RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス 第38話(前編)』


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

お待たせしました、第38話です。
今回から、一話を前半と後半に分けて投稿するスタイルにしてみようと思います。更新は、毎月10日前後と20日前後の二回にしたいと思っています。
よろしければ、ご意見などもお寄せ下さい。
さて、今回のお話には、八少女夕さんの小説「大道芸人たち」から、稔さんと蝶子さんにゲスト出演していただきました。投稿直前に思いついたので、八少女夕さんには事後報告になってしまい、ほんとうに申し訳ありません。不都合があれば改稿しますので、遠慮なくおっしゃってください。


第38話 4.7.1 ファースト・デート(Layer:1 Main Story) 1 より

「このあと、なにか予定はあるのかしら」
 問われて答えるほどの予定はなかった。スコットランドヤードに戻っても、報告を上げる必要もなくなったので、回覧された書類に目を通すくらいのものだ。
「いや、べつに」
 マイケルがそう答えると、エミリーは上目遣いでマイケルを見た。
「おなかがすいたから、食事をしましょう。パブに行ってみたいわ」
 

※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第38話 4.7.1 ファースト・デート(Layer:1 Main Story) 1

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
319:ノープロブレムですよ〜 by 八少女 夕 on 2013/08/10 at 21:04:00 (コメント編集)

もっともお二人は憶えていないだろうけど、稔は絶対憶えているだろうな。「ブラン・ベックを尋問していたサツ野郎とぼーっとなってた女の子ってあの二人だよ!」「へぇ〜、なるほどね。ブラン・ベックの嵌まりやすいタイプよね。でも、女学生?」とか、話していそうです。

しかし、エミリーったら。
「わたしが着て似合わなければ、服の方が悪いのよ」
って、言ってみたいセリフだなあ。
マイケルのコスプレのセンスは確かに多少問題ありみたいだけれど、イスカンダルみたいにそういうことに慣れまくっていそうなのも嫌だしなあ。

シャーロック・ホームズ・パブは行ってみたいですねぇ。来年リアル友がロンドンに数年限定で引越してくるらしく、遊びにいこうと思っているので、行ってこようかな。後編も楽しみにしています。ほら、二人の仲の進展も氣になるし。

320:こんちは~ by 山西 サキ on 2013/08/11 at 12:23:25 (コメント編集)

なんて捻くれた性格なんだろう。
でもエミリーの気持ち、とっても可愛いです。
マイケルは幸せ者です。「こんなこと絶対に無いぞ。この幸せ者!」先がすごく羨ましがっています。
でもマイケル、意味が分ってるのかなぁ。ちょっと心配しています。
TOM-Fさんは女の子の服装に詳しいですね。多分サキより詳しいんじゃないかな。
エミリーの姿を空想すると、とても輝いているんでしょうね。まさに掃きだめにつる状態?(掃きだめは失礼かな?)
シャーロック・ホームズ・パブで何が起こるのか、楽しみにしています。
例の2人に会えてちょっと得した気分です。
では。

321: by TOM-F@管理人 on 2013/08/11 at 22:50:02

> 八少女夕さん

 気前よくご許可いただけて、よかったです~。
 一瞬、レネさんにも出てもらおうかと思ったんですが、そうなるとエミリーやマイケルとのからみも書きたくなってしまい、収拾がつかなくなりそうだったので、ヴィルさんともどもお休みしていただきました(笑)
 マイケルもさすがに、エレベーターに同乗しただけの稔さんのことは覚えていなかった、ということで。
 ああ、稔さんと蝶子さんの会話、ありそうです(笑)
 マイケルは、女性のお洒落とかに興味を示さないタイプの男です。彼女が出来ても、買い物になんて絶対に付き合いません。ダメですね~。

 おお、またロンドンに行かれるこですね。いいなぁ。私も、この作品を書くたびに、また行きたくなります。現実には、まあ無理っぽいですけど。
 今回と次回は、久しぶりにタカビーなエミリーが復活です。マイケルとエミリーの関係については、なにせ作者が意地悪ですので……あとは、次回のお楽しみということで。

 コメント、ありがとうございました。

322: by TOM-F@管理人 on 2013/08/11 at 23:00:26

> 山西サキ さん

 コメント、ありがとうございます。
 わ、先さんも読んで下さっているんですか。いつもお世話になっています(つか、今更、ですよね)

 エミリーは、私の作品の登場人物でダントツに性格が悪い子です……が、なぜか皆さんには可愛がってもらっています。ありがとうございます。
 そうですよね、こんなことなかなかないですよね。ちなみに、これはウラ設定ですが、エミリーはこのときの服とミュールは封印して二度と着用しません。もちろん、趣味にあっていないからではありません。
 マイケルには、まあそんな乙女心は理解できないでしょうね……というか、理解できません。アホですね(笑)

 いえいえ、そんなに詳しいわけではないんですよ。ほとんどが、ネットで見つけたものを文章に起こしているだけなので。
 エミリーには、思いっきり輝いてもらうつもりです。シャーロックホームズパブでも、その後のデートでも……。
 次回も、お楽しみに。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク