RSS

新海誠 新作アニメ!?

 先日、何気なく深夜TVを見ていて、驚いた。
 CMの時間だと思っていたら、なんと、新海誠のアニメーションが流れていた。

 少女が、走り高跳びをしている。
 冬そして春。季節は流れ、少女は成長するが、どうしてもそのバーを越えられない。

   120307-01.jpg

 越えたい、という思いを胸に、通学列車の窓から遠くに視線を投げる彼女。

   120307-02.jpg  120307-03.jpg

 ピアノの繊細な伴奏とスキャットに乗せて、芯の強そうな女声のモノローグ。
『あの頃、跳べなかった1メートル65センチを……』
 ああ、もう、完璧に新海節だ。
 これは、新作か。
 画面に、かじりつく。

 一瞬の後、画面は、大人になった彼女を写す。
 白いブラウスが、風をはらむ。船上に立つ彼女の後ろには、エキゾチックな町並みが広がる。

   120307-04.jpg

 BGMの歌声は、熊木杏里だろうか。
 画面が切り替わって、古いフェリーボートが行きかう海峡と、特長的なモスクを映し出す。
 あっ、イスタンブールだ。
 じゃあ、この海はボスポラス海峡か。うわ~、行ってみたかったんだよ、この町。いいなぁ、いいなぁ。

   120307-05.jpg

『今、海底60メートルで思い出す』
 場面は、いきなり、巨大なトンネル工事現場に切り替わる。

   120307-06.jpg

『トルコ、150年の夢』
今度は、ヘリからの海峡の空撮場面が展開する。

   120307-07.jpg

『アジアとヨーロッパを繋ぐ海峡トンネル』
再びトンネル工事現場で、作業着に身を包みヘルメットを被った彼女が、凛々しい表情で指示を出す。

   120307-08.jpg  120307-09.jpg

 夕焼けの海峡。マニキュアに彩られた綺麗な指を、対岸の町並みに伸ばす彼女。
『どんな時間も、どんな彼方も、私は今度こそ絶対に越えるんだ……』

   120307-10.jpg

 この切り替え、さすがに上手いなぁ。
 映像も、めちゃくちゃ綺麗だし。
 なんか、こんどは大人の映画っぽい。ちょっと作風が変わった感じだけど、それはそれで楽しみかも。
 カメラが引くと、石造りのテラスから、強い眼差しで海峡を見つめる彼女の姿。
 いいよ、これ。
 そこで、テロップ。

『地図に残る仕事。』

   120307-11.jpg

 は?

 再び、テロップ。
『大成建設』
 …。
 ……。
 紛らわしいCM、作るんじゃね~よ!!

 というわけで、舞い上がった分だけ、ショックも大きかった。
 だが、このCM、見れば見るほど出来がいい。新海誠のファンじゃなくても、その魅力は十分に伝わるだろう。
 私の下手な文章より、実物の動画を視聴していただく方がいいだろう。

 【YouTubeにリンク。音声が流れますのでご注意下さい】

 
トラックバック
by まとめwoネタ速suru on 2012/03/18 at 10:06:25

 先日、何気なく深夜TVを見ていて、驚いた。 CMの時間だと思っていたら、なんと、新海誠のアニメーションが流れていた。 少女が、走り高跳びをしている。 冬そして春。季節は流れ、少女は成長するが、どうしてもそのバーを越えられない。    越えたい、という思い...

トラックバック送信先 :
コメント
27:No title by ひゅひゅ on 2012/03/09 at 00:28:52 (コメント編集)

逆にCM製作側の思惑を読んでみると、深夜のアニメ好きの多い時間帯に著名アニメ監督によるCMを流すということは、明らかにTOMFと同様の反応を狙っていると考えられるわけです。CMの目的は人材募集と考えられるので、対象は学生及び二次新卒あたりでしょう。
注意をひきつけるとという効果は十分すぎるほど発揮されているようですが、イメージアップになるかというと逆効果だったのかもしれないですね。
いわゆる「偉い人にはそれがわからんのです」的な読み違いかな?

28:No title by Rod on 2012/03/09 at 02:06:40

訪問ありがとうございます
本当に絵も綺麗で言い回しも上手いし、完成度高いですね
でもこれ突然流れたら絶対建築会社のCMだなんて思いませんねww
会社としては宣伝効果どうなんでしょう…
最後まで見てもらえそうだからいいんですかね…
とてもおもしろかったです

29:コメントありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2012/03/09 at 09:31:17

ひゅひゅさん、いつもコメントありがとうございます。

なるほど、人材募集ですか。言われてみれば、ゼネコンがCMを打つなんてのはそこが狙いなのでしょうね。

じつは、このCMには同じアニメ制作会社が作った姉妹編もありまして、そちらは違う監督なのですが、やはり作風は同じようなものです。それで、そちらは男性が活躍するという内容です(ちなみに、新海誠の『秒速5センチメートル』を知っている人には、おおっこれは、というシーンがあります)

うん、たしかに、人材募集だ。
同社の広報担当者はアニメ好きなのでしょうかね。
このCM見て、勘違いしてアニメーターのタマゴばかりが応募してきたら、担当者はきっとこう言うのでしょう。

「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」

30:コメントありがとうございます by TOM-F@管理人 on 2012/03/09 at 09:46:29

Rodさま

ようこそ、Court Cafeへ。
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。まあ、こんな内容のBLOGですが、よろしければこれからもお立ち寄りください。

コメント、ありがとうございます。
おもしろかったと言っていただけて、嬉しいです。

新海誠は、知る人ぞ知るというアニメ作家なので、このCMが初見の人も多かったのではないでしょうか。
その美麗で詩的な映像表現は、こういう短編で如何なくその威力を発揮しますね(長編だと、ちょっとくどくなるので)

彼を知っている人も、知らなかった人も、テロップが出るまではゼネコンのCMだとは思わなかったでしょうね。
最後まで見て、ああ、と思って、何割かの人はインターネットで調べる。あるいは、インパクトが強いので話題になる。そんなところが、狙い目なのかもしれませんね。

32:No title by 花舞小枝の春 on 2012/03/09 at 22:23:51

こんばんは、春です。
私もこのCM最初に見たとき
「あれっCMかと思ったらアニメ始まった……と思ったらCMか!」てなりました。
綺麗で丁寧で、コレ素晴らしいCMですよね。

新海誠さん、実は秒速~や星を~など名前を知っているだけだったのですが、
コレを機に作品見てみようと思いましたもの!!
あとツイッターでフォローしてみたりもしました。笑

狙われた層と違うからかもですが、
会社よりむしろ新海さんの魅力を宣伝されました^^;(しかし満足です・v・)

33:コメントありがとうございました by TOM-F@管理人 on 2012/03/10 at 09:28:51

春さん、いつもコメントありがとうございます。
そして、この記事にコメントつけてくれて、とても嬉しいです。

ホントにゼネコンのCMっぽくないですよね。私の中で、いろんな意味で衝撃が走りましたから。

新海誠の作品は、「星のこえ」から見続けているんですが、代表作は「秒速5センチメートル」でしょうね。
長編アニメの2本もいい仕事はしていますが、「秒速…」のような繊細で凝縮された映像詩こそ、彼の真骨頂だと思います。とくに、第1話「桜花抄」の冒頭30秒くらいの部分には、もう、完全にKOされました。
これからの季節に、おすすめの一品です。

>会社よりむしろ新海さんの魅力を宣伝されました

たぶん、多くの人は、同じような感想だと思いますよ。
大成建設さん、残念でしたね、そして、ありがとうございました(笑)

▼このエントリーにコメントを残す

   

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク