RSS

シン・ゴジラ ―フクシマと東日本震災と―

映画「シン・ゴジラ」を観た。

この記事は、ネタバレを大量に含んでいるので、未見の方は閲覧にご注意ください。

 170311-01.jpg

日本アカデミー賞を総なめにした本作は、過去のゴジラ作品とは一線を画する作品だった。

特筆すべきは、ゴジラを「破壊者」ではなく「自然災害」として描いている点だろう。
その「対策」も、特殊な武器で打倒したり追い返したりするのではなく、日本の科学技術とそれを運用する能力によって被害の再発と拡大を抑え込み、最後は共存するしかないという結論に至っているシナリオの秀逸さだ。

いささか「ご都合主義」だと思わせられる展開ではあったが、ハリウッド映画のように主人公の個人の力で解決するのではなく、主要な人物たちや官民を総動員した「オール日本」とも言うべき集団の力によってゴジラに立ち向かっていくやり方は、いかにも日本らしいと納得もさせられた。

子ども向けの怪獣映画をここまで見事な大人向けの作品に仕立て上げた、庵野秀明監督をはじめとしたスタッフには拍手を送りたい。

余談になるが、外敵に対しては最も有効なはずの自衛隊や米軍が、ほとんど役に立たないように描かれているのが象徴的だった。
また、「現場」の必死の努力を陰で支える、意外にも巧みな外交戦術が描かれている点にも、実態はどうかはさておき、一定のリアリティが感じられた。


ところで、今日は3.11。言うまでもなく、東日本大震災の日だ。
テレビも朝から関連する番組が多い。

復興が進む被災地の姿が映し出されている中で、報道関係者がある被災地の首長さんに「なにかできることはないか」と言ったところ、「風化させないようにしてほしい」と答えていた姿が印象的だった。

たしかに、災害と背中合わせで生活している日本の住民としては、忘れてはいけない出来事だろう。


ここで、話は「シン・ゴジラ」に戻る。
映画の前半でゴジラが上陸するシーンは、まさに地震による津波被害を彷彿とさせる描写になっていた。
そしていったん海に姿を隠したゴジラが再上陸したときには、放射能をまき散らし住民の生活を破壊する存在、つまり福島原発事故の象徴として描かれていた。
そして再び暴れ出そうとするゴジラを封じ込める作戦は、暴走した原子炉を必死で止めようとした作業を思いおこさせるものだった。
多くの観客は、これを東日本大震災から福島原発事故への流れと同じだと受け取ったのではないだろうか。

いささか気になるのは、主人公級の登場人物が、前半の災害に対しては、被災地の惨状を目にしながら手を合わせるだけだったのに比べて、後半の事態に対しては、前述のとおり権限の壁を乗り越えて挑んでいくという筋書きだ。その姿は、そのまま東日本大震災と福島原発事故への対応を暗示していると思えなくもない。さすがにそれは、うがった見方かもしれないが。


いずれにせよ、映画のラストで、動きを封じられたゴジラが東京のど真ん中に佇立しているビジュアルは、とんでもなく黙示的だ。
いつ動き出すかもしれない時限爆弾と共存していくしかない。そして、そのことを絶対に忘れさせないかのように、目前にあり続けるその存在。

復興事業などで覆い隠すことなく、風化させてはいけない記憶の象徴として、永久に残しておくべきモニュメント。
そういったものも、間違いなくあるのではないかと、あらためて思った。

小説『ヴェーザーマルシュの好日』 「scriviamo! 2017」参加作品

scriviamo.png
 scriviamo! 2017 参加作品  


突然ですが……。

ふと思い立って、というか魔が差して、ハイファンタジーを書くことになりました。(弱気なので丁寧語になってるw)

私個人の見解ですが、ハイファンタジーとは『未来か、この世界と連続性をもたない時空を舞台にした物語』と考えています。
なので、どんなにこの世界のとある時代のとある場所に似ていようとも、そこが架空の世界である限り、ハイファンタジーだということになります。そういう意味でのハイファンタジー初挑戦です。


言い訳はこれくらいにして(笑)

カテゴリーの区分けが難しくて、困りました。
ハイファンタジーを名乗っていますが、この世界にとてもよく似た異世界を舞台にした歴史小説です。
その中に、ちょびっとだけ、ファンタジーが紛れ込んでいます。

この作品、毎年の冬の恒例行事となった、八少女夕さん主催のイベント「scriviamo! 2017」に参加するために、書き下ろしたものです。

今年は開催期間終了間際まで、引っ張るだけ引っ張っての、超危険球です。八少女夕さん、ほんとにごめんなさい――反省してないけどw
そして、わがままなお願いを快諾していただき、ありがとうございました。お言葉に甘えて、思いっきり遊ばせていただきました。
……怒らないでくださいね

この作品は、八少女夕さんの作品とのコラボを企てたため、そちらの世界観や設定などを作品の背景として拝借しています。
そのため、舞台は「こちら側の世界」ではない、ということになっています。

が……。
モデルとなった場所は実在します。
四匹の動物の音楽隊で有名な、あの町です。
この作品とその物語とは、全然関係ないんですけどね(笑)

よろしければ、ご一読くださいませ。



 北から吹いてくる川風が、ほのかに潮の匂いを運んできた。
 交易船がノーラン湾からヴェーザー川を遡ってくるには、ちょうどいい追い風だ。
 波止場は活気づいているにちがいない。

 青空を羽ばたく鳥も、陽気にさえずりを上げている。
 鼻歌のひとつも歌いたくなる日和だった。
 だが……。

 オルランドは、二度目の溜息をついた。
「どうしたものか」


   「ヴェーザーマルシュの好日」


※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧)


stella white12
月刊Stella 2017 2・3月合併号 参加作品 小説・短編  

またもや天使 -limeさんのイラストに寄せて-

limeさんが、いつものごとく素敵なイラストを公開された。
「またもや天使」と題された(?)、とても可愛らしいナース服の天使と七色の不思議な蝶のイラストだ。

八少女夕さんの「scriviamo!2017」という企画に参加なさるために描かれたイラストなのだが、『このイラストで、何か創作したいと思われる奇特な方がいらっしゃいましたら、どうぞお持ち帰り下さい』というありがたいお言葉に甘えて、また掌編小説を書いてしまった。(いやぁ、創作意欲が掻き立てられるんですよね、ホント)
ご本家の企画である八少女夕さんの作品よりも先に公開してしまうのは申し訳ないのだが、あちらが出てからでは見劣りするのは明らかなので、大目に見ていただこうと思う。

じつは、以前にもlimeさんの天使のイラストで掌編小説を書いたことがあった。
「羽根のある君と -limeさんのイラストに寄せて-」
という作品だ。
今回は、天使つながりということで、続きのお話を書いてみた。
limeさん曰く『今初めて地上に降りて来たような、世間知らずな感じの天使』なのだそうで、たしかにそういうふうに見えるのだが、こちらの都合で勝手にイメージを変えさせていただいた。まあ、これくらいならお許しいただけるかな、と思う。

132文字ツイッター小説なので、お気軽にお楽しみくだされば嬉しい。


「またもや天使」 latter tale of 「羽根のある君と」

 人と交わるたびに
 人の姿に墜ちていった
 背中の羽根はそのままで

 だからもう
 天に昇ることもできない
 裸のままで
 人に会うこともできない

 知らなかったの
 人の願いを叶えることが
 罪になるなんて

 羽根のある貴方よ
 天を翔けて
 私の願いを届けてほしい

 叶うのならば、もういちど

 私を天使に戻して、と

 170125-01.jpg
(注:イラストの著作権はlimeさんにあります)

秘境と秘湯と

徳島県の西部、険しい山懐に抱かれた秘境祖谷を、のんびりと一泊二日でドライブしてきた。

明石海峡大橋と大鳴門橋を渡り、神戸淡路鳴門自動車道から徳島道に乗り入れ、阿波池田インターチェンジから国道32号線を辿る。
車窓の山が深くなり、吉野川の景勝地である大歩危と小歩危をすぎたところで、県道45号線に入って九十九折れの山道とトンネルで山塊を超えると、ようやく祖谷に着く。

途中、休憩と昼食を含めて約4時間。徳島道の大半が対面通行であり、国道32号線も県道45号線もカーブやアップダウンが多いため、走行距離のわりにはくたびれるドライブだった。

祖谷は、深く抉られた祖谷渓と、標高千メートルの峠を越える山道を辿らないと行くことができない。

  170114-01.jpg

現在は道路が開通して往来も多く、観光名所にもなっているが、かつては陸の孤島であり、独自の生活習慣や風俗などが残る場所だった。
そういう土地柄から、屋島の戦いに敗れた「平家の落人」が住んでいるという伝説も残っている。

「祖谷のかずら橋」も、そんな伝説に彩られた観光名所だ。
しかし、「観光センター」の広大な駐車場には、大型観光バスで大勢の観光客が押し寄せ、それを目当てに川魚の塩焼きを商う土産物屋が軒を連ねている。軽装の老若男女が、店先で串に刺さった焼き魚をほおばる光景は、秘境のイメージからずいぶんかけ離れている。

そんな観光地然とした雰囲気のなかに、まるでとってつけたように「かずら橋」は架かっている。

  170114-02.jpg

一人500円という安くはない料金を払って、橋を渡る。

追っ手がかかったときに簡単に切って落とせるようにと、わざと脆弱な蔦で作られた橋も、今は観光用にワイヤーを仕込んだ立派なアトラクションになっている。

それでも、渡るとゆらゆら揺れるし、足元はすかすかで数メートル下の川が透けて見えるので、スリリングな体験はできる。

  170114-03.jpg

そこそこ時間がかかったので、短い冬の日が傾いてきた。
観光は切り上げて、宿に向かうことにする。

今日の宿は、山懐にある秘湯祖谷温泉に建つ一軒宿「和のホテル祖谷温泉」だ。
専用のケーブルカーでないとたどり着けない谷底の露天風呂は、四国唯一の源泉かけ流しで、極上の湯浴みが楽しめる宿として有名だ。
ずっと泊まる機会を狙っていたが、今回、運よく週末の予約がとれた。この宿に泊まるというのが、この旅行の主な目的でもある。

車一台がすれ違えるかどうかという旧道を走ると、お目当ての宿が見えてきた。
車窓に見える宿の全景は、聞きしに勝る秘境っぷりだ。

  170114-04.jpg
  (ネットで拾った写真です)

通された部屋の窓からは、祖谷渓の絶景が見晴らせた。
あいにくの雨模様だが、目もくらむような風景に圧倒される。

  170114-05.jpg


浴衣に袖を通して、早速、湯浴みに出かける。
専用のケーブルカーから谷底にある露天風呂を見下ろすと、想像以上の急勾配に足が竦んだ。

  170114-06.jpg
  (ネットで拾った写真です)

たどり着いた風呂は、谷川の音を間近に聞く野趣あふれる半露店風呂だった。
ぬるめの湯に入ると、まるでシャンパンに浸かったように、細かな気泡が身体に纏わり付く。いままで多くの温泉に浸かってきたが、こんな湯は初めてだ。

  170114-07.jpg
  (ネットで拾った写真です)   

ゆったりとした湯浴みのあとは、楽しみの夕食だ。
レストランでいただく夕食は、出来立ての料理が一品ずつ運ばれてくる和食のコースだった。

  170114-08.jpg

  170114-09.jpg

  170114-10.jpg

食後にも温泉を堪能し、普段からは想像もできないほど早い時刻に就寝。

朝食は和食のセミバイキングだった。

  170114-11.jpg

籠には彩豊かな料理が並び、汲み上げ豆腐が付いていた。
バイキングメニューは、ご飯、味噌汁、そばの実が入ったけんちん汁の他に、パン、フルーツ、ヨーグルト、フレッシュジュース、牛乳、コーヒーや紅茶など。
贅沢な朝食のあと、もう一度温泉に浸かってから、宿を出た。


崖に張り付くような狭い旧道をすこし走ると、祖谷渓名物の「小便小僧」がある。
小さな駐車場のすぐ脇に、像は立っている。
眼下は目もくらむような断崖絶壁だ。
像の彼方には、雨に煙る祖谷渓が深く遠くどこまでも広がっている。

  170114-12.jpg

雨音の他には、物音ひとつしない。
ああ秘境に来たんだなと、ようやく実感した。
 

雛見沢訪問記

今週は先週に引き続き、「ひぐらしのなく頃に」の関連記事である。

こちらは、ゲームなどの舞台となった『雛見沢』のモデル(背景)として使われた、とある有名な山村を訪問した記事の再掲載である。

いわゆる「聖地巡礼」というものだ。
え、痛いヤツですって?
たしかにそうだが、この記事、観光案内としても少しは役にたつので、ご用とお急ぎでなければ、お付き合いくださると嬉しい。

なお、この記事にはゲームのネタバレや、ホラー的な要素はいっさい書かれていないので、その点もご安心いただきたい。


『雛見沢訪問記』

 先の記事で紹介した、ビジュアルノベルゲーム「ひぐらしのく頃に」の舞台となった『雛見沢』を訪れる機会ができた。

  P1000098s.jpg 城山展望台付近より = タイトルバック

『雛見沢』はもちろん架空の山村なのだが、そのモデルとなった実在の村落がある。
 岐阜県大野郡白川村、世界文化遺産登録の合掌造り集落、白川郷と言ったほうがわかりやすいだろう。
 白川郷には、ゲームをプレイする前に一度、観光で来たことがある。郷愁をかき立てられるような風景が広がる村落で、ゆっくりとその雰囲気に浸りたいところではあるが、諸般の事情によって滞在時間が小1時間ほどしかない。今回は、ゲームに登場した有名ポイント(聖地)だけをかいつまんで、駆け足で回ることにした。

 白川郷は、繁忙期には観光客の行列ができるほどの人気観光地だから、6月中旬の平日だというのに観光客の姿は多かった。そんな普通の人々に紛れて、聖地を訪ねる巡礼者たちが、今もなお相当数存在する。
 有名どころの城山展望台や和田家も、巡礼者には登場人物である『古手梨花』のハイキング先であり、『園崎姉妹』の実家なのである。

  P1000095s.jpg 城山展望台付近 = 梨花のハイキング先
 
  P1000124s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家

  P1000125s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家座敷

  P1000127s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家地下通路

  P1000129s.jpg 重要文化財和田家 = 園崎本家からの眺望

 そして、普通の観光客は見向きもしないありふれた坂道や、倉庫や、人家も、『嘘だ!』の坂道であり、通学路であり、『古手梨花』の家であり、『北条沙都子』の実家であり、『竜宮レナ』の家であり、大臣の息子の監禁場所であり、『入江診療所』であり、『前原圭一』の家などの重要な場所なのだ。

  P1000111s.jpg 城山展望台の麓 = 「嘘だ!」の坂道

  P1000101s.jpg 城山展望台への道 = 通学路

  P1000103s.jpg 城山展望台の麓 = 古手梨花と北条沙都子の家

  P1000107s.jpg 城山展望台の麓 = 北条沙都子の実家

  P1000110s.jpg 城山展望台の麓 = 竜宮レナの家

  P1000105s.jpg 城山展望台の麓 = 大臣の息子の監禁場所跡

  P1000121s.jpg 白川診療所 = 入江診療所

  P1000146s.jpg 白川クリーンセンター = 前原圭一の家
 
 聖地めぐりをする巡礼者のような人種は、世間ではオタクなどと揶揄されたり、白眼視されたりすることが多いが、出会った人々は例外なく常識的な言動をしている普通の観光客だった。とはいえ、同じ志を持つ巡礼者同士だから、見ず知らずの人でも挨拶したり会話を交わしたりと、そちらの楽しみもあった。
 さて、聖地は密やかな場所が多いのだが、その中でも例外的に異彩を放っているのが白川八幡神社だ。
 
  P1000136s.jpg 白川八幡神社 = 古手神社

  P1000139s.jpg 白川八幡神社 = 古手神社拝殿
 
 ご覧のとおりごく普通の神社にしか見えないが、ゲームでは『古手神社』という最重要な場所である。
 この場所に深く関わる『古手梨花』の人気も手伝って、拝殿脇に掛けられている絵馬のほとんどすべてがゲームに関連するものという有様だった。さしずめ、聖地のなかの聖地、「ひぐらしのなく頃に」のメッカといったところか。

  P1000141s.jpg 白川八幡神社の絵馬

 「ひぐらしのなく頃に」は、舞台となる『雛見沢村』の社会的状況や因習や自然といったものが、作品世界そのものを構成しているという稀有な作品である。
 今回は、作品に描かれた『綿流し祭り』とほぼ同じ時期にその舞台を訪れたことで、作品世界をまさしく実感することができたし、奥の深さも理解できた。できることなら時間を作って、もういちどプレイしてみたいものである。
≪前のページ≪   1ページ/55ページ   ≫次のページ≫

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク