FC2ブログ

Court Cafe BLOG

【小説】 エヴェレットの世界 第41話

コロナコロナで三月も半分終了。
効きそうな薬も見つかって、これで終息に向かえばいいんですけどねぇ。

さて、今回の『エヴェレットの世界』です。
師匠に背中を押されて再始動した綾乃ですが、取材を進めるにも八方ふさがりの模様。
ようやく見つけた糸口は、よりによって……。
そして、いよいよ事件の核心に迫ります。

次回、第42話は三週間後の4/8(水)に投稿予定です。さすがに4/1はねぇ(笑)


 wien02 bn
 

 僕はボーア博士に親近感を抱いた。それは、同じ種類の人間を、僕の野望を託せる人間をかぎ分ける、本能的な嗅覚のようなものだった。
 数日をかけて僕は理論を整理し、ボーア博士に電子メールを送った。


   Article 41 : ambitious forecast - 野望の予想図(前)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】エヴェレットの世界 第40話

日付が3月3日に変わる直前に、雛人形(親王飾)を飾りました。
たぶん今月中は出しっぱなしかなぁ。なんか一か月くらい遅れているような気がしなくもないけど、まあいいか(たぶん良くないw)

そしてコロナウイルス狂騒曲。
マスク → トイレットペーパー → テッシュペーパー と品切れに。こりゃいずれは、水やら食料品やらが品切れになるな。これはもう、大災害レベルですわ。乾パンと水でも、買い占めておこうかな(やめなさいw)

さて、今回の『エヴェレットの世界』です。
遅参のあげく、おいしいところだけを持って行った感のあるジョセフ師匠のターンです。心身ともにスクルドに癒された綾乃ですが、再スタートを切るには、もう一押しが必要でした。朴念仁で大丈夫なのか?
そして、ヘタレなあの人が、ついに退場? 主要キャラ、全滅の危機です。

次回、第41話は3/18(水)に投稿予定です。


 wien02 bn
 

 その先を言葉にするのは、怖かった。
 行き着くべき岸も、戻るべき港も見えない、嵐の海のまんなかに放り出されるような心細さに、心と体が震えた。
 でもあたしは、それを言わなければならないと、わかってしまったのだ。


   Article 40 : strong interaction - 絆の形(後)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】 惜春の天花 《scriviamo! 2020》

今年も来ました、新春恒例のイベント、scriviamo!2020
イタリア語で「一緒に書こう」と言う意味の『scriviamo』。参加者と主催者で作品を寄せ合うという交流イベントです。
ブログのお友だち 八少女夕 さんが主催されるこのイベント、今年で8回目を数えます。このイベントに参加させていただくのが、毎年、春の楽しみになっています。

では、今回の参加作品を紹介させていただきます。

タイトルは、『惜春の天花』です。

じつは、scriviamo!2020 には、いくつかの参加パターンがあり、今回は主催者さんの指定した課題に沿った作品を書くというパターンを選択しました。
で、その内容が、下記のとおり。

 以下の課題に沿ったものを150字から5000字の範囲で書いてください。
 また、イラストやマンガでの表現もOKです。
 *ご自分の既出のオリキャラを一人以上登場させる
  メインキャラ or 脇役かは不問
  キャラクターであれば人どころか生命体でなくてもOK
 *季節は「春」
 *食べ物を一つ以上登場させる
 *色に関する記述を一つ以上登場させる

私の既出オリキャラには、 『花心一会 第四会』のゲストキャラで、ダメンズ度ナンバーワンの男を引っ張り出しました。

そして今回も、八少女夕さんに無理をお聞き入れいただき、オリキャラのおひとりをお借りしました。
ミラノで照明デザイナーとして活躍している、神谷珠理です。
彼女は、日本にいたころには、これといったお相手もおらず、美しい思い出が残るようなこともなかった。そういう設定だと八少女夕さんから伺いました。これくらいなら、大丈夫ですよね?
彼女が登場する作品群の前日譚という位置づけですので、関連する作品をお読みになっていなくても、単体でお楽しみいただけるようになっています。

胸やけしそうな超甘作品です。
そして、今年の投球も、低めいっぱいでワンバンしそうな超暴投(笑)
他の参加者の方の作品に、クセ玉だとか言っておきながら、自分もこの始末です。八少女夕さん、八回目のお詫びです。ごめんなさい(反省の色なしw)


ということで、2/26に投稿しましたが、諸般の事情で本日3/14に改題と改稿をしました。
目玉は文章の書き方で、ちょっとしたチャレンジをしています。『わかち書き』という、句読点を打たないものです。

もしかしたら お気に召さない方も いらっしゃるかもしれません

という感じです。

3500文字弱の、暇つぶしに読んでいただけるボリュームになっています。
よろしければ、どうぞ

 惜春の天花

 scriviamo! 2020 参加作品  scriviamo.png

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
※追記に暴露話があります。よろしければ、そちらもどうぞ。

【小説】エヴェレットの世界 第39話

立春は過ぎたというのに、寒いですねぇ。
暦とは違って、二月がいちばん寒いですよね。

さて、今回の『エヴェレットの世界』です。

さんざんな目にあって、自暴自棄の綾乃っちに、魔の手が……。というところで三週間のお預けをしてしまいまして、すみませんでした。
綾乃のしょ〇〇を奪った下手人ですが、冒頭であっさりと正体を現します。……って、ちょ、危ないから石をぶつけないで(笑)
そして、真打登場です。乞うご期待。

次回、第40話は3/4(水)、ひな祭り後夜祭に投稿予定です。
また三週間開きますが、その間に、BLOGの恒例イベント用の書き下ろし掌編を一本アップする予定です。早ければ来週、遅くとも二月中には完成する予定です。


 wien02 bn
 

「アヤノ」
 名前を呼ばれる前から、あたしは涙ぐんでいた。
「……つらい思いをさせて、すまなかった」
 ジョセフ・クロンカイトは、今までに聞いたこともない温かな声でそう言うと、あたしの肩にそっと手を触れた。


   Article 39 : strong interaction - 絆の形(前)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】エヴェレットの世界 第38話

何年かぶりに、眼鏡を作り替えました。
最近どうも目が疲れると思ったら、やはりずいぶん度が合わなくなっていたようです。
おかげで視界はすっきりしましたが、遠近感が微妙に違うようで、足元がいささか危うい感じです。
駅の階段、気をつけよう。

さて、今回の『エヴェレットの世界』です。
前回は、新年早々に縁起でもないサブタイトルのお話を投稿して、めでたい雰囲気をぶちこわしてしまいましたが、今回はその後編です。
身内ともいうべきマスコミの裏切りで、ぼっこぼこのされた綾乃に、さらに厳しい追い打ちが待っていました。
大丈夫かな、あの子。

次回、第39話は3週間後の2/12(水)に投稿予定です。


 wien02 bn
 
 いったい何人の人生を、あたしは狂わせてしまったのだろう。
 そんなことを望んでいたわけじゃないのに。そんなことのために、頑張ったんじゃないのに。
 あたしがもたらす不幸の総量は、どれほどあるというのか。


   Article 38 : closed system - 閉ざされる未来(後)

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)