・北陸・飛騨 whirlwind tour (後半) ・北陸・飛騨 whirlwind tour (前半) ・ワイルド、オールド、シーサイド(南紀温泉めぐり・後半) ・ワイルド、オールド、シーサイド (南紀温泉めぐり・前半) ・秘境と秘湯と ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:旅行のお話のエントリー一覧

  • 北陸・飛騨 whirlwind tour (後半)

     ホテルをチェックアウトする時刻になっても、雲行きは怪しいままだった。インターネットでチェックした新穂高ロープウェイのライブ映像も、霧に閉ざされている。高額な運賃を払ってロープウェイに乗っても、これでは何も見えないだろう。協議の結果、天気の回復に一縷の望みをかけて、先に上高地に行くことにした。上高地は、環境保全のために、マイカーの乗り入れが全面禁止されている。信州側からの観光客は沢渡、飛騨側からの...

  • 北陸・飛騨 whirlwind tour (前半)

     夏休みにどこに行こうか、と話を振ったら、「涼しい温泉」「世界遺産」「美味しいものが食べたい」「兼六園」という答えが返ってきた。なんかひとつだけ、妙に具体的な目的地が指定されている。「兼六園」は、石川県金沢市にある庭園で、日本三名園にも数えられる観光名所だ。必然的に、そこを中心に考えることになった。行先が金沢ならば、「美味しいものが食べたい」のクリアは容易い。問題は「世界遺産」と「涼しい温泉」だ。...

  • ワイルド、オールド、シーサイド(南紀温泉めぐり・後半)

    「つぼ湯」の受付は、湯の峰温泉公衆浴場の横にあった。所在無げに窓口に座っている男性に待ち時間を聞いてみると、「今日は空いていますよ」という返事だった。やはり運がいい。思わず嬉しくなったが、続く言葉は「今だと2時間待ちです」だった。某テーマパークの人気アトラクション並みだが、無論ファストパスもエクスプレスパスもない。風情のある温泉街だから散策しながら待つかとも思ったが、時刻はすでに午後4時半である。...

  • ワイルド、オールド、シーサイド (南紀温泉めぐり・前半)

    南紀には、魅力的な温泉露天風呂がたくさんある。そのなかでも、川湯温泉の「仙人風呂」、湯の峰温泉の「つぼ湯」、そして白浜温泉の「崎の湯」は、知名度と存在感において御三家といっていいだろう。私は、温泉好き、露天風呂好きを自称しておきながら、じつはまだこの御三家のどれにも入ったことがなかった。春というにはまだ早い2月に、思いがけず何の予定もない連休が取れた。天佑ともいうべきタイミングだったので、1泊2日...

  • 秘境と秘湯と

    徳島県の西部、険しい山懐に抱かれた秘境祖谷を、のんびりと一泊二日でドライブしてきた。明石海峡大橋と大鳴門橋を渡り、神戸淡路鳴門自動車道から徳島道に乗り入れ、阿波池田インターチェンジから国道32号線を辿る。車窓の山が深くなり、吉野川の景勝地である大歩危と小歩危をすぎたところで、県道45号線に入って九十九折れの山道とトンネルで山塊を超えると、ようやく祖谷に着く。途中、休憩と昼食を含めて約4時間。徳島道の大...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク