RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』第33話

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス ☆ First Tale “Whose side is fortune on ?”』

 今回の更新は、
 ①第33話「パワー・ランチ」を追加
 という内容です。

<ご注意>
 この作品は、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。閲覧には、ご注意ください。

<最初から読む>
 最初から読まれる方は、こちら


 ※下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』で閲覧)

 第33話 パワー・ランチ(Layer-1, Main Story)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
131: by 八少女 夕 on 2012/12/21 at 01:17:58 (コメント編集)

こんばんは。

マイケルがあまり生物の知識に詳しくなくて助かりました。トム氏の説明で目が点になり、「要するに」と説明していただいて「ああ、なるほど」と理解し。そうか。人間じゃないってのはこういうことなのですね。かといって、全く関係のない宇宙人などでもなくて、実験室で生まれてしまった異形の存在……。だから、解剖なんかされると困るので遺体を何が何でも回収しないといけなかったと。
これって立件できるのでしょうかね。スコットランドヤードとしては。なんかドキドキします。

あと、チキンとベーコンのサンドイッチ。大好きです。ロンドン旅行でマークス&スペンサーのターキーサンドイッチははずれがないとわかっていたのでよくお世話になりましたっけ。

次回が楽しみです。

132:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2012/12/21 at 19:58:58

八少女夕さん

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

> マイケルがあまり生物の知識に詳しくなくて助かりました。

 マイケルには、主人公であると同時に、狂言回しの役割も与えましたので、お役に立ててよかったです。

> かといって、全く関係のない宇宙人などでもなくて、実験室で生まれてしまった異形の存在……。だから、解剖なんかされると困るので遺体を何が何でも回収しないといけなかったと。

 後半は、まさにその通りです。
 が……す、すみません、実は……わわっ、禁則事項でした。この作品、お伽噺の類ですので、そういうオチもあったりなかったりします。

> これって立件できるのでしょうかね。スコットランドヤードとしては。なんかドキドキします。

 マイケルの頑張り次第でしょうね。Chapter7をお楽しみに。


> あと、チキンとベーコンのサンドイッチ。大好きです。ロンドン旅行でマークス&スペンサーのターキーサンドイッチははずれがないとわかっていたのでよくお世話になりましたっけ。

 あうあう、さすがヨーロッパに住んでおられるだけのことはありますね。
 白状しますと、このあたりは、聞きかじり&ネットからの知識だけで書いているので、自身はチキン&ベーコンサンドを食べたことがなかったりします。でも、おいしそうだなぁ、って思いながら書いています。まさに、妄想現実化ですね。

 これからも、よろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク