RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第44話』

 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/



第44話 4.11.1 ミッション・インポッシブル(Layer:1 Main Story)1


「お待たせしたかしら?」
 その言葉遣いは、いつものエミリーだった。そのことに一安心したマイケルは、慌てて首を振る。
「いや。俺が早く着いてしまったんだ」
「そう。それで、ご用はなにかしら。また、大事な話でも……」
 皮肉を言いかけたエミリーを、マイケルは強い口調で制した。
「エミリー」
 話の腰を折られたエミリーは、きょとんとしてマイケルを見ている。
「今から、俺とデートしよう」
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第44話 4.11.1 ミッション・インポッシブル(Layer:1 Main Story)1

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

今回も、一話を前後編二回でお届けします。
ううむ、なにやら、連載中の他のお話と同じような展開になってしまった。
いえ、もちろん、たんなる偶然です。どうもウチの男の子たちは、追い詰められないと動き出さないというクセがあるようで(笑)

このお話のサブタイトルは、もちろんトム・クルーズ主演のあの映画です。観ていないので内容は知りません。たんに言葉の意味をストーリー展開にひっかけただけです。あの映画、昔は「スパイ大作戦」という名前のTVシリーズだったらしいです。「スパイ大作戦」……なんというか、微妙なタイトルですね(笑)

このお話と次のお話(あと三回)で、いよいよ、マイケルとエミリーの恋バナに、一応の決着がつきます。
マイケル、気張りや~(「頑張れ」という意味の関西弁)。

さて、今回はエミリーの着ている服についてのお話を少々。
毎回エミリーに着せている、ロリータ・ファッションですが、これは私のオリジナルではなく、実際に販売されている服をモデルにしています。
お気づき&ご存知の方も多いと思いますが、そのブランドは「ヴィクトリアン・メイデン」です。あそこの服、すごく可愛いらしいんですよね。もう、見ているだけで幸せな気持ちになれます。
……はいそこ、下妻●語とか深田●子とか、言わない! まあ、あのイメージは多少ありますけど(笑)
で、今回の服は、2013年秋冬モデルの「ローズグリーティングタブリエ」をイメージしています。ホームページを見ていて、これだっ! って、ピンときました。
もともと「タブリエ」って、エプロンなんですよねぇ。それが、あんな可憐な装いに仕上がってしまうなんて。これからも、お世話になりますよ~。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
436:おお、ようやく by 八少女 夕 on 2013/11/16 at 21:14:23 (コメント編集)

重い腰をあげましたか。
それにやるとなったら、智之ちゃんよりツボにはまった戦法だ。いけいけ、マイケル! それに、まんざらでもない感じのエミリーもいいですね。電話したのは、邪魔者に「ついてくんな」と命令したってことでしょうか。

それと、マイケル、報告書は一応でも読んだんでしょうか。早く読んだ方がいいんですよね、きっと。

437:こんにちは! by 山西 サキ on 2013/11/17 at 15:33:12 (コメント編集)

おお!マイケル、いよいよ実力行使に出ましたか、ようやくという感じもありますが、追い詰められちゃったですね。
エミリーの反応は、いまいち彼女の本心という物が読めないんですけど、どうなんでしょう?すごく気になります。少なくとも嫌がってはいない、今のところはその辺までの印象を持つに留めておきます。
でも想像するに、彼女の可愛さは半端無いでしょうね。
中身がセシルだったらもっと複雑で面白いんでしょうけど、エミリーだとマイケルに対しては素直に出てくるようになってきていますからね。
2人の会話の部分数回読み返してしまいました。良いですねぇ。
ミッション・インポッシブルがどのような結末を向かえるのか、TOM-Fさんがどのような結末を用意されているのか分りませんが、楽しみにしています。
マイケル、報告書は?

ではまた。

438:Re: おお、ようやく by TOM-F@管理人 on 2013/11/17 at 22:56:57

> 八少女夕さん

 マイケルが、ようやくその気になりました。腰の重さは智之と変わりませんが、こちらは女性経験が豊富ですので、まあ智之とは雲泥の差があります。その意味では、あっちの子たちはかわいそうです。
 エミリーは、まあ、あんな性格の子ですから、ちゃっかりと計算していたりします。いままで散々おごってきた分、いくらかでも取り返しておこう、とか……というのは冗談です(笑)
 連絡を入れておかないと、邪魔者たちがあちこちから見張っていますので。なにかと不便なようです。
 レポートを読んでいなかったマイケルは、あとでちょっと後悔することになりますが、それはまだ先の話です。

 コメント、ありがとうございました。

439:Re: こんにちは! by TOM-F@管理人 on 2013/11/17 at 23:06:00

> 山西サキさん

 マイケル、実力行使です。やりすぎて、真っ二つにされなければいいのですが(笑)
 エミリーは、あのとおり性格が悪い子なので、なかなか本心を見せてくれません。ただ、経験値はマイケル以上にある子なので、いろんなことをわきまえています。見た目という点なら、めちゃくちゃかわいい(という設定)です。
 セシル・モードだったら、秒単位でマイケルは失恋していました。あの子は、そういうことにまったく興味がないので。
 二人の会話を気に入ってくださって、嬉しいです。友達でもない、恋人でもないという男女の会話って、なかなか難しくて。
 このミッションの結果は、あと三回(二話)で出ます。でも、物語自体は、それでは終わりません。よろしければ、これからもお付き合いくださると嬉しいです。
 報告書はちゃんと読もうね、マイケル。あとで恥かくよ~。

 コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク