RSS

博多、うまいもの食べ歩き

 博多に出かける機会ができた。
 一泊二日なので、どうせならいろいろ美味しいものを食べようと思う。

 出発は、例によって例のごとく、TOM-Fのお気に入り列車、九州新幹線直通の「さくら」。
 平日の夜ということもあってか、指定席車は空いていた。おかげで、新大阪から博多まで、二人掛けの豪華なシートを独占できた。うん、うん、快適。

 博多に着いたのは、午後9時半すぎ。遅めの晩御飯を食べたら、ホテルで寝るだけという時刻だ。

    121010-01.jpg  121010-02.jpg

 だが、博多グルメツアーの第一弾は今夜から始まる。
 お目当ては、「モツ鍋」である。
 鍋物は、最低二名様からが多いが、ネットで見つけた「浜や」は、一人鍋ができる。JR博多駅地下街に隣接する朝日ビルの地下にあるというロケーションも良い。

    121010-03.jpg

 店は空いていて、パーティションで仕切れる仕組みのカウンターに案内された。
 注文したのは、当然「モツ鍋」だ。待つこと十分ほど、すでに出来上がっていて、湯気をあげる小鍋が運ばれてきた。
 青みのニラがしんなりとしたらお召し上がりください、と店員のお姉さんが言い残して立ち去ると、ひと混ぜする間に食べごろになった。

    121010-04.jpg  121010-05.jpg

 白味噌と唐辛子で、ピリ辛甘い不思議な味だが、こぶりなモツと野菜に合っていてとても美味しい。揚げ出しになっている豆腐の中には、柚子味噌が仕込んであるという手の込んだ料理だった。

    121010-06.jpg

 ちょっと少なめかな、と思ったが、締めの雑炊のボリュームがあったので、十分満足した。これで、ウーロン茶をつけて1800円は安いと思う。

 明けて二日目。

    121010-07.jpg

 博多駅に近いところに所用があったので、お昼は「華美鳥」の「水炊き御膳」を食べようということになった。
 二年ほど前に博多に旅行にきたときには、中洲にある名店で「水炊き」をいただいたのだが、これがじつに美味しかった。だが、水炊きもまた二人前からしか出さない店が多い。そんななかで、一人鍋の「水炊き」と小鉢をセットにしたここのランチはとてもありがたかった。
    
    121010-08.jpg  121010-09.jpg

 前回食べた「水炊き」は、たしか味噌味だったが、ここのものは薄味の白湯スープだった。ポン酢につけていただくのだが、薬味の柚子辛子が絶妙で、あっというまに平らげてしまった。
 これで、1200円である。うん、安いよ。

 所用を終えて、あとは帰宅するだけだが、TOM-Fはタダで帰るような朴念仁ではない。

 地下鉄を天神で降りて、いざ福岡市役所へ。
 一階ロビーの片隅にある、情報サロンの窓口に持参したペーパーを差し出して、300円を支払いゲットしたのが、これだ。

    121010-10v.jpg     kawaiiku_banner.jpg http://kawaiiku.jp/

 ……。
 いや、まあ、ちょっとした笑いのネタにと思いまして、住民になってみました。
 まあ、あれですね、いわゆるひとつの、アホというやつですね。

 再び地下鉄で博多駅に戻り、帰路の新幹線を待つ間に、今回最後のグルメである博多ラーメンを食べることにした。
 新幹線乗り場のすぐ下の階にある「博多麺ロード」を一巡りして、「一幸舎」に入る。
 つはっ、すごい匂いだ。聞きしに勝る悪臭……もとい、異臭(どっちでも同じだ)で、正直食欲がなくなりそうになる。いいのか、これで。
 運ばれてきたラーメンは、このとおり、じつにシンプルなもの。で、やっぱり臭い。

    121010-11.jpg

 鼻をつまみながら……というのは冗談だが、そんな気持ちで啜ったスープは、意外にクセがなく、極細の麺とともにどんどん口に入る。へえ、美味しいじゃん。

 これで、博多の三大グルメを制したわけで、我ながらよくやったと自分を褒めてあげたい気分になった。
 売店でお土産の「通りもん」という饅頭を買って、19時半すぎ、新幹線「さくら」に乗り込む。この列車も空いていて、豪華な二人掛けのシートを独占することができた。
 持参したMacBookAirでいろいろやろうと思っていたが、快適すぎて睡魔に負け、気がついたら下車駅の手前だった。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
88: by つるけいこ on 2012/10/10 at 20:10:33

こちらでは初めまして~。
見ていたらお腹の空く記事ですね!
浜や知らなかったなあ。博多駅にはよく行くので、今度行ったら食べたいです!
カワイイ区は委託されたところが不正に利益を得ていたかなにかでニュースになっていませんでした?(笑)
まさかTOM−Fさんがカワイイ区の住民になるとは……!

89:No title by 八少女 夕 on 2012/10/11 at 04:05:58 (コメント編集)

うわぁ。罪な記事だこと……。食べたいよう。
ラーメンともつ鍋はともかく、水炊き御膳が私を呼んでいる。
TOM-Fさん、フットワーク軽いですね。

麻里子サマ、区長なんですか。もともと福岡出身なんですかね? まあ、300円なら、いいかもしれませんよね。私がリヒテンシュタイン公国の王冠のついたハンコを、5フラン払ってパスポートに押してもらったのみたい(笑)

90:Re: タイトルなし by TOM-F@管理人 on 2012/10/11 at 18:40:42

つるけいこ さん

ようこそ、Court Cafe へ。
はい、こちらでは、はじめましてですね。「なろう」では、仲良くしていただいて、ありがとうございます。
ご覧のとおり、妄想全開のBLOGですが、お気軽に遊びに来てくださいね。

コメントありがとうございます。
ピンポイントで空腹を狙い撃ちする記事です(笑)
「浜や」美味しかったですよ。モツがコリっとしつつトロっとしていて、絶品でした。

カワイイ区、そんなニュースがありましたか。知りませんでした(汗)
出かける直前に知り合いから、こんなのがあるよ~と紹介されて、こういうイベントに目の無いTOM-Fは、気がついたら住民登録していました(笑)
そのうち、家を買って引っ越したいと思っています(嘘)

91:Re: No title by TOM-F@管理人 on 2012/10/11 at 18:52:51

八少女夕 さん

いつもコメントありがとうございます。

えへへ、罪な記事をアップしておきましたよ。
博多の「水炊き」は、とても美味しいので、「日本の美味しいもの」コレクションに入れてあげてくださいな。「華味鳥」も良かったけど、以前にいただいた「いろは」という店の水炊きは、衝撃的な美味しさでした。

ちょくちょく出かける機会はありますので、これからも出先で拾った記事をアップしていきたいです。 
篠田麻里子さんは、福岡県出身ですね。福岡市ではないようですが。
あの住民票、福岡市役所の窓口でしか発行してもらえないシロモノで、郵送やネットでは入手できないのですよ(エヘン)
リヒテンシュタイン公国の王冠のついたハンコ……そ、そんないいものがあるのですか。うは~、パスポートに押して欲しいなぁ。出かける機会、ないかな~(無理無理)

92:No title by ゆさ on 2012/10/13 at 01:22:32

おおぉぉ福岡だー!!
修学旅行で柳川の川下りをしながらうな重食べた思い出しかありません(^ ^;)。
うおお先生なぜ博多ラーメンのお店を旅行計画に入れてくれなかったのだ…次回行ったら絶対食べる!

モツ鍋に水炊き、おいしそう(//▽//)
お写真から湯気がたちのぼる様が見えるようです…うわあんステキお写真ーーグルメ雑誌に載ってるやつみたい!!
通りもん饅頭も気になりますよう。

いつか九州新幹線に乗りたい野望があるのですが、ついでにグルメツアーとかしてみたいな…はふはふ。
九州もおいしいものがいっぱいありますよね☆

93:Re: No title by TOM-F@管理人 on 2012/10/13 at 09:07:35

ゆささん

コメントありがとうございます。

はいっ、福岡です。
え、修学旅行で柳川船下りですか。優雅だ。
柳川も素敵な町ですよね。北原白秋が有名ですけど、福永武彦原作、大林宣彦監督の幻の名作映画「廃市」のノスタルジックな印象がすごく強くて、また出かけたい町です。
うなぎといえば、船着場にある「若松屋」のせいろ蒸が、臭みもなくてすごく美味しかった記憶があります。

博多は、ほんとにいろいろ美味しいものが多くて、出かけるのが楽しみな町です。
「通りもん」饅頭は、バター風味の白餡が美味しくて、やみつきになる味です。
ラーメンも、お店ごとに工夫をこらしていて、味の違いも楽しいですね。
モツ鍋に水炊きにと、最近はお一人様にも鍋物を出してくれるお店があって、ホントに助かります。
はい、グルメ雑誌の写真を目指してみました。雰囲気がお伝えできて、よかったです。

九州新幹線は、「みずほ」「さくら」の指定席をオススメしておきます。快適ですよ。
飛行機が苦手でしたら、新大阪で乗換えるというのも、楽しいかもです。
では、では。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク