RSS

宵戎

 七福神の一柱で、狩衣を着て釣竿を持ち小脇に鯛を抱えた、ふくよかなお姿で知られるえびすさま。
 TOM-Fが在住する関西では、敬愛の念をこめて「えべっさん」と呼ばれている。
 そのえべっさんを祀る神社の総本山である西宮神社の縁日、「十日えびす」が今夜からはじまった。

 神社がある兵庫県西宮市の地名の由来にもなったという西宮神社には、1月9日の「宵戎」、10日の「本戎」、11日の「残り福」の三日間で、約100万人の人が参詣に訪れる。とにもかくにも、すごい縁日である。ということは十分に判っているのだが、お祭好きのTOM-Fは、ついつい行ってしまうのだった。

 阪神電鉄西宮駅を降りると、すでにこの人波だった。

     130109-01.jpg

 これが、神社の境内まで続く。これでも、明日の本戎に比べれば、まだまだ人出は少ない方だ。
 沿道には、露店がずらりと並ぶが、人が多すぎて買い物すらできない。ちゃんと稼げているのか、他人事ながら心配になる。
 鳥居から境内に向かっては、ラッシュ時の電車と同じ状況になる。

     130109-02.jpg

 拝殿の近くには鹿児島産の大マグロが据えられていて、参拝客が次々に硬貨を貼り付けて行く。

     130109-03.jpg

 えべっさんは、その姿のとおり漁業の神様である。奉納する魚も、これくらいの方が景気が良くていい。
 押し合いへし合いしながら、本殿の前に出て参拝を済ませる。

     130109-04.jpg

 えべっさんにお参りしたら、だいたいの人が手にするのが福笹だ。「商売繁盛で笹持ってこい」という言葉があるが、常緑の笹(竹)の生命力にあやかった縁起物だ。境内の社務所で参拝客に福笹を授けているのは、福娘たちだ。

     130109-05.jpg

 十日えびすのアイドルである彼女たちは、数千人の応募者の中から審査によって選ばれる。関西では、元、福娘というだけで、就職や結婚に有利になるほどのステイタスなのだ。

     130109-06.jpg

 にこやかな笑顔で参拝者に奉仕し、祭に花を添える福娘たち。
 彼女たちのかわいい姿を拝むのも、十日えびすでもらえる福だ。苦労して参拝した甲斐があったというもので、これぞまさに眼福である。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク