RSS

『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』第9話

 『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』

        あの星イメージ(QWE-MSL_001)

 第9話 Sign09. ヴァルゴ・アストロノミー

 今回のメインキャストは、観月詩織以外です。
 二学期になっても、登校してこない詩織。気になりながらも、一人で部活をしている智之に、綾乃がとんでもない情報を持ってきます。
 詩織が登校できない、本当の理由は……。
 どうしてそんなことが起きたのか、戸惑う智之たちを尻目に、学校はひとつの結論を出そうとしていました。その出来事は、三人の関係に、どのような影響を与えるのでしょう……。
 それでは、九月の星空をお楽しみください。

 Sign09. ヴァルゴ・アストロノミー

 ※タイトルをクリックして本文へお進みください。
  新しいウィンドウ(タブ)で『小説家になろう』サイトへジャンプします。
 ※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

 月刊・Stella(ステルラ)10月号参加 小説・連載 Stella.jpg


 …。
 ……。
 なんだ、こりゃ? ですよね。
 今回のお話は、書いていて疲れました。基本的に、作品にのめりこむことがない様に気をつけていたのですが、ダメでしたねぇ。まだまだ修行が足りませんね。
 こんなことになっていますが、完結まであと三話です。どうぞ、お見捨てなきようお願いします。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
390:…… by 山西 サキ on 2013/10/01 at 22:32:06 (コメント編集)

うわぁ!こう展開しましたか。
サキは小田先生に対して怒りを感じています。観月の行動や態度にも責められる部分はたくさんあると思いますけど、理不尽さを感じています。
つまらなしそうな埃、何気ないつぶやき、綾乃の反応、感心したようにちいさくうなづく富士先生、細かい描写がとても素敵です。
予感はありましたけどやっぱり援助交際だったのかな?
無期限の停学処分……退学では無いんですね?
詩織の未来が開けますように。
3人が、いや4人が幸せになることを願っています。

391:あうあうあう。 by 八少女 夕 on 2013/10/02 at 03:40:38 (コメント編集)

なんかやっているという予感はありましたが、ラブホでつかまっちゃ確かに学校の横暴ってわけにも……。理由はちゃんとあるんでしょうけれど。
そこで、先生のいう事きいていないで、直接理由を訊きにいくって訳にはいかないのかなあ。それとも智之ちゃんと綾乃だけに、理由を訊いてほしくないのかなあ。ううむ。
しかも今回が処女宮ってのは、わざとかしら?
さて、真実はいかに。来月が待ち遠しいですね。

392:Re: …… by TOM-F@管理人 on 2013/10/02 at 18:13:14

> 山西サキさん

 はい、こういう展開です。ちょっと急展開ですよね。
 小田先生は、まあ、ああいう人なので(笑)そうですね、理不尽というかそういうものの象徴として登場してもらっている人物なので、そこを感じてもらえたとしたら、彼の存在意義はあったということです。ちょっと嬉しいですね。
 描写についても、細かく読んで下さってありがとうございます。智之視点での小説ですので、ああいう描写で外界や他人の状態を書くようにしています。

 詩織の今後、四人のたどり着く場所。それはたぶん、白黒はっきりしなかったり、理不尽さを残していたり、幸せとも不幸とも言い切れない結末だったりするかもしれません。ですが、あと三話。頑張って書ききるつもりですので、暖かい目で見守ってやって下さいね。

 コメント、ありがとうございました。

393:Re: あうあうあう。 by TOM-F@管理人 on 2013/10/02 at 18:29:05

> 八少女夕さん

 はい、お見立てどおり、なんかやっていました……とも言い切れないんですが、まずいですよね。現役の高校生ですからね。風紀には厳しい学校でし……げふん、という設定ですので、観月への処分はあれでも温情的な方です。でも、無期限の停学って、実際には、○○○○したら?と言っているようなものなのです。 
 まあ、智之はヘタレなので、先生がダメと言ったら逆らいません……というか、ヘタレでなかったら、もうこのお話はとうの昔に完結してますね(笑)
 詩織としては、誰よりも、智之と綾乃には知られたくないし、事情も話したくないでしょうね。

> しかも今回が処女宮ってのは、わざとかしら?

 す、鋭い。これは、オチがバレたか……。はい、狙いました。詩織の処女の行方も含めて、次回をお楽しみに……って、この作品、いちおう全年齢対象なんですけどねぇ。なんか、詩織って、エロもといお色気担当なんですよね。ここいらにも、作者の助平&意地悪な性格が現れてますね(笑)

 コメント、ありがとうございました。

412:Re: by 篠原藍樹 on 2013/10/18 at 22:12:40

拝読致しました

衝撃的でしたwまさか観月がそんな事件を起こしていたとは……事情はさておいても、大変なことになっていますね。主人公は観月にどうやって接していくつもりなのかなと気になります

むぅ、私個人としては小田先生に不満というか、敵対感情があります。こういった先生、案外現実にもいますし、何より私も学級崩壊時に似た場面に遭遇した経験があるので……もにょにょ。とにかく手っ取り早く解決することしか頭にないのかなと勝手に憤慨しておりました

以上です。

414: by TOM-F@管理人 on 2013/10/19 at 17:49:22

篠原藍樹さん

観月の事件に主人公たちがどう向き合っていくか、それがラストクオーター(最終三話)のテーマになります。ヘタレ主人公ですが、そろそろ頑張ってもらいましょう。
小田教諭はまあ、ああいう人ですからね。授業や生活指導に熱心な人物ではあるのですが、ちょっと柔軟性に欠けますね。彼にも、もろもろの事情が(以下自粛)。とまれ、彼にはまだまだ活躍してもらう予定ですので、お楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

966: by けい on 2015/07/12 at 10:51:42

なんと。大事件が。
詩織はきっと巻き込まれてしまったのでしょうね。
言い訳してもきっと信じてもらえないからと黙っているのでは・・・?
てか、被害者は詩織なのでは? どうして責められる?

事情を変に隠されると気になりますよね。
噂はあることないことを拾って大きくなるばかりでしょうし。

智ちんも綾乃も突然遠くにいってしまった詩織が気になりますよね。(私も。)
再び会えるのか。いえ、会って話しないと。ねえ。

971:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/07/12 at 22:46:08 (コメント編集)

≫けいさん

はい、事件は●●で起きていました。さすがに、ヤバいですよね。
噂話って、尾ひれがつきますからね。しかも、こんなおいしい話だと、どんどん一人歩きしちゃいますよね。
じつは事件自体は、たいしたことはないんですが、情報を遮断されている智之と綾乃は、右往左往することになります。まあ、名探偵とかじゃない一介の高校生ですので、そんなものですね。

けいさん、いろいろ鋭すぎて、どきどきします(何故?)
詩織は、しばらくの間、お化粧直しのお休みをいただきます(笑)その間に、智之や綾乃はそれぞれに何かを思い、なにかをしようとします。ここから先は、高校生らしい未熟さや青さといったものを感じていただければなぁ、なんて思っています。

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク