RSS

「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」特別編・ロンドンの休日 featuring 「大道芸人たち Artistas callejeros」


 『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』
    First Tale“Whose side is fortune on ?”

   cut_oangel_nom_w300.jpg

 【画像提供】 幻想素材サイトFirst Moon http://www.first-moon.com/

 今回は、特別編です。

 題して、

「ロンドンの休日(Layer:3 Fairy Story) featuring「大道芸人たち Artistas callejeros」

 ブロともの、八少女夕さまが連載されている小説「大道芸人たち Artistas callejeros」とのコラボレーションです。

「大道芸人たち Artistas callejeros」は、四人の若い大道芸人たちが、それぞれの事情を抱えつつ南ヨーロッパを旅する物語が、軽やかながらも暖かくて優しい筆致で描かれた小説です。
 音楽の話、グルメやお酒の話だけでなく、主人公たちの生き様や、出会った人々との交流がいきいきと描かれ、まるで彼等とともに旅をしているかのような充実した読後感が得られる素敵な小説です。

 そんな素晴らしい作品とのコラボレーションのお話をいただいたときには、正直、見劣りのしない話を書けるか大いに疑問でした。「大道芸人たち Artistas callejeros」の持つイメージを壊してしまうのではないかと、心配になったこともありました。
 しかし、八少女夕さまがこのコラボレーションのために書いてくださったストーリーの面白さに、背中を押されるようにして、なんとかお話をまとめることができました。出来栄えでは、八少女夕さまの作品に遠く及びませんが、自分なりに満足のいくものにはなったと感じています。
 それに、メッセージをやりとりしながら、構想を練り、キャラたちのからみを一緒になって作り上げていく作業は、一人での創作活動では味わえない、ほんとに楽しくて充実したものでした。
 こんな素晴らしい機会を与えていただいた八少女夕さまに、あらためて感謝いたします。ほんとうに、ありがとうございました。

 八少女夕さまのブログからおいでいただいた方、Court Cafe(コートカフェ)へようこそ。
 このブログは、茶飲み話のような気軽な記事と、自作の小説などををのんびりと更新しています。ごゆっくりお寛ぎください。

 さて、今回のコラボ小説ですが、連載でいうと第18.5話にあたるお話です。
 あの日の空白の午前中の出来事を、エミリーとアーサーの視点も交えて描いてあります。この二人の視点からのお話は、本編では描かれることはありませんので、二人の内面などをうかがい知ることのできる貴重な話になっています。
「大道芸人たち」との出会いは、マイケルやエミリーやアーサーたちに、何をもたらしてくれるのでしょう。

 ほんとうに、楽しみながら書いたお話です。
 読者の皆様に、コラボレーション小説の面白さが少しでもお伝えできれば、という願いをこめてお届けします。


<八少女夕さまの小説>

 大道芸人たち 番外編 〜 ロンドンの休日 〜 featuring「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」

  ※クリックすると、新しいウインドウが開き、八少女夕さまの小説(BLOG記事)が表示されます。


<TOM-Fの小説(本文)>
  3.0 ロンドンの休日(Layer:3 Fairy Story) featuring「大道芸人たち Artistas callejeros」

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)

<TOM-Fの小説・本編を読む>
  本編を最初から読まれる方は、こちらをクリックしてください
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク