RSS

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス』第16話

『フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス ☆ First Tale “Whose side is fortune on ?”』

 今回の更新は、
 ①頂いたご意見をもとに、各話の送り仮名などを微修正
 ②第16話「ピカデリー・サーカス」を追加
 という内容です。

<ご注意>
 この作品は、表現上の必要から15歳未満の方には不適切な内容や、残酷な描写が含まれています。閲覧には、ご注意ください。

<最初から読む>
 最初から読まれる方は、こちら


 ※下記のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』で閲覧)

 第16話 ピカデリー・サーカス(Layer-1, Main Story)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
67:No title by 八少女 夕 on 2012/08/02 at 06:42:06 (コメント編集)

ううむ。マイケルも普通の人間のようで、実はその手の特殊能力があるんですかね。刑事の経験による勘とかそういうレベルでなくて。しかし、女の子の心のうちを読む特殊能力は、特別に長けてはいないかな〜。ま、あんまり長けていると嫌なヤツになりますからね。このくらいがいいのかも。

それと、この小説、ロンドンのとってもいい観光案内になっていますね。またロンドン行きたいな。

次回も楽しみにしています。

68:Re: No title by TOM-F on 2012/08/02 at 09:26:15

八少女 夕 さま

いつも拙作を読んでいただき、またコメントをいただきありがとうございます。

マイケルは、いわゆる「勘が良い」たぐいの人物です。
それも、殺気みたいな異常な「気」を感じ取る感覚が、普通の人より敏感という程度です。
キックボクシングはアマチュアではほぼ無敵、射撃の腕も一流ですが、エミリーやハノーヴァー公の超常さから見れば、足元にも及びません。

女の子に対しては、鈍感です。まあ、●●コンなのでしかたがなry

おこがましいですが、ロンドンの観光案内という要素も大きいです。
実際に行ったのは、何年も前なので、最新の情報ではないのですが。
この後も、いろいろ出すつもりですので、お楽しみに。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク