RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第41話』

 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/



第41話 4.82 ガーディアンズ・デューティー(Layer:1 Main Story)2


 マイケルは、思わず机を叩いて立ち上がっていた。紅茶を湛えたウエッジウッド・アストバリーブラックのティーセットが、がちゃりと重く鳴った。
「まあ、落ち着きなさい。話は最後まで聞くものだよ」
 ハノーヴァー公は、マイケルの態度など意に介さないように、穏やかにたしなめた。
「失礼しました」
 腹の虫はまだ治まっていないが、マイケルはそう詫びて座りなおす。
 ハノーヴァー公は、なにかに納得したようにひとつうなずいた。
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第41話 4.82 ガーディアンズ・デューティー(Layer:1 Main Story)2

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください


=== 以下、若干のネタバレあり ===

……は?

 マイケルじゃないですが、ナニコレ展開です。
 公爵閣下、もったいぶるだけもったいぶっておいて、それかよ(笑)
 いや別に横恋慕とか、そんなんじゃないですよ。そもそもエミリーは、ちょっと変わった性癖の持ち主なので(以下自粛)
 エミリーが恋をする→エミリーが不安定になる→なにかが起きる→○×△□。
 彼は、本気でそういう事態を心配しているのです。誰かの暗躍やら蠢動なんぞより、そっちの方が重大事なのです。エミリー、なにをやらかしたんでしょうね。まあ、それはいずれ明らかになります。

 さて……。
 小説に登場させている小物の(自慢)話をひとつ。
 今回の小物は、「ウエッジウッド・アストバリー・ブラック」のティーカップ&ソーサーです。
 創業者の想い出の地名を冠した、熟練工ハンドメイドの一品で、一客で21万円もする、ウエッジウッド社の最高級品です。ドーチェスターのラウンジでエミリーが紅茶を飲むときに登場させた、「アヴィランド・イリュージョン」のセットは、一客が2万1千円ですから、なんとその十倍。こんなものをホイホイ出せるのも、小説ならではの楽しみですね。落として割ったら、大変だったんだよ、マイケル(笑)。
 もう、ほんっとうにどうでもいいお話ですね。失礼しました……。

 それから……。
 気がついたら、累計アクセスが10000を超えていました。
 つか、いつの間に? 全然、気がつかなかったよ~(笑)
 このような辺境のブログにおいでいただいた皆様、改めまして、お礼を申し上げます。
 これからも、どうぞよろしくお願いします。

 え、記念になにかしろ、ですか?
 じゃあ……

 先着2名様、お題をひとついただければ、掌編(ツィッター)小説を書きたいと思います。
 お題は、この記事のコメントでお願いします。
 お待ちしていま~す。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
378: by つるけいこ on 2013/09/18 at 19:22:48

わあっ、1万アクセスおめでとうございます!
えっと、えっと、じゃあ「ぬいぐるみ」をテーマになにか書いてください!
お題ってこんなんでいいんでしょうか??ネット慣れしていないのでよくわからず。(汗)
これからも頑張ってくださいね!

379:おお、いつの間に by 八少女 夕 on 2013/09/19 at 04:57:39 (コメント編集)

本当だ、10032でした。おめでとうございます。
じゃあ、遠慮せずにお願いしちゃおうかな〜。
「名月」で。ちょうど中秋の名月が来るし。

さて。そ、それが本題でしたか、閣下。そういえばエミリーとイスカンダルとの間も何があったもよくわからないしなあ。それにしても無粋ですよね。かなり余計なお世話だなと思いつつ、表向きは「警官のくせに未成年に手を出すんじゃねえ」と言ってもいい立場だし。でも、そうは言わない所は正直なタチなのかもしれませんよね、公爵さまも。

でも、これでは「エミリーもお前を好きみたいなんだよね〜」と言っているも同然じゃありませんか? 言わなきゃいいのに。

そろそろエミリーに出てきてもらって、自分の口から言ってもらいたい所ですよね。次回も楽しみにしています。

380: by TOM-F@管理人 on 2013/09/19 at 10:07:17

> つるけいこ さん

 コメント、ありがとうございます。
 訪問していただける皆様のおかげで、ここまで来ることができました。ほんとうに、ありがたいなぁと思っています。
 それから、お題も出していただき、ありがとうございます。
 「ぬいぐるみ」ですね。可愛らしいお題に合った作品を書けるようがんばります。完成しましたら、このブログで発表しますので、楽しみにお待ち下さい。
 
 これからも、よろしくお願いします。

381: by TOM-F@管理人 on 2013/09/19 at 10:59:29

> 八少女夕さん

 コメント、ありがとうございます。
 こんなブログにも、おいでくださる方がいらっしゃって、ほんとうにありがたいことです。
 最近、アクセス数を見ていなかったせいで、気がついたらすでに10025とかなってまして、どなたがキリ番踏まれたのかもわからないという体たらく……キリ番イベントも予告できず、お恥ずかしい限りです。
 お題、ありがとうございます。「名月」ですね。素敵なお題に似合う作品ができるよう頑張ります。完成しましたら、このブログで発表しますので、気長にお待ちいただけると幸いです。

 さて……。
 そうなんです、それが本題だったんです。無粋というか野暮というか、そのあたりがカタブツたるゆえんなのですが。あの「独身だから問題ないだろう」という発言も、超マジだったというわけです。おかげで、マイケルに有用(?)な情報が知れてしまいましたね(笑)

> そろそろエミリーに出てきてもらって、自分の口から言ってもらいたい所ですよね。

 あと何話かは、じれじれ展開が続きます。うう、無駄に長いような気がしてきた……。すみません、もうちょっとだけ、お付き合い下さいませ。

 これからも、よろしくお願いします。

382:こんばんは! by 山西 サキ on 2013/09/20 at 20:06:38 (コメント編集)

そうか~エミリーもねぇ。ってすでにバレバレになってるような気がしますが、改めて言われるとなんだか嬉しいものですね。
エミリーが壊れたとき(壊れるのかな?)どんなことが起こるのでしょう。これまでも大概恐かったですけど、さらに恐いもの見たさのサキでございます。
ハノーヴァー公、やっぱり格好いいです。
ではまた。

383: by TOM-F@管理人 on 2013/09/21 at 23:57:50

> 山西サキさん

 そうですね~、もう、読者さまにはバレバレな展開ですよね。
 知らぬは当人同士だけ、ってところです。今回は、マイケルとエミリーの関係を外部というか第三者から見た形で補強する回でもありました。ダメ押しというやつですね。

 エミリーが壊れたらちょっとヤバイことになる、という設定ですので、そう簡単には壊れません。でも……。
 ハノーヴァー公も、この先にまだまだ見せ場があります。こっちの作品は、作者の妄想全開なので、派手にいきますよ~。お楽しみに。

 コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク