FC2ブログ

『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』第4話

「他人と違う自分に思い悩む必要はありません」
 その女性は、晴れ晴れとした表情で言った。
「私、変かな、……やっぱり」
 その少女は、途切れ途切れにそうつぶやいた。
 そして、僕は……。


 『あの日、星空の下で-Stella Osservazione Società-』

        あの星イメージ(QWE-MSL_001)

 第4話 Sign04. アリエス・サンスポット

 第4話のメインキャストは、観月詩織です。
 主人公の同級生の観月詩織は、人目をひく容貌とはうらはらに、大人しい性格で、目立つことを好みません。
 3年生になった主人公たちは、高校生活最後の年を迎えます。
 いつもとかわらないかのように見える部活の日々。けれど、小さな変化は起き始めていました。
 それは、3人の関係にどんな影響を与えることになるのでしょうか。
 では、4月の星空をお楽しみください。

 Sign04. アリエス・サンスポット

     ※タイトルをクリックして本文へお進みください。
      新しいウィンドウ(タブ)で『小説家になろう』サイトへジャンプします。
     ※最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

      月刊・Stella(ステルラ)4月号参加 小説・連載 Stella.jpg
TOM-F
Posted byTOM-F

Comments 8

There are no comments yet.

八少女 夕  

ううむ。
もしかして、智之ちゃんは、尋常でなく鈍い?
詩織さんは、天文部で智之ちゃんと過ごせる時間を、大切に大切にしてきたんですよね、きっと。
いいなあ、私にもサンドイッチをつくって来てくれるこんなけなげな女の子があらわれないかなあ。
ちなみに、卵サンドって、おいしいですよね。

次回も楽しみにしています。
(Stellaは月一だから、待ちきれないですよ)

2013/03/28 (Thu) 06:46

TOM-F@管理人  

八少女夕さん

そうですね、智之はどうしようもなくニブいです。すでに、犯罪レベルの鈍感です。
自身が女の子から好意を寄せてもらえることはありえない、と思い込んでいるんで、心の目が歪んでるんですね。だから綾乃に「望遠鏡になっている」とか言われちゃうんですが(笑)

詩織は、ほんとに健気な子です。彼女にとって、天文部ですごす時間はとても大切なものなのです。そのあたりは、またおいおい書いていきます。
卵のサンドイッチ、私も大好きなんですよ。あのランチのくだりは、書いている自分自身が悶絶しました。ほんとにこういう子、いないかなぁ(笑)

楽しみにしてもらって、嬉しいです。どうしようもなく遅筆なもので、月一回の連載が精一杯で、Stellaのサイクルがちょうどいいんですよね。

いつもコメントありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。

2013/03/28 (Thu) 10:50

山西 左紀  

「私、変かな、……やっぱり」
身につまされる台詞です。
他人と違う自分に観月はどんな気持ちを抱いているのでしょうか。
そうですね。オープニングから気がつかなきゃいけなかったんだけど、
彼女、赤みがかった髪、琥珀色の瞳だったんですよね。
観月の謎の容姿がどうかかわっていくのか、思わぬ展開に驚いていますが、楽しみにもしています。
展開を待ちます。

2013/03/28 (Thu) 20:13

TOM-F@管理人  

山西左紀 さん

観月のことを気にかけてくださって、ありがとうございます。
彼女の特徴的な容姿については、彼女自身が引け目を感じています。
じつは、それは彼女だけの思い込みで、智之も綾乃も、あるいはクラスの皆もそんなに気にしていません。
もっとも、だからこそ、そういった人々の無自覚な発言で、彼女は傷ついてしまうのですが……。
彼女が、なぜそこまで容姿を気にしているかについては、ちょっとしたドラマを用意しています。それを書くのはまだ少し……いえ、かなり先になりますので、気長にお待ちくださいね。
なにせ、月一回の連載が精一杯という遅筆ですので(苦笑)

コメントをいただき、ありがとうございました。

2013/03/29 (Fri) 02:23

けい  

ほれほれ、智之ちゃん、どうにかしなさいよっ^^
週に一回のランチタイム活動。それ二年間、この先も。タマゴサンド付き。良いなあこの部。(何考えとるん?すみません -_-;)

結局、彩乃とは同じクラスになれず、詩織とはまた同じクラスになったのですね。
次に部長を渡すことはできないのでしょうか。それは何か切ないですね。
最後の部活の日々を、どう過ごしていくのか楽しみです。

2015/07/06 (Mon) 17:12

TOM-F@管理人  

Re: タイトルなし

≫けいさん

スミマセン、あの状況でどうにもしないのが、智之というヤツです。それで、どれだけの読者をヤキモキさせ、イライラさせたか。うう……。できれば、生暖かく見守ってやってくださいませ(笑)

ね、いいクラブでしょう? 私も、こういうの、やりたかったなぁ。

本筋には関係ないので、種明かししちゃいますけど、智之はだれにも部長を引き継ぐことはできませんでした。でも……です。
お楽しみに。

コメント、ありがとうございました。

2015/07/07 (Tue) 20:06

canaria  

4話目を読ませていただきました。
そうかそうか、現在でこそ充実した高校生活を
送っているように見える智之ですが、
入部前はこんな風にどこかくすぶった
気持ちを抱えていたのですね。
でも、だからこそ、ひっそりとしている
詩織に目が行っちゃったのかもしれないですね。
そういえば以前、この高校の女子の制服に
こだわりがあるというようなことを
仰られていた気がするのですが、
今回はそのことがよくわかるようでした。
デザインそのものもそうですが、そこには
富士先生が言っていたような
精神性も込められていたのですね。
そんな制服が誰よりも似合っていないという詩織は、
その肝心な「個性」を意識的にか無意識的にか
殺しているからなのかな?と深読みしてしまいました。
それから、彼女の容姿のことですが、確かにわたしも最初は、
印象的だけれど色素が薄い美少女風なのだな、と
悪い意味でなく好意的に受け取っていたので、
今回の詩織さんの反応を見て、彼女にとっては
それがコンプレックスなのか……と驚かされました。
このコンプレックスも、彼女がひっそりしている理由の一つ
なのでしょうか……

智之の何気ない一言が詩織のコンプレックスの一妙の光になったと同時に、
詩織の何気ない一言が智之入部の背中を押したのですね。
この二人にそんなひっそりとした絆があったとは。(お互いそれは気づいていないのだろうけれど)

それから、現在連載中の「エヴェレットの世界」とこのお話がまっすぐの
時間軸で繋がっているということで驚きをもって眺めています。
逆に三人の行方が読めなくなってきました。
え、綾乃、智之ちゃんエンドにならないの??

智之たちの代で天文部も終わり? というのが切ないですが過去の
コメント返信を拝見する限り希望もありそうで……
この辺りも含め、引き続き行方を追わせていただきます(*´ω`)

2019/03/18 (Mon) 11:24
TOM-F

TOM-F@管理人  

>canariaさん ありがとうございます!

>canariaさん

智之は、内気で引っ込み思案なところがあり、積極的に人間関係を広げていくタイプではないですね。
リア充になれたのは、たまたま運が良かっただけなんです。でも、そういう環境と経験があって、少しずつ成長していきます。

詩織のことは、席が隣だったことが幸運でした(というか、狙ってそういう設定にしたわけですがw)
似た者というわけではないんですが、人との距離をうまく測れない、という点において同類なんですね、この二人。

制服については、富士女史がロンドンで留学したお嬢様学校の制服と同じデザイン、という設定です。いち教諭が制服のデザインを決められるのか、というツッコミは棚上げして、あの訓話に智之はいたく感動してしまいました。もっとも、富士女史には、いじられ続けることになりますが(笑)
で、おっしゃる通り、詩織にあの制服が似合っていない、というのは、彼女が自分を表現することを極端に避けているということとともに、疎外感みたいなものを強調したかったというのもあります。
ちなみに、制服に関する作者のこだわりは、第6話から登場する夏制服に凝縮されていますので、お楽しみに(ドン引きしないでくださいね)

詩織は、イメージしていただいているように、色素の薄い系の美少女です。目立たないようにコソコソしていますが、智之にはもったいないくらいの美少女です。髪の色も、瞳の色も、そんなに派手なものではないのですが、ではなぜそれがコンプレックス(トラウマに近い)に?……というのは、次の第5話で語られます。

智之と詩織の絆って、それほど強いものではないし、繊細でわかりにくいものです。だから、本人たちもその価値に気づいていないわけですが、その成り行きが本作のストーリーの柱になっています。

天文部シリーズは「エヴェレットの世界」だけでなく、拙作「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」ともシェアされています。でっかい箱庭みたいな感じですね(笑)
智之と綾乃と詩織、この三人の関係は、高校時代だけでは終わりませんし、三人だけの間柄でも終わりません(書く書く詐欺w)

天文部に関しては、このあといろいろあって、智之は部長のバトンを渡すことはできませんでした。ですが、入れ替わりに入学してきたとある人物たちによって、部そのものは続いていくという裏設定があります(だから書く書く詐欺ww)

コメント、ありがとうございました。

2019/03/20 (Wed) 14:38

Leave a reply