・ワイルド、オールド、シーサイド(南紀温泉めぐり・後半) ・ワイルド、オールド、シーサイド (南紀温泉めぐり・前半) ・秘境と秘湯と ・宮島、トワイライト ・伊勢、雨もまた奇なり ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:旅行のお話のエントリー一覧

  • ワイルド、オールド、シーサイド(南紀温泉めぐり・後半)

    「つぼ湯」の受付は、湯の峰温泉公衆浴場の横にあった。所在無げに窓口に座っている男性に待ち時間を聞いてみると、「今日は空いていますよ」という返事だった。やはり運がいい。思わず嬉しくなったが、続く言葉は「今だと2時間待ちです」だった。某テーマパークの人気アトラクション並みだが、無論ファストパスもエクスプレスパスもない。風情のある温泉街だから散策しながら待つかとも思ったが、時刻はすでに午後4時半である。...

  • ワイルド、オールド、シーサイド (南紀温泉めぐり・前半)

    南紀には、魅力的な温泉露天風呂がたくさんある。そのなかでも、川湯温泉の「仙人風呂」、湯の峰温泉の「つぼ湯」、そして白浜温泉の「崎の湯」は、知名度と存在感において御三家といっていいだろう。私は、温泉好き、露天風呂好きを自称しておきながら、じつはまだこの御三家のどれにも入ったことがなかった。春というにはまだ早い2月に、思いがけず何の予定もない連休が取れた。天佑ともいうべきタイミングだったので、1泊2日...

  • 秘境と秘湯と

    徳島県の西部、険しい山懐に抱かれた秘境祖谷を、のんびりと一泊二日でドライブしてきた。明石海峡大橋と大鳴門橋を渡り、神戸淡路鳴門自動車道から徳島道に乗り入れ、阿波池田インターチェンジから国道32号線を辿る。車窓の山が深くなり、吉野川の景勝地である大歩危と小歩危をすぎたところで、県道45号線に入って九十九折れの山道とトンネルで山塊を超えると、ようやく祖谷に着く。途中、休憩と昼食を含めて約4時間。徳島道の大...

  • 宮島、トワイライト

     広島に出かける機会ができた。用事が思いがけず早く終わったので、どこかに寄り道をしようと思った。市内をぶらぶらするか、呉で自衛隊の護衛艦を見るか、宮島に行くか。その三択だったが、すでに午後五時をまわっているので、前の二つは面白くなかった。なので、宮島に出かけることにした。広島駅からJR山陽本線で宮島口駅に出て、宮島行きのフェリーに乗る。宮島航路は、JR宮島フェリーと宮島松大汽船の二社がフェリーを運航し...

  • 伊勢、雨もまた奇なり

     伊勢に出かけた日は、あいにくの雨模様だった。 普段の不信心のせいで、天照大神の御機嫌を損ねたのかもしれない。 日本神話によると、天照大神が岩戸に隠れたため、世界が暗くなってしまったといわれている。もちろん雨天を指した話ではないだろうが、今回の伊勢の旅は、全国にいくつかある「岩戸隠れ」の舞台のひとつ、二見興玉神社からはじめよう。 ショッピングモールのようなお土産屋を抜けて、傘を広げて海沿いの小道を...

≪前のページ≪   1ページ/6ページ   ≫次のページ≫

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク