RSS

planetarian ―ちいさなほしのゆめ― (再掲)

「planetarian ―ちいさなほしのゆめ―」は、Keyから2004年11月に発売されたWindows版ビジュアルノベルである。

     111228-01.jpg

 Keyでは、このジャンルの作品をキネティックノベルと呼んでいて、「planetarian」はその第一弾である。Yahoo!BBユーザー限定のダウンロード版のみの先行発売があり、その後、2004年12月には一般用ダウンロード版が、2006年4月にはパッケージ版が発売された。その後、PS2、PSP、携帯電話、iPhone/iPad版も発売された。

 戦争によって人類が滅亡の危機に瀕している近未来、廃墟と化した都市にある誰からも忘れ去られたプラネタリウムを舞台に、「屑屋」ことトレジャーハンターの男と、プラネタリウムの解説員を勤めていた少女型ロボット「ほしのゆめみ」との交流を描く短編小説のような作品だ。
 ゲームシステムは、シンプルで判りやすいもの。基本的に、テキストを読み進めるだけなので、「しおりを挟む」という位置づけのセーブとロードの機能が中心だ。予備知識がなくても、操作に迷うことはないだろう。
 グラフィックは、背景とキャラクターの立絵の組み合わせが基本で、キャラクターの造形を含めて、Keyらしい安定感のあるもの。ときおり挿入されるフルサイズのCGが美しい。
 音楽は、宮沢賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」をアレンジした楽曲を中心にしているが、オリジナル楽曲もある。音楽の使い方は、手馴れたもので、物語を感動的に彩っている。
 シナリオは、近未来、人類滅亡、ロボットなどSF系ではあるが、どちらかというとそれらの要素をうまく使った、ノスタルジックでハートウォームな展開のKeyお馴染みの「泣き」系だ。
 ヒロインがロボットという設定を、じつに上手く活かしている。前半は、ロボットらしい融通の利かなさや忠実さがコミカルに描かれているが、正直、ちょっと鬱陶しいなと思うところもある。

    111228-02.jpg

 それが中盤になる頃には、健気な姿に好感を抱き始め、いつのまにか彼女を可愛いと思うようになる。そして、終盤には、彼女がロボットであるがゆえに免れ得ない悲劇に涙している。

    111228-03.jpg

 主人公の「屑屋」と自分が、いつのまにかシンクロしていることに気づき、そのシナリオメイクの巧みさに感心した。
 総合評価だが、ビジュアルノベルとして、とても完成度の高い作品だといえる。
 あまり小難しいことを考えずに、この作品に浸っていれば、笑ったり恋しくなったり切なくなったりと、気持ちよく感動することができるだろう。私自身も、ゆめみがプラネタリウムの解説をする場面などは、年甲斐もなく泣きそうになってしまった。

    111228-04.jpg

 実を言うと、甘美なストーリーの中に、ちょっぴりSF的な「苦味」も入っている。予備知識として、アイザック・アシモフが提案した「ロボット三原則」を理解していれば、より深い感動を味わえるだろう。
 この作品、小説版も出版されている。この小説版、じつは、この作品の前後の世界を描いたもので、相互補完の関係にある。この作品を見てから小説を読んでも、逆に小説を読んでからこの作品を見ても、あらたな感動を得られるようになっているので、小説版もおすすめしておく。
 お気に入りのキャラは、ほしのゆめみ。というか、他に選択肢はない。

 以上でこの作品のレビューは終わりだが、どうしても書いておきたいことがある。
 この作品の舞台となった、プラネタリウムについてである。
 TOM-Fは学生時代に天文部に所属していたことがあり、プラネタリウムにもよく行った。そこで美しい星空を見せてくれたのが、この作品にも登場している、カールツァイス・イエナ社製ユニヴァーサル・プラネタリウム・プロジェクターUPP23/3型機であった。
 1960年6月に設置されたこの機械は、大災害をくぐりぬけて現在(2013年7月)でもまだ稼動しており、現役のものとしては日本国内で最古、世界でも5番目に古いプロジェクターである。

    111228-05.jpg

 見る人が見れば、どこのプラネタリウムかはすぐに判るだろう。
 TOM-Fは、ここのプラネタリウムが大好きだ。ツァイス光学系が映し出す少し褐色がかった星空と、解説員がライブで行う投影プログラムは、人の温かみにあふれる優しいものだ。今風にいえば、「癒される」という感じか。
 少し前のことになるが、大平貴之氏のスーパープラネタリウムプロジェクター「MEGASTAR-II Minerva」とUPP23/3の二台が、一週間限定で共演したことがあった。
 MEGASTAR-IIが映し出す星空は、宇宙の深遠さを実感できるほど凄味のあるもので、背筋がぞくぞくしたものだ。そして、UPP23/3の優しい星空とのコンビネーションは感動的ですらあった。
 新旧の名機二台を一つのプラネタリウムで投影するというのは、ここでしかできないことだ。UPP23/3が寿命を迎える前に、ぜひもう一度実現してほしいものである。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
283: by 山西 サキ on 2013/07/02 at 22:21:35 (コメント編集)

これは面白そうですね。
いわゆるアドベンチャー・ゲームの一種でしょうか?
流れを選択しながらストーリーを進めて行く感じで理解したらいいのかな?
読んでいてすごく興味を曳かれますが、今でも手に入れることは出来るのでしょうか?
キャラクターに入り込むのはサキのいつもの癖ですからね。
「ロボット三原則」を織り込んだSF的な「苦味」……
いいなぁ。

このプラネタリウム、TOM-Fさんのお住まいの近所にありますよね?
違ったですか?

面白い話題ありがとうございました。

284: by TOM-F@管理人 on 2013/07/03 at 17:27:36

> 山西左紀さん

 サキさん、コメントありがとうございます。

「planetarian」は、選択肢がありませんので、物語は一本道です。その意味ではゲーム性はありませんね。ビジュアルノベルとかサウンドノベルという感じでしょうか。
 面白い、というより、良かったですよ、このお話。ラストでは、泣かされました。
 この作品、もちろん今でも手に入れる事はできます。Windows版もありますし、スマホのアンドロイド版もあります。手軽に楽しむならアンドロイド版でしょうけど、余裕があったらPC版をおすすめします。画面が大きい方が、物語に没入しやすいし感動も大きいですから。

 プラネタリウムはお察しのとおり、拙作「あの日、星空の下で」の舞台にもなっている、某市の天文科学館にあるものです。いいんですよね、あのプラネタリウム。こうなったら、壊れるまで使い続けて欲しいです。

 えっと、ちょっと宣伝になりますが、本日、拙作「あの日、星空の下で」の最新話をアップする予定です。サブタイトルは「第6話 Sign03.ジェミニ・プラネタリウム」です。はい、まんま、ですね(笑)

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク