FC2ブログ
RSS

【オリキャラ紹介】 カスタムキャストで観月詩織を動かしてみた

今回は、自作小説のオリキャラへの溺愛と偏愛に満ちた、たいへん「痛い」記事であることを、最初にお断りしておく。
ホントに痛いですので、あしからず(笑)


いきなりだが、私は絵が描けない。

小学校から中学校まで図工や美術の授業は受けたから、まったく描けないというわけではないが、他人様に見せられるようなものはダメだ。

ブログのお友達のなかには、イラストを描かれる方がいらっしゃって、ご自身のオリキャラやときには他の方のキャラを描かれていることもある。やはりイラストの情報量は多く、言葉を尽くして書いても、一枚の絵には敵わないと思う。
自分でも描ければいいのだが、前述の事情で諦めていた。

ところが最近、スマホのアプリで面白いものが出てきた。
バーチャル・ユーチューバーをデザインするための3DCGソフト『カスタムキャスト』というアプリだ。3DCGで作ったキャラが、スマホの動きやカメラで撮影する人間の動作をトレースするという優れモノで、なんと無料でダウンロードできる。
とんでもない世の中になったものだが、さっそくそれを使ってみた。
基本的には、用意されてるパーツを組み合わせるのだが、カスタマイズできる部分がとても多くて、作画の自由度は極めて高い。

やってみると面白くて、小説の執筆もそっちのけで数時間を費やして描いたのは、ここのところコラボなどで無理推しをしているキャラ、観月詩織(ミヅキ シオリ)。
登場作品は、 『あの日、星空の下で』 『ライラ・ハープスター』 『庭園のある美術館で』(八少女夕さんの小説)

ニコニコ動画のDWANGOが作ったアプリなので、どう頑張っても萌え絵っぽくなってしまうのはやむを得ないところ。
百文(百聞)は一見にしかず。ご笑覧ください。

  181013-01.jpg
  181013-02.jpg
  ※執筆中作品イメージ
   (都立三鷹東高校制服)

 赤みがかった髪と、琥珀色の瞳が外見上の特徴。
 スラブ系の父親と日本人の母親とのハーフで、その容姿は学校に特別な届出をする必要があるほどエキゾチック。


  181013-03.jpg
  ※『あの日、星空の下で』イメージ
   (H県立朝陽北高校制服)

 趣味と特技は、イラストを描くこと。左利きだが、右手でも寸分たがわない絵や文字が書ける。
 見た目はおしとやかで儚げだが、自称「元カレ」のヤンキー兄ちゃんを一撃で昏倒させるほどの武闘派だったりする(笑)


  181013-04.jpg
  ※『ライラ・ハープスター』
    『庭園のある美術館で』イメージ
    (私服)

 この時点では社会人で22歳くらいになっている。髪を伸ばしたりウェーブをつけたりしているので、少し色気が増している……はず。
 化粧は薄いルージュを引くのと、夏場に日焼け止めを塗るくらいで、ほぼすっぴんの模様。


『カスタムキャスト』の本領は、CG画を作ることではない。
造ったCGキャラは、3DCGのムービーにすることができる。さっそくチャレンジ。

  

   


もうここまでくると、完全に親バカ状態。
まあ、出来の悪い子ほどかわいいと思うのが、親心なのだ(激痛)

【小説】エヴェレットの世界 第14話

すみません、またしても遅れました。
まあ、三連休の間にということで、大目に見てやってください(自分に甘い典型w)

綾乃vsプランク所長の第2ラウンドです。
といっても、試合巧者がどちらかは、やる前からわかっていたことで。まあ、親子以上に年齢差があるし、社会人経験も桁違いですからね。綾乃、よく頑張ったと思いますよ。

そして、ちゃっかり者は、相変わらずなようで(笑)

次回、第15話はすこし間が空きます。諸般(オトナ)の事情で、10/20を予定しています。


 wien02 bn
 
 気まずい沈黙を破ったのは、やはりベルナルドさんだった。
「そのレターは、アヤノに託されたものだ。昨夜も言ったよね。その意味と結果は、アヤノが決めればいいと」
 あたしは、はっとした。
 そうだ。これは、他人に決めてもらうようなことじゃない。


   エヴェレットの世界 Article 14 : observer effect - 観測者の選択

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】エヴェレットの世界 第13話


よし、今回は予定通り更新できたぞ。

なんだかもったいぶって届けられた封筒ですが、さて中身は?
取材に来ておきながら、仕事もせずに遊んでいた綾乃に、おいたの罰が下ります。ヒロインなんだから、美味しい話ばかりじゃないのです。


それと、今回の更新に合わせて、過去の投稿分に若干の改稿を行いました。
細かな表現や文章のつながりを直したくらいですので、読み直していただく必要はありません。
それから、区切り番号の振り方を見直して、 [AK ̄] 13-1 としていたものを 13-1 [AK ̄] 13 としました。意図はたぶんお分かりいただけるかと。
あああ、また足枷を増やしてしまった……orz


次回、第14話は二週間後の9/22を予定しています。
一週間短いぞ、大丈夫か?

 wien02 bn
 
 どうしたい、か……。
 Ms. Kasugaという宛名を、もういちど確かめる。
 なぜ、あたしなんだろう。
 わきおこったのは、匿名の差出人への疑問とも非難ともつかない感情だった。だって、このレターを見た時点で、あたしがするべきことは決まっているのだから。
 つまり、どうしたいか、ではなく、どうすべきか、なのだ。


   エヴェレットの世界 Article 13 : decoherence - 失われゆく自由

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】 エヴェレットの世界 第12話

あ~、またやっちゃった。
すみません、今回は大幅に遅延して二週間遅れの更新です。

気を取り直して。

どさくさまぎれに、セクハラまがいの所業に及んだベルナルド。
綾乃もまんざらじゃない様子でしたが、はたしてあれからどうなったのか……。
はい、どうにもなりませんでした、というお話。

ですが、今回からすこしお話が動き始めます。
まあ、盛り上がらない二人に、いつまでもつきあっているわけにはいきませんし(笑)
そして、作品紹介のときに最重要キーワードにした、あの台詞が登場します。
すこし長くなってしまいましたが、どうしてもこのシーンを書きたかったので、お許しください。

次回、第13話は三週間後の9/8を予定しています。
今度こそ……。

 wien02 bn
 
 ベルナルドさんは青い瞳にあたしの姿を映しながら、あたしを突き放すような言葉を告げた。
「その意味と結果は、観測者たる君が決めればいい」


   エヴェレットの世界 Article 12 : super position - 重ね合わせの世界

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)

【小説】 ミサキ奇譚  「夏のホラー2018」参加作品

毎年、夏の恒例行事になっている、『小説家になろう!』主催のイベント、「夏のホラー2018」に参加しました。

このジャンルはあまり書かないので、今年も読み専かな、と思っていたのですが、なんか降ってきて書けちゃいましたので、二年ぶり二回目の参加となりました(なんか甲子園みたいw)

今年は、和ホラーVS洋ホラー、というテーマがあるのですが、「和」の方で参加です。


作品のタイトルは 『ミサキ奇譚』

とある岬を舞台にした、旅情ホラーです。
が、実在のいかなる場所とも、本州最南端のあそことも、いっさい関係はありません。ですので、観光案内ではありません……一応(笑)

ホラーと銘打っていますが、たいして怖いお話ではありません。
ただ、ちょっと問題なシーンがありますので、R15指定としました。

二話で完結、7000文字ほどの短編です。
酷暑のお供に、お気軽にどうぞ。

 ミサキ奇譚

※上のタイトルをクリックして本文へお進みください(『小説家になろう!』サイトで閲覧となります)
≪前のページ≪   1ページ/61ページ   ≫次のページ≫

ようこそ

オーナー

TOM-F

Author:TOM-F
 
 ようこそ、Court Cafe へ。

 自作小説をメインに、アニメや旅行記など趣味のお話を綴っています。
 楽しいひとときを、おすごしください。

作品

WEIN02 bn

FEOバナー

花心一会バナー

あの星バナー

妹背の桜バナー

記事

コメント

ブロとも

ブロとも申請

リンク

外部リンク