RSS

MONSTER Super Gel Tip で「天球の音楽」を聴いてみた

 今年の冬に購入したイヤホンATH-CKM99は、ずっと愛用していて、その音の良さを毎日楽しんでいる。
 ところで、このイヤホンに装着しているイヤーピースというパーツがある。
 カナル型のイヤホンには必須のパーツで、寿命は4~6か月という消耗品だ。このイヤーピースが、実はイヤホンの音質を左右する重要なパーツであることは、オーディオマニアでなくても知っている人は多いと思う。
 TOM-Fは、ずっとSONYのノイズアイソレーションイヤーピースEP-EXN50のMサイズを使っていた。

         120926-01.jpg

 ATH-CKM99と相性が良くて、フィット感と音質が気に入っていたが、さすがに毎日使っているので消耗してきた。
 そろそろ買い換え時だと思って、ネットでいろいろ調べていたら、ちょっと面白いイヤーピースを見つけた。
 MONSTER CABLEの「Super Gel Tip(スーパージェルチップ)」という製品だ。

    120926-02.jpg

 ネットでの評価も、なかなか良い。ただ6セットで3500円強と、価格が高いのがネックだった。
 しかし、調べてみればいいことが分るもので、TOM-Fの仕事場に近い「eイヤホン」という店で、1セット680円でばら売りをしていることが判明した。

 購入したのは、写真にある白いもので、サイズはSだった。
「eイヤホン」では、試着もさせてくれるので、耳にあったものが選べた。一概には言えないが、国内メーカーのサイズ表記より、ひとつ小さいもので合うようだ(日本メーカーMサイズ=モンスターSサイズ)。
 触ってみると、中にゲルが充填されていて、プニュッとした触感がある。
 耳に入れてみると、耳道を内側から圧迫するような感覚でフィットする。しかし、装着した状態であくびなどをすると、イヤーピースと耳道の間に一瞬だが隙間ができるようだ。フィット感で言えば、EP-EXNに軍配が上がるだろう。

       120926-03.jpg

 さて、音質の変化はどうか。
 牧野由依のアルバム「天球の音楽」を聞いてみよう。
 MP3の320KBPSでエンコードしたものを、SONYのウォークマンNW-A847にD&Dで転送したものだ。いまのところ、圧縮音源としては、これがベストの選択肢だと思っている。

 全般的な印象は、音の量感が少し減って、タイトでソリッドな鳴り方になる感じだ。代わりに、解像度が上がり、音像もぐっと近くに定位するようで、臨場感が上がった。ただし、音に刺々しさが加わって、良い音も悪い音もそのまま鳴らせてしまう傾向にある。

 たとえば、2曲目の「ウンディーネ」。
 冒頭のピアノの音が、EP-EXNはポロンと響くのに対して、SuperGelTipはポロッと締まる。他の楽器も同様だ。
 ヴォーカルも、じつに生々しく聞こえる。EP-EXNでは「たぁ」と聞こえていたものが「たっ」と聞こえる感じだ。
 牧野由依の歌声は、可憐さとエロティックさが同居し、しかも調音のされていない楽器のように気まぐれに変化していくのが魅力だ。EP-EXNなら声の彩として聞かせる揺らぎや掠れや荒れも、SuperGelTipはそのまま揺らぎと掠れと荒れとして鳴らすのだ。
 それが、良い方向に作用する場合もある。「髪とヘアピンと私」や「CESTREE」の耳元に囁くウィスパーヴォイスや息遣いが、EP-EXNでは可愛らしい色気程度にしか感じないが、SuperGelTipではぞくっとするほど官能的だ。また、「ユメノツバサ」や「もどかしい世界の上で」や「夏休みの宿題」では、歯切れよさが曲調とよく合っていて心地良い。
 逆に、「シンフォニー」や「ジャスミン」や「雨降花」では、EP-EXNの穏やかな歌声の方が合っているように感じる。
 ラストの「アムリタ」は、EP-EXNなら「天球に鳴り渡る調べ」で、SuperGelTipなら「天球から降り注ぐ歌」というところか。いずれも、甲乙つけがたい魅力だ。

 鮮やかな明るさで聞かせるSuperGelTipと、穏やかな彩りで聞かせるEP-EXN。
 今回は女性ヴォーカルを取り上げたが、クラシックなど他の音楽でも同じような音を出す。わずか数百円の投資で、この音の違いが味わえるのは、じつに値打ちのある買い物だと思う。
 しばらくは、この二つのイヤーピースで、気分に合わせて音楽を楽しみたい。


 ◎ アルバム紹介

  「天球の音楽」 牧野由依 CD 2006年12月6日発売、ビクターエンタテインメント

     120926-04.jpg

     1. オムナ マグニ
     2. ウンディーネ
     3. 幸せのため息
     4. もどかしい世界の上で
     5. シンフォニー
     6. ユーフォリア
     7. ジャスミン
     8. 夏休みの宿題
     9. 髪とヘアピンと私
    10. ユメノツバサ
    11. 永遠の想い
    12. CESTREE
    13. 雨降花-Album Version-
    14. アムリタ 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク