイケルですが、なにやら前途多難なようです。
それと、エミリーのこだわりというか、作品の冒頭付近でマイケルがしなかったあることを、今の今まで引きずっています。それが、今回なされるわけですが……。
そんなん、どないでもええがな!!(そんなの、どうでもいいじゃない!!という意味の関西弁)
ですよね~、やっぱり。でも、私は大事なことだと思うんですよね。
そして、今回、久しぶりにエミリーの得意技が炸裂します。原因は、マイケルの自爆なんですけどね。やっぱりこの二人って、バカップルですね、はい。

さて、以下は今回のおまけです。
『小説家になろう!』でお世話になっている つるけいこ さんがされていたオリキャラ比較バトンをいただいてきました。
いえ、記事のネタ切れとか、そういうことではありません。

というわけで、
『華麗なるSeventeen美少女対決、第2弾!』
気合っ、入れてっ、いきますっ!!(ひぇ~By比叡)

まずは、比較するキャラの紹介から。

・桜(さくら)from「妹背の桜」
 作品のヒロイン。主人公、風花王子の実妹であり恋人だが、出生に謎を持つ王女。賀茂斎王を勤める。

・橘花(きっか)from「妹背の桜」
 作品のサブヒロイン。風花王子や桜王女の異母妹。風花王子に思いを寄せるが……。桜の後を受けて、賀茂斎王になる。橘花の斎王在位期間は、歴代最長であった。

・エミリー(エリザベート・アマーリエ=ミリア・フォン・フォアエスターライヒ)
  from「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」
 作品のヒロイン。現役女子高生であり、謎の敵性体との戦いの場に身を置く戦士。魔法とも超能力とも科学力ともつかない超絶能力を駆使する。

・観月詩織(みづきしおり)from「あの日、星空の下で」
 作品のヒロイン。主人公の同級生で、朝陽北高校天文研究部の副部長。地味で控えめな少女。左利きで、左右の手で寸分違わない絵や文字を書くという特技を持つ。

・春日綾乃(かすがあやの)from「あの日、星空の下で」
 作品のヒロイン。主人公の幼馴染で、天文研究部の部員。写真部と掛け持ちしている。学業も運動も優秀で、しかも明るくて社交的。完全無欠の女子高生で、校内でも人気がある。

■年齢(年上>年下)
 エミリー>>綾乃>桜>詩織>橘花
 ※エミリー以外は、生年月日の順番です。

■精神年齢(高い>低い)
 エミリー>綾乃>詩織>桜>>橘花
 ※橘花の精神年齢の低さはダントツです。その分、成長度合いもダントツです。

■感情(顔に出る>判り難い)
 橘花>>桜>綾乃>詩織>>エミリー
 ※エミリーは、かなり腹黒い子ですからねぇ。

■思考(感情的>理論的)
 桜>>橘花>詩織>綾乃>>エミリー
 ※エミリーは、かなり腹…(ちーん

■身長(高い>低い)
 エミリー>綾乃>詩織>>桜>橘花
 ※158-157-155-142-140という設定です。みんな小柄ですね。

■声(高い>低い)
 橘花>桜>エミリー>詩織>綾乃
 ※ほぼ身長に比例しますが、エミリーの声は高くて硬質です。

■視力(良い>悪い)
 エミリー>>綾乃>詩織>>橘花>桜
 ※エミリーは身体能力がチート設定なので。

■聴力(良い>悪い)
 エミリー>>綾乃>詩織>>橘花>桜
 ※同上。ただし、物理的な聴力でなければ、橘花がぶっちぎりのトップです。

■音感(有る>無い)
 エミリー>詩織>綾乃>>桜>橘花
 ※じつは、エミリーはヴァイオリンが弾けます。本編でもそういうシーンを予定していましたが、諸般の事情で泣く泣くカットしました……たんに書けなかっただけだろうって? し、失礼なっ!! その通りです(笑) 詩織も綾乃も、歌は上手い方です。

■成績(良い>悪い)
 綾乃>>エミリー>詩織>>橘花>桜
 ※綾乃は、本物の天才です。記憶能力、計算能力ともに常人離れしています。

■運動(得意>苦手)
 エミリー>>>綾乃>詩織>>橘花>桜
 ※エミリーはチート能力です。

■喧嘩or戦闘(得意>苦手)
 エミリー>>>詩織>橘花>桜>綾乃
 ※なにげに武闘派の詩織ですが、エミリーと比べると、水鉄砲と航空母艦くらいの違いがあります。つか、エミリーって何者?

■舌戦or口論(得意>低い)
 エミリー>>橘花>桜>綾乃>詩織
 ※こちらも圧倒的な差があります。エミリーは、目下、連勝記録を更新中です。

■平均睡眠時間(長い>短い)
 橘花>綾乃>詩織>桜>エミリー
 ※桜とエミリーは、夜行性です。エミリーは、昼間もあまり寝てないようだけど、美容の敵だよ~。

■人付合い(人懐こい>人見知り)
 橘花>綾乃>エミリー>詩織>>桜
 ※桜は、引きこもりですね。

■身辺(綺麗>汚い)
 エミリー>詩織>綾乃>>桜>橘花
 ※エミリーは王族ですからね。同じ王族でも、平安時代の衛生状態では……きゃ~。

■料理(上手>下手)
 綾乃>詩織>エミリー>>橘花=桜
 ※綾乃はお菓子、詩織は軽食が得意です。エミリーは材料と設備を揃えてあげれば、プロはだしの料理を作ります……揃えてあげれば、ですが。橘花と桜は、台所に立つことはありません。

■裁縫(上手>下手)
 詩織>綾乃>>エミリー=橘花=桜
 ※両手が均等に使える分、詩織の方が器用です。あとの三人は、縫い物はしません。

■暑さ(強い>弱い)
 エミリー>>>綾乃>詩織>橘花>>桜
 ※エミリーは別次元です。綾乃は春に生まれ、詩織は冬に生まれたので。桜は、虚弱体質です。

■寒さ(強い>弱い)
 エミリー>>>詩織>綾乃>橘花>>桜
 ※同上の事情による。

■回す人
 TOM-F>>>あ・な・た……記号の意味が違うがな(笑)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
440:こんばんは by 八少女 夕 on 2013/11/20 at 23:05:14 (コメント編集)

これって核心部分ですよね。
マイケルもわかっていないけれど、私もわかっていない。
セシルとエミリーとどっちが本物(主人格)? もしくはそういう質問は間違っている?

でもはっきりしているのは、カップルになるとしたらエミリーとマイケルの二人であって、セシルはここではお呼びではないと。

それと、呼ぶだけで簡単に入れ替われる? それとも、二人は常に両方とも聞いている(表に立っていなくても覚醒している)?

この辺のことが明らかになるのが次回以降ってことなんでしょうね。

実を言うと、私がロンドンで食べたローストビーフは、大英帝国の名に恥じない「残念な」味だったのですが、この二人が食べているのは、ちょっと美味しそうですね。マイケル、忙しいなら、ちょっとこちらにまわしてくださいよ。

441:Re: こんばんは by TOM-F@管理人 on 2013/11/22 at 09:35:20

> 八少女夕さん

そうなんです、結構、核心に迫っています。展開的には、そろそろ終盤に入りますので。
エミリーとセシルの関係については、これからおいおい書いていきますが、あまり詳しく触れる予定はありません。そうですね、パソコンで動いているソフトウエアをイメージしていただければいいと思います。どちらかが動いているときは、もう片方は完全に止まっていたり、バックグラウンドで動いていたりしています。切り替えの自由度はけっこう高くて、「ちょっと替わってよ」「は~い」みたいな感じで入れ替わることもできます。便利ですね。
マイケルはエミリーのことが好きでセシルは苦手ですし、セシルは恋愛や異性に興味がありませんので、必然的にマイケル&エミリーということになります。マイケルは、あれでけっこう一途なところがあるので、エミリーへの愛を貫きます(プチ、ネタばらしです)

ローストビーフ、残念な味だったんですね。じつは、私がロンドンに行ったときにはBSEのせいで、牛肉を食べさせてもらえなかったんですよ。で、悔しいので、作品のなかでは二人に食べさせました。そしたら、もっと悔しくなりましたけど(笑)

コメント、ありがとうございました。

442:こんばんは~。 by 山西 サキ on 2013/11/25 at 22:14:29 (コメント編集)

どうなってるんでしょう?セシルとエミリーの関係はショウとシスカの関係とはまったく違うようです。気軽にそして自由に入れ替わって、1つの体を使っているようです。これはサキにとって不思議なことでTOM-Fさんがこの2人をどうしていくのか、本当に興味津々です。
サキはちょっと変わっているので、セシルが好きなんです。セシルの物言い、すごく素敵です。そして、この子に活躍して欲しいんですが、マイケルとの関係を考えるとエミリーの活躍にも期待してしまいます。エミリーはとても可愛いです。
マイケル?どうするつもり?
この状況からは結末はまったく予想できませんが、あらゆる結末に対応できるように準備を始めておきます。
でも、サキは対応できるのでしょうか?

443:Re: こんばんは~。 by TOM-F@管理人 on 2013/11/26 at 20:39:18

> 山西サキさん

 セシルとエミリーの関係は、たぶん、ショウとシスカの関係とかなり毛色が違うと思います。一般的な解離性同一性障害とも違います。パソコンとソフトの関係に近いですね。
 お、セシルを気に入ってくださったんですね。嬉しいです。彼女はなかなか出番がありませんが、出てきたときには、マイケルとの関係も含めて大活躍してもらうつもりです。
 もうすこし進むと、物語は急展開を迎えます。ちょうど「転」の部分に入ります。サキさんにも楽しんでいただけるように、頑張って書きますので、これからもよろしくお願いします。

 コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク