RSS

『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』第5話

「待っているだけじゃ、いつまでたっても届かないよ」
 少女の言葉には、問い詰めるような激しさがあった。
 色鉛筆を握るもうひとりの少女の左手に、力がこもったように見えた。そして琥珀色の目が、少女を見上げる。
「私にできることは、これしかない。でも、いつか……」

 『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』

        あの星イメージ(QWE-MSL_001)

 第5話 Sign05. タウラス・ソーラーエクリプス

 第5話のメインキャストは、観月詩織です。
 主人公たちに素直に心を開かない彼女ですが、容姿のことで悩み事があるようです。
 ですが、時は彼らを待たず、この年最大の天文イベントである金環日食の日が迫っていました。
 多忙な春日綾乃と日食観測の打合せをするために、主人公たちは、とあるファーストフード店で待ち合わせをしました。

        130515-001.jpg

 そこで、思いもかけない出来事に巻き込まれることになった主人公たち。それは、三人の関係に、どのような影響を与えるのでしょう……。
 それでは、5月の星空をお楽しみください。

 Sign05. タウラス・ソーラーエクリプス

     ※タイトルをクリックして本文へお進みください。
      新しいウィンドウ(タブ)で『小説家になろう』サイトへジャンプします。
     ※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

      月刊・Stella(ステルラ)5.6月合併号参加 小説・連載 Stella.jpg
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
229: by 八少女 夕 on 2013/05/16 at 05:07:28 (コメント編集)

智之ちゃん、鈍すぎる! 「どういうジャンルのライバルだろう」って(笑)
こういうところが、出来すぎたヒロインたちに愛されるんでしょうかねぇ。
でも、今回はちゃんと騎士道精神を発揮して、頑張っていましたものね。

綺麗な人、人と違って素敵な人にも、悩みがあるんですよね。
こうなれたらいいのにって他の人は思っていても、当の本人はみんなと同じでいたかったって。

ミスター・○ーナツかな? オールド・ファッションが好きだったんですが、今でもあるんでしょうか。

230: by TOM-F@管理人 on 2013/05/16 at 14:24:59

八少女夕さん

コメントありがとうございます。

智之は、確信犯的にニブイですよね。あれ、わかっててわざとやってるんじゃないかって思うときがあるくらいです(って自分で言うな)
あの二人は、なにが良くて取り合いしてるんでしょうね。なんか、お互い、引くに引けないって感じですかね。

冗談はさておき、容姿が目立つというだけで、やっかみというか嫉妬というか、そういうものの対象になってしまうことはありますよね。そういう悪意にさらされてきた人は、普通でいたかった、と思うのではないでしょうか。とくにメンタルの強くない人は。

はい、ミスター・ド○ナツです(ん、伏字になってない?)
オールド・ファッション、今でも売っていますよ。ちなみに、私はチョコレート・ファッションが好物です。カロリーは、めっちゃ高いんですけどね(笑)

231:こんばんは。 by 山西 左紀 on 2013/05/16 at 22:13:14 (コメント編集)

うわぁ!すごい展開です。
この2人、全く性格が違うのに、ライバルであり、そして何より親友なんですね。
お互いにお互いを高め合う関係という気がします。
綾乃の登場で詩織は目覚め、詩織の登場で綾乃は危機感を覚えているのでしょうか?
どちらのキャラクターもはっきり区別されていて、2人とも大好きです。
今回、智之は結構活躍しているのに、なんだろう?影が薄いです。
すっかり2人の女に食われていますね。

詩織の過去も明らかになって、3人の関係がどういうふうに展開されていくのかとても気になります。
金環日食上手く使われていたと思います。さすがです。
これがまた絵夢シリーズでも扱ってるんですよ。
こんなに劇的な扱いでは無くて、もっと軽~い感じで書いているんですが、微妙に夕方になる様子や冷たい風が吹く描写など面白かったです。サキも経験しましたから。
綾乃の挑発、詩織の挑戦状、すごかったです。
2人に幸あれ!そう思いました。
サキ

232: by TOM-F@管理人 on 2013/05/17 at 10:55:47

山西サキ さん

コメントありがとうございます。
はい、そろそろお話を動かしておこうと思いまして。今回の第5話で、前半がお終いになります。

> この2人、全く性格が違うのに、ライバルであり、そして何より親友なんですね。
> お互いにお互いを高め合う関係という気がします。
> 綾乃の登場で詩織は目覚め、詩織の登場で綾乃は危機感を覚えているのでしょうか?

そうですね、この二人には、それぞれ違う意味でライバルが必要なんです。綾乃はライバルとの競争を成長の糧にしていますし、詩織はライバルに引っ張られないと前に進めないタイプですので。

> 今回、智之は結構活躍しているのに、なんだろう?影が薄いです。
> すっかり2人の女に食われていますね。

智之は、まあ、そんなヤツです(笑)

> 金環日食……これがまた絵夢シリーズでも扱ってるんですよ。

読みましたよ、第1話。かくれんぼしてまで日食を観察する絵夢が、すごく可愛らしいです。
私も、通勤途中にJR三宮駅前広場から、リアルタイムで観測しました。ちょっと、感動しましたね、あれ。

> 綾乃の挑発、詩織の挑戦状、すごかったです。
> 2人に幸あれ!そう思いました。

ありがとうございます。よろしければ、これからも応援してやってくださいね。

240:おはようございます^ ^ 高橋です。 by 高橋月子 on 2013/05/24 at 08:11:04

TOM-Fさんおはようございます^ ^
『あの日、星空の下で Stella Osservazione Societ.』
1話から5話まで読ませて頂きました。勝手に紙に印刷して朝珈琲飲みながらゆっくり読んでいました。

感想ですが、長くなりそうですので改めてメッセージを送らせて頂きます^ ^
男性目線の学園恋愛小説、男性目線での書き方がすごく新鮮です。
部活のお二人の担任のネーミングに少し笑ってしまいましたが(笑)

季節と時系列、星座の組み合わせもとても素敵ですね。

登場人物達も個性があって
星河君のちょっと頼りなさ(笑)、グイグイ引っ張りたいのに中々想いが伝わっていない綾乃。
高橋は観月ちゃんが個人的に好きですが^ ^
サウスポーだし、後はちょっと影がある過去を持っているところも…。
今後観月ちゃんが自分の感情をどこまで出せるのかな、三人の見上げる星空はどう変わっていくのでしょう。
かなり期待しながら、ハラハラしながら読み進めて行きたい素敵な物語です。
素敵なお話ありがとうございます。

243: by TOM-F@管理人 on 2013/05/24 at 19:15:46

> 高橋月子さん

 読んで下さって、ありがとうございます。
 メッセージも送ってくださるとのことで、とても楽しみです。

> 男性目線の学園恋愛小説、男性目線での書き方がすごく新鮮です。
> 部活のお二人の担任のネーミングに少し笑ってしまいましたが(笑)

 ありがとうございます。顧問担当の教師の名前は、狙いました(笑)他の人物の名前も、いろいろ狙っています。次話では、またまた笑っちゃうネーミングの女の子を出す予定です。 

> 季節と時系列、星座の組み合わせもとても素敵ですね。

 月刊Stella投稿を前提として書いている作品で、全12話なので、そういう構成にしています。お話の展開には、ちょいと無理があるんですが、そこはスルーです。

> 登場人物達も個性があって……三人の見上げる星空はどう変わっていくのでしょう。

 そこをしっかりと書ききりたいと思っています。最後まで、お付き合いいただければ嬉しいです。

 コメント、ありがとうございました。

P.S.高橋月子さんの『この空を見上げて』、第2部まで読み終えました。素敵なお話です。ぜひ読了したいと思います。

265:Re by 篠原藍樹 on 2013/06/08 at 21:57:26 (コメント編集)

Stellaの発刊に伴い、コメントしに来ました

シリアス展開が今回は強いお話でしたね。
金環日食を最後に使い、描写が綺麗でした

あははw主人公今までモテなかったのでしょうか? 全く気づかないパターンを見る度に、そう思ってしまします。前半戦終了ということで、あとちょっとかなぁと期待します
綾乃や詩織のライバル関係もそれぞれに意識するようになって、どんどん後半はアプローチが増えていきそうですね。ただもうここで過激な感じがするので、そう思うとちょっと怖いですw

以上です。

266: by TOM-F@管理人 on 2013/06/09 at 22:52:09

> 篠原藍樹さん

 コメント、ありがとうございます。

 前半終了ということで、ちょっとシリアスな展開で盛り上げてみました。ここまでの伏線も、ほぼ回収です。
 金環食をどうアレンジするか迷いましたが、あえて第1話の月食をトレースしてみました。お褒めの言葉、ありがとうございます。

 智之は、まあ、あんな性格ですから、女子にモテたことはありません。だから、今の状況もどうしていいのかわからないのです。早く決めておかないと後悔するぞ~と思うのですが、ヘタレなのでしょうがないですね。
 次話は閑話休題、次々話から後半開始です。
 これからも、よろしくお願いします。

955: by けい on 2015/07/08 at 13:25:36

金環食の短い間に、三人、濃い話をしましたねえ。

ドーナツをほおばりながらの大乱闘には、智ちゃん、やってくれるじゃん。
(解釈全く間違ってますね。すみません)

部活動を通して、思い出が重ねられていきますね。
二人のライバル関係がこの先どうなっていくのか、楽しみです。
ライバルと言うか、朋友と言う感じですかね。
智ちゃんの鈍ぶりは、二人には影響なさそうだなあ・・・?

956:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2015/07/09 at 00:19:30 (コメント編集)

≫けいさん

金環食、時間にすれば数分程度の短い間なんですが、会話、濃いですよね。
まあ、このお話は前半のハイライト、ヤマ場ですので、いろいろと詰め込みました。

乱闘騒ぎ、一回くらいは入れたかったんですよね。やはり、青春もの、学園ものですので(謎)
今回は、智之はほんとうにがんばりました。あれで、精いっぱいですけど(笑)

あの二人、これからライバルなんだか朋友なんだか、恋敵なんだか盟友なんだか、よくわからない関係になっていきます。ええもちろん、智之のせいです。そういう意味では、この二人の方が、智之にふりまわされっぱなしなのかもしれません。
たぶん次話では、智之の株価が暴落するはずです(笑)

コメント、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク