RSS

Star Festival 2013

今年の近畿地方の梅雨明けは、例年より二週間近く早かったらしい。
おかげで、七夕の夜は星空が綺麗だった……のだろうなぁと思う。なにせ、住まいが中途半端に都会なので、夜空を見上げても星なんか見えない。

   130710-001.jpg

だから、というわけではないが、七夕を題材にしてツィッター小説を書いてみた。
なんか、ありがちなシチュエーションのお話だが……まあ、いいのだ。


 「Star Festival 2013」

   130710-002.jpg

  七夕なのに、雨だった。

  織姫の涙、催涙雨。

  タイムズスクエアのアスファルトには、地上の天の川。
  せめて今夜は、貴方の星を見たかった。

 「どんなに遠く離れていても、この空は繋がっているんだよ」

  貴方の言葉が、心を支えてくれる。
  だから、あたしは歩き出す。

  たとえ今日が雨でも、明日はきっと晴れるから。


   130710-003.jpg
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
291:タイムズスクエアってことは by 八少女 夕 on 2013/07/11 at 04:38:18 (コメント編集)

ニューヨーク在住の織姫さまかな?
うん、さすがですね。この短さでも、いろいろな状況が想像で広がります。でも、あそこだったら、やっぱり、晴れていても星は見えないだろうなあ。素敵なツイッター小説でした。

我が家は、天の川すら見えますよ〜。冬の満天の星空は智之ちゃんが喜びそうです。

292: by TOM-F@管理人 on 2013/07/11 at 19:27:52

> 八少女夕さん

はい、ニューヨークでひとりで頑張っている、いつも前向きで可愛らしい織姫です。

> あそこだったら、やっぱり、晴れていても星は見えないだろうなあ。

おおっ、やはりそうですか。ニューヨークには行ったことがないので、動画や画像を見てイメージを膨らませて書きました。それで、当初は晴れていても星が見えない、というお話にしようと思ったのですが、ちょっと自信がなかったので、雨を降らせました。ま、作者は神様なので、天候くらいは自在ですから(笑)

> 我が家は、天の川すら見えますよ〜。冬の満天の星空は智之ちゃんが喜びそうです。

うわぁ、いいですね……生活至便で星空も見える、なんて贅沢言っちゃいけませんよね~。
コメント、ありがとうございました。

293: by 山西 サキ on 2013/07/11 at 22:39:19 (コメント編集)

へぇ!ツィッター小説っていうんですね。
「あたしは歩き出す」元気な女性は大好きです。
はつらつとした感じが伝わってきます。
大都会での生活は辛いことも多いでしょうけど、
明日はきっと晴れるよ!
そんな気分です。
「あたし」この表現いいです。
使ってみようかな?

294: by TOM-F@管理人 on 2013/07/12 at 18:18:47

> 山西サキ さん

コメント、ありがとうございます。

はい、ツィッターに収まる文字数140文字で書く、掌編小説なんです。このジャンルには、多くの作家さんがいるらしいですよ。限られた文字で何を伝えるか、書いてみるとけっこう面白いんですよ。

このお話の主人公は、ニューヨークでたった一人で頑張っている女の子です。
サキさんの小説にも、お仕事を持っている元気な女の子がたくさん登場しますよね。ああいうの、好きなんですよねぇ。
「あたし」って、元気な感じがしますよね。だから、私の小説では、そういう性格の女の子の一人称として使っています。気に入ってもらえて、嬉しいです。

299:遅ればせながら by 大海彩洋 on 2013/07/24 at 01:40:06 (コメント編集)

なるほど、かきつばたに続いて、こんどはツィッター小説。さすがTOM-Fさんと思いました。
ちょっと長い俳句、いや、和歌って感じなのですね。短い中に沢山のイメージや想いや物語を入れ込む、まさに日本の芸術って感じがしました。
雨が降って、アスファルトに地上の天の川。これがいいですね。
とっくに七夕が終わったのに、天の川の物語を書いていて、コメントも遅くなりました^^;
いえ、旧暦ならまだ20日以上ありますしね。

300: by TOM-F@管理人 on 2013/07/24 at 12:12:01

> 大海彩洋 さん

 うわぁ、コメントありがとうございます!
 そうですね、狙いは「長歌」というところでしょうか。限られた文字数に、どれだけ詰め込むことができるか、逆にどれだけそぎ落とすことができるか、そういうことが意外に楽しいです。

> 雨が降って、アスファルトに地上の天の川。これがいいですね。
 ありがとうございます。「水(雨や海)によって隔てられた二人」というイメージで書きましたので、このご感想は嬉しいです。

 大海彩洋さんの作品も、少しずつ拝見しています。読み逃げばかりでスミマセン。
 これからも、よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク