RSS

オリビアン・アーキペラゴ

 日帰りのバス旅行に参加した。

 行き先は、日生(ひなせ)、頭島(かしらじま)、そして牛窓(うしまど)だ。
 瀬戸内海でもとくに島が多く、温暖な気候とあいまって「日本のエーゲ海」と言われている風光明媚なところだ。

 高速道路を走ること約1時間半、最初に訪れたのは、日生の漁港にある海鮮物市場「五味の市」だ。

    121114-01.jpg

 日曜日だということもあって、駐車場はほぼ満車で、場内も混んでいた。
 まだ生きている新鮮な魚介や、干物などの加工品を商う店が並び、売り子と客の値交渉なども繰り広げられて、ともかく活気がある。

    121114-02.jpg

 加工品ならばともかく、生の魚を買っても、料理にえらく手間隙がかかるので、TOM-Fは眺めて回るだけだ。


 日生から、小型船で約30分。色づき始めた瀬戸内の島々の上には、蒼穹にかかる白い飛行機雲。

    121114-03.jpg

 飛行機雲……飛行機雲……。

    121114-04.jpg  121114-05.jpg

 って、何機飛んでるだよっ。

 頭島港に着くと、突堤でのんびりと釣り糸を垂れる人影があった。カキ養殖用の帆立貝の殻ばかりが目立つ、鄙びた漁港だ。
 昼食の会場である民宿「よしのや」は、島の傾斜地に広がる集落内にある。
 ノスタルジー溢れる小路をたどって行くと、

    121114-06.jpg  121114-07.jpg

 猫の集会に出くわした。

    121114-08.jpg

 島の人口が何人かは知らないが、おそらく島のニャン口の過半数が出席していたのではないだろうか。適法に成立した議会の議題がなんなのか気になるところだが、それより当方のお腹の虫を鎮圧する方が優先課題だ。

    121114-09.jpg

 参加費が格安だったので、正直、食事にはあまり期待していなかったが、いい意味で予想外だった。

    121114-10.jpg

 これで、一人分である。見ただけで、もう満腹してしまった。
 味付けは素朴だが美味しく、瀬戸内の海の幸を堪能させてもらった。しかし、シャコなんて殻つきで出されても、都会者の庶民には食べ方わかりませんって。

 再び船に乗り、こんどは約1時間かけて、牛窓港を目指す。

    121114-11.jpg

 午後のやわらかな陽光を受けて、凪いだ海を渡る。島々の間を吹き渡る潮風が、頬に冷たさを運んできた。

    121114-12.jpg  121114-13.jpg

 以前に一度ランチを食べにきたことのあるホテル「リマーニ」に出迎えられ、牛窓港からバスで牛窓オリーブ園に向かう。
 牛窓オリーブ園は、土産物屋とレストランを兼ねた展望台がぽつんとあるだけの素朴なところだが、オリーブの木の向こうに、日本のエーゲ海と言われる牛窓の海を見下ろす美しい風景が広がる。

    121114-14.jpg

 年をとったら、こんな風景のなかで暮らしたいと思った。

 売店をのぞくと、オリーブ園だけあって、オリーブオイルがずらりと並ぶ。スキンケアにも使えそうなエキストラヴァージンオイルも並んでいて、手が出そうになったが、値段を見ると微妙に高い。普通、産地直売なら安いものだが……。
 売り場には、パンならぬオリーブオイルの試食品があった。

    121114-16.jpg

 やはりオイルを試食するんですよね、これ。首をかしげながら、パン切れをオリーブオイルに浸してパクリ。うん、確かにオリーブオイルです。口の中が脂っこくなりましたが、それで、どうしろと……。

 はずれ気味の売店だったが、掘り出し物もあった。曰く「世界で二番目に美味しいソフトクリーム」だ。ネーミングに惹かれて買ってみたのが、これ。

    121114-17.jpg

 お、美味しいじゃん。確かに、世界で二番目に美味しいわ、これ。でも、一番はどこのソフトクリームだっけ?
 ちなみに、トッピングされている粒々は、オリーブグラッセだ。じつは、こいつがとても美味しい。イタリアに行ったときに、アリタリア航空の機内食でオリーブのピクルスが出て、食べた瞬間に後悔したことがあったが、これならじゅうぶん食用になる。やるなぁ、さすがは美食民族日本人だ。

 見晴らしのいい場所にあるパラソルの下でソフトクリームをいただいているうちに、出発時刻が迫ってきた。

    121114-15.jpg

 近くにあった「幸福の鐘」を、鳴らしてみた。心をこめて三回鳴らすと、想いが届くという。オリーブの風に運ばれた鐘の音とともに、想いは誰かのところまで届いただろうか。
 旅のラストシーンは、傾きかけた秋の陽にさざめく多島海の風景だった。

    121114-18.jpg
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
109: by つるけいこ on 2012/11/14 at 21:03:18

こんにちは。
満喫されてますね~。楽しませていただきました。
いつも写真がとってもきれいですね!
特に今回は構図といい、色彩といい、見ていて惚れ惚れしました。行ってみたいなあ。
「世界で二番目においしいソフトクリーム」には吹き出しました。(笑)

110:No title by 八少女 夕 on 2012/11/15 at 02:42:20 (コメント編集)

こんばんは。
日帰りで、こんなにたくさん行けるのですね。いいなあ、瀬戸内海。暖かそうです。オリーブグラッセは甘いんですか? おいしいと。珍しいので是非食べてみたいですね。

あと、ひとつ突っ込み。向かいの人のおかずが違うし、品数が少ないのがかわいそうです。TOM-Fさんのはゴージャスなのに。

111:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2012/11/15 at 09:54:17

つるけいこさん

コメント、ありがとうございます。

えへへ、満喫してきましたよ。楽しんでもらえて、嬉しいです。
写真、気に入ってもらえたんですね。
携帯で撮ったので、どうかなと思ってましたが、良かったです。

> 「世界で二番目においしいソフトクリーム」には吹き出しました。(笑)

はい、なんってったって世界で二番目ですから。それはもう、美味このうえなく(笑)
冗談抜きで、そこそこ美味しかったですよ。

では、では。

112:Re: No title by TOM-F@管理人 on 2012/11/15 at 09:58:46

八少女夕さん

コメント、ありがとうございます。

はい、日本人恒例の日帰り弾丸ツアーです。

瀬戸内沿岸は、冬でも温暖で、晴天率も高くて、ほんとうに住みやすいところです。
世界中でも、有数の好環境じゃないかな、と思います。

オリーブグラッセは、とても美味しかったですよ。
まあ、甘いだけとも言えますけど(笑)

> あと、ひとつ突っ込み。向かいの人のおかずが違うし、品数が少ないのがかわいそうです。TOM-Fさんのはゴージャスなのに。

向かい側には、子供さんが座っていまして、あれがお子様ランチというわけです。
けっこうな量があったので、食べ切れなかったようでしたよ。
食事は、ほんとうに豪華でした。大満足です。

では、また。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク