RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』 第28話

 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 第28話 「エリザベートの憂鬱」(Layer-1,Main Story)

 第28話は、物語のほぼ中間点にあたるお話になります。
 この作品で書きたかったことのひとつが、このお話に盛り込んであります。まあ、思わせぶりな表現をするほどのものではないのですが。
 さて、今回のタイトル「エリザベートの憂鬱」は、なにを隠そう、大ヒットしたライトノベルのタイトルをもじったものです。内容は、いっさい関係ありません。ただ、いろんな意味で、エミリーは憂鬱にならざるをえない状況なのです。
 そして、BLOG版をお読みの方には、にやりとしていただける内容になっています(またしても思わせぶり)
 では、本編をお楽しみください。

【第28話 本編より】
 けたたましいクラクションの音が、マイケルの耳を打った。そして、横断歩道の真ん中で立ち止まったエミリーの姿と、接近する自動車と、赤い色が点灯した歩行者用信号が目に飛び込んできた。
「エミリー、だめだっ」
 マイケルは、傘を投げ捨て、エミリーに向かって駆け出す。しかし、わずか五メートルほどの距離が、絶望的な隔たりだった。
 


※この作品には、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。
 下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

   第28話 エリザベートの憂鬱(Layer-1,Main Story)

 最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
168: by 八少女 夕 on 2013/02/21 at 06:01:05 (コメント編集)

こんばんは。

うっひゃっひゃ。こうこなくちゃ。
ようやく鈍いマイケルもぐらついてきましたか。
でも、先は長そうだなあ。
それとエミリーちゃんは、どうしちゃったんでしょうね。
道端は危ないから、氣をつけて放心しないと……。

169:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2013/02/21 at 10:51:08

八少女夕さん

そうですよね、一応「恋愛」タグもつけている作品なので、こうでなくちゃウソですよね。

鈍感KY野郎という、おおよそ恋愛対象としては最低な部類のマイケルですが、こういうヤツだからこそぐらつきだすと案外早いかもです。もっとも、意地の悪い作者ですので、そう簡単にはいかないですけど(笑)

エミリー、じつは大変な事情を抱えちゃいました。放心どころの騒ぎじゃな……(自主規制)

ええ、思わせぶりなコメントで、この先も読んでもらおうという魂胆です。
よろしくお願いします。

お読みいただき、またコメントをいただき、ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク